スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【北朝鮮】軍事パレードで誰を恫喝したのか

 ちょっと旧聞に属する話ですいませんが、この件に関してコメントを頂いたので、ちょうど良い機会ですから彼らが何を目指して軍事パレードにミサイルを公開したのか分析してみました。  ちなみに今回の軍事パレードに関する分析で一番最初に詳細な分析を記事にしたのは、朝鮮日報であると認識しています。その後、米軍の分析結果として朝日新聞が報道したのですが、それに関しても補足する形で朝鮮日報が詳細な記事を書いています。

 事実かどうかを判断するに、は新聞の一購読者でしかない私には判断材料が少なすぎますが、記事の内容を吟味するとそれなりの内容が見えてきます。

 まずは、朝鮮日報の記事を紹介します。全文引用しますので、少々長くなると思います。

 ・北朝鮮、新型中距離弾道ミサイルを初公開(朝鮮日報)

 北朝鮮は25日、朝鮮人民軍創建75周年を記念し開催した大規模な軍事パレードで射程距離2500‐4000キロメートルの新型中距離弾道ミサイル(IRBM)や「ノドン」ミサイル(射程距離1300キロ)を初めて公開していたことが明らかになった。

 北朝鮮は同日、4種類・52基のミサイルをパレードに登場させたが、これまで各メディアは「スカッドミサイル(射程距離300‐500キロ)などこれまで公開したことのあるミサイルだけが登場した」と報道していた。

 しかし韓国政府消息筋は27日、「米偵察衛星の写真などを分析した結果、スカッドを除く3種は初めて公開されたものと判明した」と語った。

 同消息筋は「3種とも地対地ミサイルで、このうち中距離弾道ミサイルはテポドン1号(射程距離2200キロ)より射程距離が長く、グアムまでを射程圏内に収めており、注目すべき」としている。ちなみに北朝鮮がパレードに出さなかったテポドン2号の最大射程距離は6700キロだ。

 韓国軍消息筋は「北朝鮮が今回、最新型ミサイルを多数公開したのは、戦略武器の中心が核と、その運搬手段であるミサイルにあることを国内外にアピールするため」と話している。

 この中距離弾道ミサイルは旧ソ連のSS‐N‐6潜水艦発射弾道ミサイルを改良したもので、長さは12メートル、直径は1.5メートルある。2003年9月の北朝鮮政権創立記念日を前に、平壌美林空港(軍事施設)に十数基運び込まれていたが、パレードには登場しなかった。

 ノドンミサイルも1996年以降30基余り(約200発)が配備されているが、公式行事に登場したのはこれが初めてだ。同じく今回初めて公開されたKN‐02短距離地対地ミサイル(射程距離 120キロ)は04‐05年に試射された最新型で、平沢・烏山の在韓米軍基地などを射程圏内に置いている。

 北朝鮮はこれらのミサイルをそれぞれ13基ずつ移動式発射台に載せ、射程距離が短いKN‐02からスカッド・ノドン・中距離弾道ミサイルの順にパレードに登場させた。北朝鮮は05年の朝鮮労働党創立記念軍事パレードや、97年の軍創建65周年、02年の同70周年記念軍事パレードの際には、ミサイルなど特別な軍事装備は動員せず、閲兵式のみを行ってきた。このため、今回のミサイル登場は92年の軍創建60周年パレード以来15年ぶりのこととなった。

ユ・ヨンウォン軍事専門記者
朝鮮日報/朝鮮日報JNS



 ・北朝鮮、先月射程5000キロの新型ミサイル公開か(朝鮮日報)

 北朝鮮が先月25日の朝鮮人民軍創設75周年を記念して平壌で行った軍事パレードで、新型の中距離弾道ミサイル(IRBM)が公開されたと朝日新聞が韓国政府当局者など複数の消息筋の話として13日付で報じた。

 同紙は新型ミサイルの射程距離は最大で5000キロに達すると推定しているが、発射実験を行ったのかは確認されておらず、具体的な性能については明らかではないと報じた。

 一方同紙によると北朝鮮は昨年10月に初の核実験を実施したことからミサイルの核兵器搭載能力が注目されているという。

 新型ミサイルは12基が公開された。北朝鮮当局は事前の撮影などは許可しなかったがパレードの場面を撮影した米国の衛星写真を分析した結果ミサイルであることが確認され、韓日両国政府に知らせてきたと韓国と日本の関係者が明らかにしたと同紙は報じた。

 米国の説明によると新型ミサイルは旧ソ連が1960年代末に実用化した潜水艦発射式の弾道ミサイルSSN6を陸上発射型に改良したもので、最大射程距離は5000キロに達しグァムまで射程圏に収めることができるとされている。

