スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【国内】クラスター爆弾禁止で孤立などしていない

 今回「クラスター爆弾禁止リマ会議」を巡る報道で、色々な新聞のカラーが出て面白いです。朝日新聞は防衛相や航空幕僚長の失言(?)叩きに必死ですし、毎日新聞は日本だけがクラスター爆弾保有を主張しているかのような記事を書いています。

 ・<クラスター爆弾>禁止条約結論出ず 日本は孤立 リマ会議(毎日新聞)

 【リマ大治朋子、澤田克己】不発弾が市民を無差別に殺傷しているクラスター爆弾の禁止条約作りを目指しペルー・リマで開催されていた「クラスター爆弾禁止リマ会議」は、禁止対象をめぐる意見の隔たりが大きく、条約について結論が出せないまま25日、閉幕した。会議では各国が「不発率の極めて高い旧型のクラスター爆弾は廃棄すべきだ」との共通認識を相次いで示したが、日本は「廃棄するかどうかは今後の議論」と指摘するなど、日本の認識の孤立化が鮮明になった。
 また、日本の防衛省幹部らがクラスター爆弾について国民が被害を受けても「防衛上必要」とした発言について参加者から批判が相次いだ。
 会議では禁止対象について、全面禁止を提唱するノルウェーなどと、不発率が低い改良型は当面使用を認める独英仏などに立場が分かれたが、いずれの側も不発率が1%程度以上の種類は「廃棄すべきだ」との共通認識を示した。独代表団は「不発率1%以上なら廃棄すべきだというのが、リマ会議に参加した国の共通認識」と語った。英独カナダは既に旧型の廃棄を予定している。
 日本は会議の席上「人道面と安全保障面のバランスを考慮しつつ対処することが重要だ」と指摘。敵の着上陸侵攻などを想定し同爆弾が必要との立場を改めて示した。さらに、旧型の廃棄について「各国の置かれている状況は違う」と取材に答え、共通認識とはいえないとの考えを示した。
 一方、田母神俊雄・航空幕僚長が「不発弾による(日本人の)被害も出るが占領される被害の方が何万倍も大きい」と同爆弾の必要性を強調した点について、同会議に出席していた英国のエルトン上院議員は「日本国内で使えば市民の犠牲は免れない。軍の論理より民間人への犠牲を最大に配慮すべきだ」と疑問を呈した。また非政府組織(NGO)の連合体「クラスター爆弾連合」のコーディネーター、トーマス・ナッシュ氏は「信じがたい発言。日本を占領できるほど軍事力を持つ敵だったら、クラスター爆弾程度で撃退できるわけがない」と語った。
 日本は不発率が4~20%以上とされるクラスター爆弾を陸空両自衛隊で保有している。


 一応署名記事ですので、大治朋子記者について説明しておくと、この人は防衛庁リスト問題など防衛庁関係で新聞協会賞を何度か受賞しているひとです。また、クラスター爆弾にも興味を示しており、同僚(部下?)の五味記者がクラスター爆弾の持ち帰りを行い、アンマンの空港で爆破させて実刑判決を受けたのは有名な話です。

 それはともかくとして、この記事には致命的な事実が抜けています。この「クラスター爆弾禁止リマ会議」には主要なクラスター爆弾の保有国である米国、ロシア、中国、イスラエル等が出席していないのです。

 日本は会議に出席して自らの立場をきちんと説明するだけましと思うのは私だけでしょうか。それを孤立と受け取るのは勝手ですが、あまりにも主観が入った記事に感じます。

 ・「クラスター爆弾は防衛に必要」 空幕長が明言(朝日新聞)

 クラスター爆弾について、防衛省の田母神俊雄(たもがみ・としお)空幕長は25日の定例会見で、「日本は島国で海岸線が長く、クラスター爆弾は防御に有効」と述べ、防衛手段として必要だという考えを示した。

