スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

変わらない朝日新聞の体質(新党日本関連)8/31更新

 「朝日新聞虚偽の記事問題」に関連しての話をさせて頂きます。この焦点は朝日新聞であって新党日本ではないのですけど、たまたま選挙関連の報道であったのでその一環として紹介します。  「虚偽のメモ」で記者解雇 誤った記事、本紙が掲載(朝日新聞)

 朝日記者が虚偽メモ、「新党」記事に…懲戒解雇(読売新聞)

 朝日記者が虚偽の取材メモ 選挙記事に誤り、懲戒解雇(産経新聞)

 まずはこの記事だけを見ての感想ですが、朝日新聞としては会談が長野で行われた事実がなかったということが問題のようで、なぜ記事に虚偽の記載がなされるに至ったかを追求する姿勢が欠けているように見えます。

 朝日新聞の記事の最後には訂正する部分が記載されているのですが、どう見ても取材の中で「田中氏と亀井氏の会談が長野で行われた」ことだけを否定しているように見えます。

 田中氏の発言で、」「この件について朝日新聞記者の確認取材は受けていない」(読売から抜粋)というのが事実なら記事を全面的に削除すべきではないでしょうか。

 このように自己の新聞記事に対してあまりにも無責任な態度が見えるのですが、今後の対応についてもあまり納得できない部分があります。

 こうしたことを二度と繰り返さないために特別チームを社内に立ち上げ、社を挙げて取材・報道の心構えや記者倫理のあり方を抜本的に再点検し、傷ついた信頼の回復のため具体策を早急にまとめて公表します。(朝日新聞より抜粋)



 最近続いているトラブルに対して社内で特別チームを作るのは結構ですが、その検討結果が外部にほとんど出ません。

 朝日新聞は社内だけでなく社外からも専門家を招聘して、陰湿な隠蔽体質を全て白日の下にさらし、その上で再起していかなければずっとこのままでしょう。






 追記:桜日和さんの「朝日の言う「普通」って?」に今回の件についての見解を述べられており、私の言いたかったことを全て網羅されていました。

 また、「Here There and Everywhere」さんのところでも、「毎日新聞の社説より~官僚的な対応は朝日の体質か」という記事で朝日新聞の隠蔽体質を批判しています。全くそのとおりです。朝日新聞は一旦解体する必要があると私は思いますが・・・

 「陽光燦爛的日子~a diary of Worldwalker」さんは「朝日新聞不買運動に賛同するブログさんたち」として朝日新聞の不買運動を始めています。私は元々朝日新聞を購読するつもりはありませんが、不買運動には賛同します。

 ちなみに、朝日新聞より

「朝日新聞社から」(今回の事件の経緯)

「虚偽報道 朝日新聞が問われている」(朝日新聞社説)

 も興味のある方はご覧下さい(腹が立っても責任は持てません)
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年08月30日 2005総選挙 トラックバック:- コメント:3

朝日新聞を取ってるなんて、恥ずかしいことだ。

2005年08月30日 worldwalker URL 編集

 朝日新聞はメディアとしての自覚がないのか、本当に信じられない会社です。まあ、自然に部数は落ちているので、みんな分かっていることですが。

2005年08月30日 さいごう URL 編集

そもそもマスコミは意図的に報道管制をしく場合が多いですが、重要なニュースをスルーするのも実は虚偽報道に近いのかな、と。
それにしても、今日の社説を見て私が感じたことをここまできれいに表現していただくと、私のブログは要らないな、と感じさせられる記事でした。
マスコミの対抗馬として、ブログがもっと成長していけばいいな、と思いました。

2005年09月03日 takeyan URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。