スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【トピック】5月15日の注目記事

 今日は試験的に気になった記事を複数紹介していきます。もし良さそうな反応があるようでしたら、今後も続けていくかもしれません。

 ・テレ朝が謝罪 国民投票法報道で「不適切表現」(iza)

 テレビ朝日系「報道ステーション」が今月9日に放送した国民投票法案をめぐる報道で、葉梨康弘衆院議員(自民党)の国会答弁に一貫性がないとしたことに対し、自民党の松浪健四郎副幹事長らから「発言全体を見れば内容に矛盾はなく、虚偽報道」と訂正放送の要求があり、同局は14日、番組内で「不適切な表現で(視聴者に)誤った印象を与えかねないものだった」と謝罪した。

 ~以下略~


 テレビ朝日のことですから、騒いでもしょうがないですが、あまりにも多すぎます。毎日新聞系列と朝日新聞系列は一度きちんとした行政処分を下す必要があると思います。

 ・ユーチューブに陸自訓練ビデオ流出 「近接戦闘」解説、ナイフで相手を倒す方法も(iza)

 世界的な動画投稿サイト「You Tube(ユーチューブ)」に陸上自衛隊第1空挺(くうてい)団(千葉県習志野市)などの教育訓練用とみられる映像が流出していることが分かり、陸上幕僚監部が事実関係の調査に乗り出した。映像は部外秘指定の内容ではないが、ナイフで相手を倒す方法などを具体的に解説した内容が含まれ、青少年への影響や犯罪への悪用を懸念する声が出ている。

 ~以下略~


 はっきり言って、これは流出させた人間が故意にやったことです。流出経路は分かりませんが、こうした流出を止めるためには、今やっているような厳しい処分を継続する必要があるのかもしれません。

 ・イラク法案が衆院通過 空自派遣を2年延長(iza)

 イラクへの航空自衛隊派遣の2年延長を可能にするイラク復興支援特別措置法改正案が15日午後の衆院本会議で、自民、公明両党などの賛成多数で可決、衆院を通過した。政府・与党は同改正案の今国会成立を目指す。

 ~以下略~


 空自とテロ特措法を含めた海自の活躍は、陸自のアピールの陰に隠れて目立ちません。これから自衛隊は、自らの活動をアピールすることも大きな仕事になってくるでしょう。

 ・北朝鮮の新型ミサイル「ムスダン」公開を政府確認(読売新聞)

 防衛省は、北朝鮮・平壌で4月25日に行われた朝鮮人民軍創建75周年記念パレードで新型の中距離弾道ミサイルが公開されたことを確認した。


 この件は、韓国のメディアが最初に報道したらしいです。日本と韓国で米軍の情報公開の程度に差があるのでしょうか。単に防衛省が待ったをかけていたんでしょうね。

 ・沖縄復帰35年―自立の道探る若い世代(朝日新聞社説)

 個人的には、沖縄の人たちに補助金なしで経済を活性化させるための「自立心」が必要だと思います。基地成金や基地地主などがいるおかげで自立出来ていないのも事実なので、補助金と米軍基地の両方を何とかしなければならないのでしょうが・・・。個人的に在沖縄米軍基地には移転を望みませんので複雑な心境です。

 ・韓国のブランド価値、先進国に大きく及ばず(聯合ニュース)

 韓国の企業で付加価値の高い企業ってありましたっけ?かろうじてサムソンの液晶や半導体関連技術にちょっとしたものがありますが、それでもまだまだ韓国を名指しで選ぶ人は少ないでしょう。

 ・国民投票法が成立 実現は平成23年以降に(iza)

 これは別に歴史的な出来事とは思いませんが、憲法改正に向けたスタートだと認識しています。これからまだまだ一波乱蓋波乱ありそうです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年05月16日 日記など トラックバック:- コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。