スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【国内】著作権は今や日本の法律では扱えない

 今日は珍しく政治家の話やアジアの馬鹿馬鹿しい国々の話は抜きにして、日本国内の著作権事情に関する記事を紹介したいと思います。はっきり言って日本の著作権に対する考え方では、これからの技術の進歩に対応していけないでしょう。

 ・音楽保存サービス:ストレージ利用は著作権侵害 東京地裁(毎日新聞)

 インターネット上にデータを保存する「ストレージ」を利用し、ユーザーが自分のCDなどの音楽データを保存、いつでも携帯電話にダウンロードして聴けるサービスの提供が著作権侵害に当たるかどうかが争われた訴訟の判決で、東京地裁(高部真規子裁判長)は25日、著作権侵害に当たるとの判断を示した。

 問題のサービスは、情報通信会社「イメージシティ」(東京都台東区)が05年11月から始めた「MYUTA」。ユーザーは音楽データをパソコンから同社のサーバーに保存し、携帯電話へのダウンロードはユーザー本人しかできない。

 このサービスに対し、日本音楽著作権協会(JASRAC)は著作権侵害だと指摘。同社はサービスを中止したうえで、同協会を相手に著作権侵害に当たらないことの確認を求めて提訴していた。

 訴訟で同社は「実質的にデータ複製や送信をするのはユーザー自身。不特定多数への送信はしておらず、著作権は侵害しない」と主張したが、判決は「システムの中枢になるサーバーは同社が所有、管理しており、同社にとってユーザーは不特定の者。複製と公衆(不特定多数)への送信の行為主体は同社だ」と判断。協会の許諾を受けない限り、著作権を侵害すると認定した。【北村和巳】


 ・サービス会社が敗訴=音楽ダウンロード著作権侵害-東京地裁(時事通信)

 ユーザーが好きなCDなどの楽曲をサーバー上で複製、保管し、インターネット経由で携帯電話にダウンロードして聞けるサービスの提供は著作権を侵害しないとして、情報サービス業「イメージシティ」(東京都台東区)が日本音楽著作権協会(渋谷区)を相手に、著作権侵害差し止め請求権の不存在確認を求めた訴訟の判決で、東京地裁は25日、権利侵害を認めた上で協会側の請求権を確認し、原告側の訴えを棄却した。
 高部真規子裁判長は「サービスの中心的役割を果たすサーバーは、イメージ社が所有して支配管理している」と指摘。複製はユーザーが行っているとして会社による管理を否定した原告側主張を退けた。
 その上で「楽曲の複製はこのサーバーで行われ、複製行為の主体は同社といえる」として、サービス提供は協会が管理する著作物の複製権を侵害するとした。



 ・携帯への音楽転送サービス、サーバー経由は違法・業者側敗訴(日経新聞)

 インターネットのサーバー経由で個人がパソコンから携帯電話に音楽を転送するサービスが著作権法違反に当たるかどうかが争われた訴訟の判決が25日、東京地裁であった。高部真規子裁判長は「サービスの提供事業者が、音楽を複製するサーバーを所有、管理しており私的複製ではない」として同法違反を認め、事業者の訴えを棄却した。

 訴えていたのは、携帯電話のデータ保存用などにサーバーを提供している「イメージシティ」(東京・台東)。同社は「著作権侵害だ」と通知してきた日本音楽著作権協会(JASRAC)を相手取り、「著作権侵害に当たらない」ことを確認する訴えを同地裁に起こしていた。

 判決によると、同社のサービスは、利用者が音楽CDの楽曲をパソコンから同社のサーバーにいったん送信、その後、携帯電話に楽曲をダウンロードすることができる。(00:11)



 まあ、端的に言ってしまえば著作権が存在するものに対し業者もしくは個人が介在する場合には、日本音楽著作権協会(JASRAC)の許可を受けなくてはならないと言うことです。

 ただし、注目してもらいたいのは業者(この場合はイメージシティ社)が介在しているのは、ネット上のサーバを管理していると言うだけで自らが複製しているわけではないし、利用者は自分以外の不特定多数に音楽ファイルを公開しているわけでもありません。

 こんなのはどこが著作権侵害なのかと言えば、利用者が作成した音楽ファイルの複製をサーバの管理者(イメージシティ)が利用者という「不特定多数」に配信しているからだそうです。

 私には馬鹿らしくて笑う気にもなれません。そもそも著作権は昔から日本音楽著作権協会(JASRAC)の言うがままになってきており、今や日本の技術を潰すのはJASRACではないかと私は思っています。

 今でもCD-Rの音楽用というのが売っていると思いますが、あれには著作権料が入っています。あれも何の根拠で決められたかもいまいち分からないが、JASRACが個人の趣味の範囲内でCD-Rに複製するのもけしからんと言って始まったものです。

 そもそも私的利用に関してもパソコン内にDRM(著作権保護技術)の無い音楽ファイルが入っている人は著作権料を払えと主張していたくらいですし、まともな神経の人たちだとは思えません。

 今回の判例に関しても、概ね今後の未来に関して絶望的な意見が多く、大手サイトのGIGAZINEでは、

 ・ネット上にデータを保存するサービスはすべて著作権侵害で違法です(GIGAZINE)

 とのエントリを紹介し、今回の判決を批判しています。今回の判決がそのまま次回以降にも反映されるとすれば、次々とオンラインストレージサービスは終了するでしょう。そしてレンタルサーバだってこれからは安穏と出来ないかもしれません。

 私は日本の著作権に関する動きに大きな警戒感と絶望的な未来を感じています。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年05月27日 知的財産権 トラックバック:- コメント:3

 今、国会でとんでもない悪法が審議されているようですね。
 日本音楽著作権協会(JASRAC)と言い、日本の著作に関連してる人物はろくでもない馬鹿ばっかりです。
 自分の利権を貪る事しか考えられないクズばかりです。
 これでは天下り官僚と変わりませんよ。

 中国を笑えませんよ。

2007年05月28日 どらっへ URL 編集

こちらこそご無沙汰しております。除いてはいるのですが....。

音楽業界に限って言えば、レコードからCDへ移行した時点でこういう事になることはわかっていたはず。それでもCDへ移行したわけだから、業界全体の責任ですね。制作費を下げたのと引換に、著作権を守れなくなってしまって...。仕方ないですね。

これからもよろしく御願い致します。

2007年05月28日 テツ URL 編集

コメントありがとうございます。
どらっへさん、
彼らは既得権益にしがみつく「抵抗勢力」そのものでしょうね。私は彼らを潰さなくては日本の音楽業界の将来はないと思います。

テツさん、
その通りですね。世界的に音楽のデジタル化によって著作権という存在の受け止め方を変えていかなければならなかったのに、未だにほとんどの国が変わっていません。ただ、技術的に先へ進んでいるはずの日本には先を見据える力が全くないことに落胆しています。

2007年06月03日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。