スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【中国】中国の批判はあくまでも内政干渉

 日中共同声明の細かい内容について知らなくても、この声明で中国が賠償請求を放棄したことを知っている方は多いと思います。今回の請求棄却があくまでも内政問題であるとの認識はここにあります。

 ・中日共同声明への最高裁の解釈は「無効」、中国が強く批判(読売新聞)

 【北京=河田卓司】中国外務省の劉建超・報道局長は27日、最高裁による西松建設強制連行訴訟に関する判決に対し、「日本の最高裁が中日共同声明について下した解釈は不法であり、無効である」と強く批判し、「我々はすでに日本政府に、この問題を適切に処理するよう求めた」と語った。


 劉局長は、中国政府が1972年の日中共同声明で戦争賠償の請求を放棄したことについて、「両国人民の友好に着目して、ともに行った政治決断」とし、最高裁が「この条項を勝手に解釈したことに強い反対を表明する」とした。


 元記事はここです。

 ・中国人が起こした4件の戦後補償訴訟、最高裁が請求棄却(読売新聞)

 戦時中に旧日本軍兵士から従軍慰安婦として暴行されたとして、中国人女性2人(うち1人死亡)が国に損害賠償などを求めた「第2次慰安婦訴訟」など、中国人が起こした4件の戦後補償訴訟で、最高裁は27日午後、いずれも原告側の請求を棄却した。


 最高裁は同日午前の西松建設の強制連行を巡る訴訟で、「日中共同声明により個人の賠償請求権は放棄された」とする判断を示したが、従軍慰安婦訴訟でも同様の理由で請求を退けた。

 第2次慰安婦訴訟で2審・東京高裁は、1952年の日華平和条約により個人の賠償請求権は失われたとして請求を退けたが、最高裁第1小法廷(才口千晴裁判長)は「中華民国(台湾)との条約を現在の中国人に当てはめることはできない」とし、賠償請求権は日中共同声明で放棄されたと改めて指摘。その上で、原告敗訴とした2審判決を支持する判決を言い渡した。

 他の3件の訴訟では、最高裁は実質的な判断を示さないまま、決定により上告を棄却した。

 このうちの1件は、中国から強制連行され、終戦を知らずに13年間、北海道の山中で過ごした劉連仁(りゅう・れんじん)さん(故人)の遺族が国に賠償を求めた訴訟。1審・東京地裁は2001年7月、「国は戦後、逃亡を余儀なくされた劉さんを救済保護する義務を怠った」として、2000万円の賠償を国に命じた。不法行為に対する賠償請求権は20年で消滅すると定めた民法の「除斥期間」を適用するのは、「正義、公平の理念に著しく反する」として、戦後補償裁判では初めて除斥期間を適用しなかった。

 しかし、2審・東京高裁は05年6月、国の不法行為を認めながら、除斥期間をを理由に請求を棄却した。

 このほか、<1>強制連行されて福岡県内の炭鉱で働かされたとして、中国人15人が国と三井鉱山に賠償を求め、1審で企業の賠償責任が初めて認められた「強制連行福岡第1次訴訟」<2>従軍慰安婦として連行されたとして中国人女性4人が国に賠償と謝罪を求めた「第1次慰安婦訴訟」――の2件についても、最高裁は、請求を棄却した。


 そもそも国に責任があるのが明確であり、それを認識している中国が「中国人個人」対「日本の裁判所」と言う構図を容認していること自体おかしいでしょう。もし”従軍”慰安婦という行為が国家による指示によって行われたのが明白であるならば、なぜ中国政府は外交問題としないのでしょう。

 それこそが問題の本質です。中国にしろ韓国にしろ、国家レベルでは多くの賠償金を受け取り、問題を解決させています。にもかかわらず、個人単位で日本の裁判所に訴訟を起こすことによって、日本政府の不法行為を捏造しようとしています。それ自体は排除して良いのですが、中国政府はそのような訴訟を一部容認したり、ある程度バックアップしています。

 それこそが問題の本質です。彼らは二重にも三重にも賠償金や補償金を得ようとしているのです。その割に政府自体としては解決済みという姿勢を見せる腹立たしいほど理不尽な国家なのです。

 今回のように賠償金や補償金を払わない事例は珍しいことではないし、それが当然だと思っています。今後もどんな理由であろうとも彼らに金を払う必要は全くないと思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年04月28日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:3

 まともな裁判官でよかった。
 内政干渉だが、逆に言えば、これは中国国内の保障問題であって、条約が有る以上、日本には支払う義務も何も無いのだが。

 どうやら、中国には自国をまともに統治する能力が無いようだ。

2007年04月28日 どらっへ URL 編集

この手の問題が消え去るまでには、まだ二十年から三十年はかかるでしょうね。

2007年04月29日 水兵長 URL 編集

コメントありがとうございます、
どらっへさん、
中国はむしろこうした機会を利用して反日活動などへの外交カードを作り出そうとしているように見えますね。極端な話、政府の関与なしにこうした活動はあり得ないでしょうね。

水兵長さん、
忘れた頃にこうした活動を繰り返し、ハエのようにうざったいですよね。

2007年04月30日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。