 しかし北朝鮮がスカッドミサイルを基に開発したノドンミサイルやテポドンミサイルとは異なった種類であるとみられている。

 米国はこの新型ミサイルが昨年7月の長距離ミサイル発射実験を行った咸鏡北道花台郡舞水端里に配置されていたとの理由から舞水端ミサイルと命名したという。

 米国国防省はこれらの報道について、「機密情報については論評しない」との理由でコメントを拒否した。

 しかし日本政府の消息筋は新型ミサイルがノドンミサイルやテポドンミサイルよりも近代化されている可能性が大きいと推測していると朝日新聞は報じた。

NEWSIS/朝鮮日報JNS



 この記事を総合すると、パレードに公開されたミサイルは4種類52基であり、種類はスカッド(型式不明)、KN‐02、ノドン、新型ミサイルの4つだと言うことです。

 これら4つのミサイルの性能を表にしてみるとこのようになります。

名称形式最大射程
スカッド短距離弾道ミサイル(SRBM)数百km
KN02短距離弾道ミサイル(SRBM)100~120km
ノドン準中距離弾道ミサイル(MRBM)1,000~1,300km
新型ミサイル中距離弾道ミサイル(IRBM)最大5000km


 このうち、上の2つは射程から判断して韓国向け、3番目のノドンは日本向け、4番目の新型ミサイルは日本向けにしては射程が長く、グアムを射程に入れているので米国向けと判断出来ます。

 もちろん、下の2つは中国全土をもすっぽりと覆うため、日米だけでなく中国(ロシアも)射程に納めています。しかし、現時点で中国やロシアを恫喝する意味はなく、日米韓が対象となっている可能性が非常に高いです。

 ただ、非公開のため、どの程度運用出来る状況なのかは分かりません。単なるパフォーマンスである可能性も否定出来ないでしょう。しかし、米国が新型ミサイルと断定している以上は、日本としても警戒しなければなりません。

 私の考えは以上の通りです。昨日のエントリでひょっとしたら誤解があったかもしれませんので補足しておきます。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年05月18日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:4

これは販売促進キャンペーンでしょ。
品揃えアップのお知らせ??

それと「オレはこれからもお前たちに迷惑をかけ続ける。それがいやだったらカネよこせ」キャンペーンの一環。

2007年05月20日 あきら URL 編集

ホントに飛ぶのか疑問ですが…ハリボテとか(笑)
さて、どこを恫喝するのかですが、グアム程度ならアメリカは本土ではないので、反撃の恰好の材料にはなるでしょうが、差ほど効果は無いかと。ミサイル防衛システムを進める日本だとは思いますが、収入源である、同胞(金づる)を狙えるかなぁ。彼等が大挙して日本を去る時が「その時」なんでしょうか?(笑)
こんな脅しには屈せず、六ヶ国協議での主張を変えず、早急にミサイル防衛システムの構築を推し進めるべきでしょう。当然憲法改正もすべきですね。

2007年05月20日 水兵長 URL 編集

日本人には誤解が多いので言っておきますが、「朝鮮日報」の韓国における位置は日本の「サンケイ新聞」なのですよ
(在韓米軍支持!派で右翼の「朝鮮日報」と、在韓米軍追放!派で左翼の「ハンギョレ新聞」、という対立図式)

日本人はどうも「朝鮮」という単語を見ると即「=北朝鮮」だと思いこむ傾向がありますが、むしろ逆に「朝鮮日報」は、長年「反北政策」と「南北統一派弾圧」に加担してきた新聞である事を考慮すべきです
(多分日本の民衆は、朝鮮総連系発行の「朝鮮新報」と韓国右翼ご用達の「朝鮮日報」を混同しているのだと思います)

そんな「韓国版サンケイ新聞(笑)」が今回これだけ冷静だという事は、ココで公開された兵器の目標が全て、韓国でも日本でも中国やロシアでもなく『米軍基地』だという事実の証明だと思われます

元々、北の政府にとって韓国は<米国占領を受けている我が国の南半分>だし、日本は<米軍の忠犬として多くの対朝軍事基地を養っている51番目の米国州>でしかない
日本が拉致問題を大騒ぎしても、北朝鮮が頑として米国との2国間交渉のみしか聞き入れなかったのは、ぶっちゃけそういう事なんですよ…つまり、家族会代表だった横田翁と北朝鮮政府の<日本政府観>は奇しくも同じだったわけです

『米国と北朝鮮が今現在も戦争中であるという現実を忘れてはいけない!!』
朝鮮戦争は今も終結していないのです

日本はわずか10年たらずの対米戦争でもあれだけのダメージがあった
北朝鮮は、それを半世紀近くも続けているのだという事…日本の至近距離で現在も戦時中状態が続いてる事を忘れたら、日本は2ちゃん系ネオ右翼(自分は絶対出兵しないで同胞死傷を高見の見物♪組)の思うつぼですよ!

