スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【長崎】証拠不十分のまま右翼のテロと断言する朝日新聞

 まずは長崎市長伊藤一長氏には哀悼の意を表すとともに、犯罪に対する再発防止策を強く望みます。
 ただ、こうした事件を利用する勢力は必ずいて、朝日新聞などは完全にその筆頭です。事件の背後関係がつかめないままに犯人のバックグラウンドをほぼ断定する態度には怒りを覚えます。

 ・長崎市長銃撃―このテロを許さない(4月18日付朝日新聞社説)


 またも長崎市長が撃たれた。

 この卑劣なテロを断じて許すことはできない。

 選挙運動中の伊藤一長市長が選挙事務所のそばで銃撃され、重体となった。伊藤氏は被爆地ナガサキの市長として核廃絶運動の先頭に立ち続けてきた。

 長崎市では17年前に、当時の本島等市長が右翼団体の男に銃撃されて重傷を負った。被爆地で繰り返される凶行に、強い怒りを覚える。

 事件は午後8時前、JR長崎駅に近い繁華街で起きた。多くの市民が行き交う目前で、伊藤市長は待ち伏せていた男に背後から襲われた。

 その場で逮捕された容疑者は、暴力団幹部だった。動機についてはまだはっきりしない。市発注工事に絡んで市との間にトラブルがあったとの情報もあるが、警察は全力を挙げて捜査し、背後関係を含めて解明しなければならない。

 伊藤市長は22日投開票の同市長選に4選を目指して立候補していた。警察の警備に落ち度はなかったのか。それも検証が必要だ。

 伊藤市長は95年には国際司法裁判所の法廷で証人として立ち、「核兵器使用が国際法に違反していることは明らかであります」と世界に訴えた。核保有国の核実験には抗議を重ねた。

 北朝鮮の核実験に関し、日本国内で自民党幹部から核保有論議の容認発言が出ると、「看過できない」として非核三原則堅持と外交での解決を求めた。

 容疑者の動機がなんであれ、反核運動が萎縮(いしゅく)するのではないかと心配だ。反核運動に携わる人々はひるむことなく、発言を続けることが、伊藤市長への激励となる。

 17年前の銃撃事件では、その1年ほど前、本島市長が市議会で「天皇の戦争責任はあると思う」と答弁していた。その後、市役所に銃弾が撃ち込まれるなど、不穏な動きが続いた。

 首長や議員を狙った事件としては、11年前、産廃処分場建設に待ったをかけた岐阜県御嵩町長が襲われて重傷を負ったことが思い出される。昨年は小泉前首相の靖国神社参拝に反対した自民党元幹事長の加藤紘一衆院議員が、実家と事務所を右翼団体幹部に放火された。

 相手が言うことをきかないからといって、暴力で封殺するようなことがまかり通れば、言論の自由が封じ込められた結果、国の針路を誤った戦前の暗い時代に後戻りすることになりかねない。

 この数年、国内の発砲事件や短銃の押収は減る傾向にある。しかし、今回の事件を機に、改めて銃の取り締まりに全力を挙げてもらいたい。

 今回の事件は選挙運動の最中だった。これで候補者がものを言うのをためらうようなことがあってはならない。

 テロに屈しない道は、多くの人たちが声をあげることをやめないことだ。そのことをいま一度確認しておきたい。


 この事件がテロ行為だと言うことはほぼ納得出来ますし、たいていの人は異存ないでしょう。

 しかし、前長崎市長が「昭和天皇の戦争責任」を主張して銃撃された事件を紹介し、伊藤氏の反核運動について紹介、そして最後に加藤紘一氏の実家放火事件に触れることによって、意図的に暴力団の犯行から右翼による犯行に見せるとともに、反核運動への反対かのように読んでいる人の意識を反らそうとします。

 ひょっとしたらそのような事実があるのかもしれません。しかし、この社説中にもあるように、動機ははっきりしていないため背後関係も当然分かりません。

 作為的に都合の良い事実だけを並べ立てる朝日新聞の姿勢には非常に疑問を感じると同時に怒りを覚えます。こんな事件は二度と起こすべきではありませんが、同時に政治的に利用されることも避けなければなりません。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年04月18日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:8

