スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【国内】対案は良いが、何でも出せばいいわけではない

 今の民主党は誰もがおかしいと思っていると私は信じたいです。対案重視ならそれでも良いですが、目的が「対立構造を作る」ことにあるのなら全く意味のないことです。

 ・教育改革3法案が衆院で審議入り、民主党は対案提出(読売新聞)

 衆院は17日午後の本会議で、教育改革3法案の審議に入り、趣旨説明を行った。与党は教育再生特別委員会で集中的に審議し、今国会での成立を目指す考えだ。


 一方、民主党は対案として「学校教育力向上3法案」を衆院に提出した。

 政府提出の3法案は学校教育法、地方教育行政法、教員免許法等の各改正案で、昨年の臨時国会で成立した改正教育基本法のほか、政府の教育再生会議や文部科学相の諮問機関である中央教育審議会の議論を踏まえた内容となっている。

 具体的には、学校教育法改正案では、義務教育の目標に「我が国と郷土を愛する態度」などを盛り込み、小中学校などに副校長、主幹教諭、指導教諭の職を新設する。地方教育行政法改正案は、一定の条件の下で文部科学相が教育委員会に強制力を伴う指示をする権限を認めることが柱だ。

 また、教員免許法等改正案では、教員免許に有効期間10年の更新制を導入し、指導が不適切な教員に対する人事管理を徹底する。

 民主党の対案は、教員免許制度の見直しでは「教員の資質の向上に重点を置く」として、〈1〉大学院の修士課程修了を免許取得の要件とする〈2〉実務経験8年の後に大学院で1年間学ぶことを要件とし、教科指導、生活・進路指導、学校経営の3分野に区分した「専門免許」を一般免許とは別に創設する――などとする内容だ。


 まず聞きたいのは、民主党は完全に自民党案に反対なのかと言うところです。民主党に限らず政党は政策を実現させるためにあるはずです。だとすれば自民党案でも正しいと思う人が多ければ当然支持に回っても良いと思います。

 それに民主党の対案をこの記事でしか見ていませんが、どう考えてもよく練られたものだとは思いません。教育を長く行えば教員の質が上がるとか、資格をと創設すればいいとか、10分程度で考えたのではなかろうかという内容です。自民党案が絶対に良いとは言いませんが、教師と生徒にモラルを必要とする考え方は納得出来ます。

 民主党は対立構造にこだわるあまり、完全に自滅しているように思えます。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年04月17日 政治 トラックバック:- コメント:2

政府与党案と似通えば、オリジナリティが無いと叩かれるのを恐れているのか、よく分かりませんがやはり良いものは良いで与党案を通せば問題ないのでは?
今ここで対立構造に無理矢理持って行っても、しっかりとした対案が無いのなら無駄というか、有権者の関心は得られないでしょう。
昔の旧社会党を思い出しました。

2007年04月21日 水兵長 URL 編集

コメントありがとうございます、
そうなんですよね。自民党の政策を批判する人の中で、自民党よりもまともな政策を提言出来る人が本当に少ないのが問題ですよね。

2007年04月22日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。