 クラスター爆弾は親爆弾の中に多数の子爆弾を含んでおり、不発の子爆弾が地元の市民に被害を及ぼすと指摘されている。自衛隊では現在、航空自衛隊と陸上自衛隊が保有している。

 日本では、クラスター爆弾を上陸してくる敵を海岸線で防ぐために使うことが想定されている。田母神空幕長は「クラスター爆弾で被害を受けるのは日本国民。国民が爆弾で被害を受けるか、敵国に日本が占領されるか、どちらかを考えた時、防衛手段を持っておくべきだ」と述べた。

 久間防衛相も同日の閣議後会見で、「攻撃されて蹂躙(じゅうりん)されるか、守り抜いた後で不発弾処理をした方がいいか。今の技術レベルだと、私は後者だと思う」と述べた。


 この記事も相当怪しいものです。航空幕僚長という航空自衛隊トップの立場の人が、「日本が占領される」のか「爆弾で被害を受ける」のかという二者選択を迫るかのような選択を迫ったとは思えません。この場合事実は、着上陸侵攻阻止のためにクラスター爆弾を使用した場合、国土に不発弾が残る可能性があるが、占領されるリスクを考えた場合、保有するのが妥当と考える、と説明したと思います。それはこの記事でも伝わってくるのですが、いかにも誤解させるかのような記事作りは朝日新聞らしいと思います。

 そもそもクラスター爆弾がなぜいけないかという主張があるのかと言えば、使用後に不発弾を残す可能性が多く、地雷と同じで戦闘終了後に非戦闘員が被害を受けるからと言うものです。しかし、私から見ればそのような主張は平和ボケした人たちの考えです。自らの国を守るとき、もっとも合理的かつ効果の高い兵器・戦術を使うのが常識です。不発弾が出るとかそういった話は、占領され国民が虐殺、蹂躙されるよりはよっぽどましな話です。

 それに核兵器の使用に関しては、放射能汚染という大きな問題を抱えていますが、通常兵器のレベルで禁止するとか言うのは感情論に過ぎません。被害を受けた子供の写真などを使って感情に訴えるようなPRをすることもありますが、決して感情だけで国は守れないことを認識すべきです。

 とりあえず、毎日新聞と朝日新聞には本当に笑わせてもらいました。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年05月26日 国際 トラックバック:- コメント:5

領土と国民に被害が出ない限り思い切った行動できないのが今の自衛隊です。
その事実を勘案すれば、使える戦術は限りなく受動的にならざるを得ません。
自衛隊の上層部としては当然の意見でしょう。

それを殊更悪し様に書く新聞の見識が疑われますね。

2007年05月26日 通行人A URL 編集

 やっぱり、新聞記者は馬鹿か。
左巻きは自分だけは殺されないと思ってるんだろうな。
 死にたいなら、お前等だけでどうぞ。

2007年05月27日 どらっへ URL 編集

コメントありがとうございます。
通行人A さん、
そうですよね。限られた兵器しか持つこのとの出来ない自衛隊にとって、クラスター爆弾も海岸線を大量に持つ日本にとって重要な兵器のはずなのに、なぜ理解しようとしないのでしょうね。

どらっへさん、
左翼の人たちは本当に不思議ですね。自分たちだけ死なずに済むと思っているのでしょうかね。侵攻してくる軍隊に「私は反政府主義者だから助けてください」とでも言うのでしょうかね(苦笑)

2007年05月28日 さいごう URL 編集

>さいごうサン

 多分、そんな事言ったら、なお、殺されるでしょうね。
 世界の常識では国を裏切った者をありとあらゆる物を裏切れる危険分子と見なされるでしょうから。
 彼らはそんな事も考えられないのでしょうね。(苦笑)

2007年05月28日 どらっへ URL 編集

どらっへさん、
コメントありがとうございます。
多分彼らは分かっていないでしょうね。褒美を求めて駆け寄る左翼たちに向けられる銃口が目に浮かびます。

2007年06月03日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。