スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【国際】ネットの検閲、世界で意外と多い?

 個人的には妥当なところかな?と思います。と言うのも中東諸国はほとんど検閲をしているのではないでしょうか。その是非はともかく、これだけの国が検閲をしているという事実をしっかり認識しておく必要があると思います。

 ・ネット検閲25か国…中韓イランなど、米英研究者指摘(読売新聞)

 【ニューヨーク=白川義和】米ハーバード大や英オックスフォード大など4大学の研究者グループは18日、中東、アジアを中心とする25か国で政府によるインターネットの検閲が行われているとの調査結果を発表した。中国、イラン、ベトナムなどは政治的、社会的双方の分野で問題のあるサイトを検閲し、接続を遮断しているという。

 調査は各国の協力者と連携し、41か国・地域で実施された。この種の本格的な調査は初めてで、インターネットの普及とともに政府による検閲が広がっている現状が浮き彫りになった。

 調査によると、韓国は、多くが日本で開設されている北朝鮮関連サイトだけを検閲、遮断している。サウジアラビアやオマーンなど中東諸国では宗教的内容での検閲が目立った。ロシア、イスラエルでは予想に反して検閲は確認されなかった。

 北朝鮮とキューバは調査対象から外された。



 ・25カ国政府、ネットを検閲・中国やイラン(日経新聞)

 米英両国とカナダの4つの名門大学の研究者による共同プロジェクト「オープン・ネット・イニシアチブ」は18日、調査した41カ国・地域のうち、中国やイランなど25カ国の政府がインターネットを検閲したり、特定サイトへの接続を規制しているとの報告を発表した。

 民主国家の市民がネットを通じて世界と結ばれている半面、非民主的な国々ではこうした自由が保障されていない実態が裏付けられ、情報格差(デジタルディバイド)の新たな側面が浮き彫りとなった。

 報告をまとめたのは米ハーバード、英オックスフォードとケンブリッジ、カナダのトロントの4大学の研究者。40カ国とパレスチナ自治区で計約120のプロバイダー(接続業者)を通じて結ばれた数千のサイトを調査した。

 その結果、ミャンマー、イラン、サウジアラビア、パキスタン、シリアなどは広範囲に検閲、接続規制をかけており、中国、インド、タイも接続を規制。韓国政府は北朝鮮関連サイトだけを限定的に規制していた。日米など先進国の大半は調査の対象外。(ニューヨーク=共同)


 まず話の本題の前にひとつ気になることがあります。読売新聞では、韓国の規制の対象を「多くが日本で開設されている北朝鮮関連サイトだけ」と表現していますが、日経新聞では「北朝鮮関連サイトだけを限定的に規制していた」と言っています。その違いは、日経新聞の表現では韓国が北朝鮮の情報一般を規制しているように感じるのに対し、読売新聞では日本から入ってくる情報を遮断しているように感じます。また、中国の規制内容についても温度差を感じます。その辺りはニュアンスの違いかもしれませんが、若干気になるところではあります。

 それはともかく、注目すべきは規制を行っている国がアジアや中東の民主化が未発達の国に多いことです。これは調査対象がそのような国が中心なのでどうしようもないのですが、民主化の度合いと規制の有無は比例する関係にあると言えそうです。

 そうしたことを考慮すると、ネットの検閲は統制経済や社会が発展する上でインフラを整備するまでの間の不平等感を共通認識として持たせないために有効な手段ではないかと思います。もちろん日本も経済が発展する上で検閲を行っていた時期があるのは事実ですし、欧米諸国は日本と比較出来ないレベルで検閲を行っていました。ただ単に、ネット上の検閲は第三国から分かりやすいだけです。

 経済の発展という意味ではどうしようもない側面を持つ検閲ですが、ネットの発展によって被害に遭う人々がクローズアップされることも注目されます。中国は検閲と同時に反体制主義者に残虐非道な行為を行っていることが世界中に簡単に広まってしまいます。

 という色々な意味を考慮して、体制に利用される検閲を肯定するつもりはありません。今の国際情勢は検閲を「非」とし、政権に「情報公開」が求められる時代です。そのため、どんな発展途上の国でさえ検閲という行為に同情の余地はないことを肝に銘じるべきです。

 そういった点から今回の記事の国々は批判の対象になることでしょう。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年05月21日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:2

 韓国に関しては私もそう思いますよ。
日本のネットに流れている情報なんぞ、韓国人が見たら、アイデンティティーが破壊されるほどダメージを受けるでしょうね。
 対応まで目に浮かびます。

 ロシアはインターネット普及率が低いのか
プーチンが放任主義なのか? よく分かりませんね。

2007年05月22日 どらっへ URL 編集

コメントありがとうございます。
韓国のネットが日本の情報を検閲しているというのは、日本国内でもあまり知られていない事実ですよね。このあたりはよく知ってもらわないと、また変な「韓流」などという偽ブームに踊らされてしまいますね。

2007年05月28日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。