スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【中国】天安門事件に関して弾圧を続けるべきでない

 中国にとって天安門事件とは、反政府活動の代名詞なのでしょう。中国でこれと並んで法輪功の活動を規制・弾圧することで体制の維持が出来ると思っているのでしょうが、そこを解決しない限り中国が民主化したと誰も評価しないでしょう。

 ・活動家を拘束・軟禁 天安門事件18周年控え(iza)

 【北京=野口東秀】中国の民主化運動を弾圧した1989年6月4日の天安門事件から18周年を迎えるのを前に、中国当局が民主・人権運動関係者への締め付けを強めている。事件で軍に銃撃されて左足を失った人権活動家の誕生会は、参加予定の活動家ら約100人が軟禁されるなどで中止となった。別の民主活動家は18日、欧州に渡航しようとして拘束された。当局者は北京五輪を前に、中国の「負のイメージ」が海外で広がることを懸念したという。

 人権活動家、斉志勇氏(51)の誕生会は15日午前10時、北京市内のレストラン「宏声」で、天安門事件当時の仲間や活動家、地方からの陳情者らを招いて開かれる予定だった。しかし、14日午後になって「外出できない」とのメールが斉氏の携帯に次々と届いた。斉氏によると、30~50人がそれぞれの自宅で軟禁されたほか、レストランに着いた数十人も中に入ることを阻止された。

 斉氏の自宅玄関には4人の当局者が立ちふさがり、法的根拠も示さず、「あなたは自由に行動できない」と告げた。今も斉氏だけでなく、他の活動家も監視されているようだ。

 一方、民主活動家の胡佳氏(33)は18日朝、妻とともにフランスなど欧州5カ国を回るため北京市内の自宅を出ようとしたところ突然、拘束された。同日夕方には釈放されたが、自宅前には公安当局者が陣取っているという。

 胡氏は、欧州でこれまでの軟禁の様子などを撮影したビデオを公開する予定だった。当局者は「こういうものを海外で発表すれば中国のイメージを損なう」と告げたという。胡氏は、人権派元弁護士として有名な高智晟氏(42)を支援していたことでも知られる。

 斉氏は89年6月4日未明、学生が陣取る天安門広場近くの路地で、軍が発砲した2発の銃弾を足に受け、手当ての遅れなどから左足を切断した。

 斉氏も、高元弁護士の活動を支援している。しかし、一昨年には、自宅に押し入った身元不明の複数の男に暴行され、肋骨(ろっこつ)を折る大けがを負った。今も、拘束や軟禁が繰り返されているという。


 ちなみにこの程度の弾圧の話は、大紀元時報を見に行けば山ほど記事があります。法輪功の話はまたそのうちするとして、天安門事件に関しては、20年近く経つ今も中国政府としては恐怖におののいているようです。

 中国国内でインターネットを使う際には、検索出来ない単語があったり、見に行くことが出来ないサイトがあります。天安門事件に関するサイトもそのような対象で、Googleで検索しても天安門事件を紹介しているサイトは検索結果に表示されません。(たしか政府の公式な見解を表示しているサイトが一番目に出ていたと思います。)

 中国政府はこうした規制・弾圧により自らの体制維持が出来ると思っているようですが、逆にこうした行動こそが民主化出来ずにいる「証拠」であるという矛盾に立たされています。

 中国は北京五輪のために様々なイメージアップ政策を行っていますが、根本的に民主化出来ないことの方が大きな問題ではないかと思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年05月19日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:4

 天安門に関しても、人権問題に関しても、風邪薬の件に関しても、内を収めても外から堀が埋まりそうな気配ですね。
 まあ、しばらくは時間が掛かるでしょうが、上手くいけば、北京オリンピックは開催できない状態に陥れば、ありがたいのですがね。

 アメリカもようやく、気付いたか?

2007年05月20日 どらっへ URL 編集

軟禁や拘束が日常的にある事自体が「負」である事に気付かないのでしょうね。

2007年05月20日 水兵長 URL 編集

つくづく思うけれど、中国と韓国をあるがままに評価したり論評しようとすると「プチ右翼」とか「嫌中派」というレッテルを貼られる当世・・・。
 マスコミ、教育この二本柱を極左に乗っ取られている日本では、自主憲法制定すらむずかしい。

 さて天安門広場という場所が、改革派中国人達にとって聖地なのではないでしょうか?だからこそ命をはってあの爺さんの写真を燃やそうとするのでは。火をつけた人のその後を報道する日本マスコミ皆無!
 自分が銃殺されても、燃やしたい程憎い爺さんの「たかが写真!されど写真」だったんでしょうね。
 中国は、イラン、スーダン、北朝鮮とは違う国であるという報道を介した勝手な認識が日本人にありますね。仮にサダム治世下のイラクで彼の大写真を燃やしたら銃殺になるかも、っていう認識はソッコーで出来るくせに、顔が日本人に似てるだけであの国はそうじゃないと思い込む。なんて太平楽な人々でしょうか。

 長くなりついでに
 台湾侵攻が軍事オタクの戯言と思ったら大間違い!上海万博以後に中国バブル崩壊、今でも頻発する地方暴動、政治腐敗で煮詰まった独裁政権が何をするか?決まってるでしょう。暴発 暴発 暴発

2007年05月20日 あきら URL 編集

コメントありがとうございます。
どらっへさん、
中国の場合、自ら五輪開催に関して首を絞めるような行動が目立ちますね(苦笑)

水兵長さん、
所詮中国は自分のことを他人がどう思っているかなど気にしない人たちの集まりですからねぇ。

あきらさん、
私はこれでも右翼の人から見れば、日和見だとか、左翼だとか思われても仕方ないと思っています。それでも中国が大好きな人から見れば、私など「軍国主義、右翼」などと言われるのでしょう。
私は思ったままの中国や韓国などへの思いを書いていくつもりです。

2007年05月27日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。