スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【北朝鮮】防衛省もここまで情報公開しなくても良いのでは?

 今回のミサイル発射は地対艦ミサイルで射程が100キロ程度という発表です。韓国の新聞で色々報道があるので先手を打ったのかもしれませんが、どう考えても日本の安全保障に脅威となる可能性の低いミサイルのことまで細かに発表するのは止めた方がよいのではないかと思います。

 ・北、日本海に地対艦ミサイル発射 短距離型(iza)

 防衛省に25日入った連絡によると、北朝鮮が同日午前、北朝鮮東部の沿岸部から日本海に向け複数の地対艦ミサイルを発射した。射程が100キロ程度と短距離のシルクワーム型とみられ、海上に落下したもようだ。発射は通常の訓練の一環とみられているが、政府は分析を急いでいる。



 ・北ミサイル発射「重大とは認識せず」 安倍首相(iza)

 安倍晋三首相は25日夜、北朝鮮による短距離ミサイルの発射情報について、「(得ている情報について)詳しくは言えないが、日本の安全保障にとって重大なことだという認識はしていない」と述べた。首相官邸で記者団に語った。
 同時に「北朝鮮が国際社会の懸念に答えずに、また逆の行動をとるということになれば、われわれもいろいろと考えていかなければならないと思っている」と述べた。



 シルクワーム型の地対艦ミサイルの発射に関してはすでに何度か報道された実績があります。だから防衛省としては、情報公開することによって国民のイメージを良くしようと言う意図があるのでしょう。

 しかし、相手の能力を探知し、分析、対処する自衛隊の能力は決して全てを公開すべきではありません。もちろんこれだけ情報収集能力があると言うことを誇示することによって相手の挑発行為を「抑止」することは重要だと思います。しかし、いたずらにその能力を公表すべきではありません。

 防衛省はイージス艦の情報が漏洩したことなど「情報管理体制」を問われています。積極的な広報はそうした情報管理体制との兼ね合いが難しいのかもしれません。ひょっとしたら私が素人の考えで、このような情報公開が持つメリットの方が大きいと判断する合理的な理由があるのかもしれません。

 しかしながら私は情報収集能力が明らかになるような情報はあまり公にするべきでないと思います。防衛省は単純なマスコミ対策と、国民の興味本位の報道目当てに安全保障上の重要な情報を明らかにしているという側面を本気で考えて欲しいと思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年05月25日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:2

 まあ、騒ぐほどの事ではないのは確かですね。
 ミサイルを撃ったと言うだけで余計な話はすべきではないですね。
 ま、マスコミがうるさいのでしょうが。
本当にこの国のマスコミは自分の考えが一番だと奢っているのが鬱陶しいですね。

2007年05月25日 どらっへ URL 編集

コメントありがとうございます。
日本のマスコミは、何でも騒ぐのが特徴ですね。もう少し知識を持ってもらえないものでしょうかね。

2007年05月28日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。