なおミサイル防衛システムは科学的に無理です
科学は進歩し続けており、それがただ軍需産業の懐を肥やす為だけの詭弁なのはもはや世界の常識
僕の友人で日本の航空自衛”軍”にてスクランブル隊員してる奴も、”21世紀にダイナマイトを最強兵器だと売り込む様なもの!”と言ってましたし、先日はその最先端である筈の米国でも<機能しなかった>事件があったばかりでしょう

要するに今世紀における”ミサイル”の意味は、北朝鮮のパレードも含めて、「我が国は(国民生活を犠牲にしてでも)これだけ軍事に金が使える!!」という誇示でしかないのです

そんな類の物品に国費の大半を回した結果が、ソ連の崩壊であり米国の巨大赤字…
かつて韓国とは比べ物にならないほど豊かだった北朝鮮の生活レベルがあそこまで落ちてしまったのも、かつて大正デモクラシーから一気に戦時下の貧困に落ちた日本人には理解出来そうなモノですが?

21世紀の戦争は”核”ではなく”食糧”を武器にした経済戦争であり、それに先手争いをしているのが米国と中国なんですよ
いまや核は、敵地を”食糧自給不可能な土地にする”為の道具でしかないのです
さもなくば北朝鮮の様に”敵と刺し違える為の自爆装置”役、のいずれか…

なお、北朝鮮の民衆は『反米』です
反日は反米のオマケでしかありません

少し前のミサイル実験の際も、日本メディアは「日本攻撃!」と騒いだけど、丁度その時平壌に居た日本人達(国際孤児支援団体所属)は市民が日本に対しシラケに近いほど平静なので、あえて聞いてみると「我が国にミサイル開発可能な科学力などない、と嘲った米国は夜郎自大を思い知ったろう」と、彼等の目が”現在戦争中の敵・米国”のみにむいており、良くも悪くも”日本なんて眼中にない”事にショックを受けたそうですしね

ついでに言いますと、「朝鮮日報」が韓国のサンケイ新聞だという理由の1つには”他紙の追随を許さない豊富なエンタメ情報!”という長所があるのも付け加えておきます
ですからこの新聞が日本の”韓流ブーム”に果たした役割は大きいし、またそれにより「朝鮮日報」自身の日本での知名度も上がり、そこに日本人のミョーな先入観が加味されて…おかしな半島情勢認識が進んでしまったという事

「サンケイ新聞」もかつては”ケニヤ新聞”と呼ばれ、絵物語「少年ケニヤ」の超ヒットで一躍大部数紙の仲間入りを果たし、その後も他紙が馬鹿にして取り上げなかった様々な大衆文化や芸能情報を武器に成長してきた歴史があり、他にも似通った部分が大変多いです

しかし、総連の新聞が「朝鮮新報」なら、民団の新聞が「朝鮮日報」だという声もある(民団には「民団新聞」という物もあるのですがマイナー過ぎて)位、いずれも政治的偏りが激しいのですから…
『情報は多様な方向から仕入れ、”判断”は必ず自分自身の五感と責任で行う』という事が、ネットに頼りがちな現代人には何より不可欠なのだと思いますよ

2007年05月20日 URL 編集

コメントありがとうございます。
あきらさん、
この兵器がどの程度使い物になるのかは疑問ですが、兵器輸出をするために欠かせないキャンペーンなんでしょうね。

水兵長さん、
ミサイル防衛システムに対して追い風になったでしょうかね。ともかく、早いところ北朝鮮のミサイルに対処する手段を構築すべきですね。

名無しさん、
長文お疲れさまと言うところですが、焦点がぼやけてしまっています。一応念のために聞きますが、朝鮮日報はあてにしない方がよい、と言うのが持論でしょうか。
であれば、日本のマスコミは朝鮮日報の記事に反応して「新型ミサイル」と言う記事を新聞に掲載したので、日本のマスコミ全部があてにならないと言うことでしょう。(基本的に日本のマスコミを信用していないので、その件は賛成です。)
それから、航空自衛隊(?)の誰が言ったかは知りませんが、隊員の一人が言ったことを真に受けるほど「視野が狭い」ことはありませんよね?もっと多くの情報を仕入れた方が良いのではないでしょうか。

2007年05月20日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。