久しぶりのコメントです。

また朝日のインチキ社説ですね(笑)。それはまぁある意味“通常運転”なのでしょうけど、私自身はこの事件はあくまで事件であって、テロではないと思います。テロというのは良い悪いは別として政治的目的を伴った行為であり、単に金銭トラブル等で相手が自分の思い通りにならないからといって殺傷するのはただの殺人事件であるに過ぎません。私も被害者が長崎市長であることから正直“右翼”の犯罪かも?とも考えましたが、今まで(朝日以外の)どの報道機関の報道を見ても政治の匂いが全くしません。

少なくても現在分かる範囲で言うならば、この事件は純然たる殺人事件でありそして被害者がたまたま政治家(長崎市長)であった!というだけです。まぁこんなことを言っても無駄なことでしょうが、朝日新聞は仮にも報道機関であるのなら余計な憶測ではなくまずは事実を淡々と報道し、それに推察をどうしても加えたいのならもっとましな根拠を示して欲しいもの。単に被害者が長崎市長というだけでテロ等と喚くことで報道機関として事足りるのであれば、週刊朝日と統合したら良いでしょう(笑)。

2007年04月19日 雷電 URL 編集

 私は最初からテロとすら認識していません。
 これは逆恨みと言う怨恨によるただの殺人事件です。
(バージニアはテロだと思いますが)

 朝日は自分の都合の言いように報道したいようですが、馬脚を現しただけですね。

 加藤紘一、山崎、福島、亀井、志位のコメントは先走って自爆してます。

2007年04月19日 どらっへ URL 編集

朝日(なんか)の肩を持つ訳ではないですが、NHKやその他民放も同じように前市長の例を出し、伊藤市長の政治理念等も詳細に流していましたよ。加藤紘一のインタビューも全局流していると思います。それに朝日には犯人からの“手紙”が届いていますから、今回に限っては他社よりも明確なソースで記事を出していると言えるのではないでしょうか。とにもかくにも、報道ステーションでは最初“犯行声明”と紹介し、古舘は「今日の夜届いた」と言ったにも関わらず事件当日午前中には届いていた“手紙”とやらをとっとと全文公開すべきだと思います。

2007年04月19日 かず URL 編集

朝日新聞の記事の方が、左翼の情報テロって感じを強く受けますね。

2007年04月19日 かぼちゃ魔法師 URL 編集

動機や背後関係がはっきりしていないとしながら、何故に右翼と決め付ける?
怨恨の線も消えていない、当人の供述も取れていないのに、こんなデタラメがよく書けるもんです。
もしも、故長崎市長がタカ派寄りの人物で狙撃された場合、朝日はどう書いていたかが気になりますね。

2007年04月19日 水兵長 URL 編集

コメントありがとうございます、
雷電さん、
お久しぶりです。最近コメントへの返答が遅れがちになってしまい申し訳ありません。
社説には事実だけでなく、自分の主張があっても良いのですが、それにしても事実をねじ曲げるかのような姿勢は誉められたものではありませんよね。

どらっへさん、
そうなんですよね。どうしてもこの事件を利用したい人たちは事実と自分の勝手な想像が入り交じってしまっているんですよね。

かずさん、
まあ、マスコミなんてどこも一緒なのかもしれませんね。それにしても朝日系列だけでなく、そうした声明なども視聴率のために利用する姿勢には嫌悪感を催してしまいます。

かぼちゃ魔法師さん、
本当にそう思います。朝日新聞は新聞が公共性の強い者だという認識があるのなら絶対に捏造や言論誘導などすべきではありませんよね。

水兵長さん、
朝日ならきっと、「右翼的な発言を繰り返す市長の姿勢にも問題があったのではないでしょうか」と言うと思います(笑)

2007年04月22日 さいごう URL 編集

今回の事件の本質は「治安問題」です。それを右翼のテロであるかのごとくミスリーディングな報道をしたり、「民主主義への挑戦だ」などという立派だが中身のない言葉で糾弾することは、かえって問題の本質から目をそらさせる効果を持ち有害なことです。
安倍内閣は、素早く暴力団対策の強化を表明しています。これは評価すべきことでしょう。

2007年04月22日 猫研究員 URL 編集

コメントありがとうございます、
猫研究員さん、
毎回コメントありがとうございます。
こちらがなかなか訪問出来る機会がなくてすいません。
今回の件について、マスコミが意図的か能力の無さ故か世論をミスリードしようとした罪はどう償うのでしょうね。

2007年04月29日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。