スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【中国】日中首脳会談、結論はまだ先送り

 もしこの会談で嘆く人や喜ぶ人がいれば、まだそんな時期ではないと思います。中国がどんな国であろうとも、表面上仲良く付き合っていこうという共同発表の主旨は否定されるわけではないですが、ここで画期的な何かが決まったわけでもありません。

 ・日中首脳会談、「戦略的互恵関係」の具体化で合意(読売新聞)

 安倍首相は11日、日本を公式訪問した中国の温家宝首相と首相官邸で約1時間40分会談した。

 両首脳は、昨年10月の日中首脳会談で合意した「戦略的互恵関係」を具体化させるため、北朝鮮の核・拉致問題での連携強化や日中ハイレベル経済対話の年内開始などで合意した。安倍首相は年内に訪中する考えを表明した。東シナ海のガス田問題では、今秋に共同開発の具体策策定を目指すことで一致した。両首脳は、双方の合意を盛り込んだ「日中共同プレス発表」と、環境保護とエネルギーの協力強化に関する共同声明を発表した。

 中国首脳の来日は6年半ぶり。

 首脳会談では、北朝鮮の核問題の解決に向けて両国が協力することで一致、日本人拉致問題に関して中国が「必要な協力の提供」を行うことが共同プレス発表に明記された。歴史認識問題では、「歴史を直視し、未来に向かい、両国関係の美しい未来を共に切り開くことを決意した」と未来志向の関係を強調した。

 安倍首相は中国側の招請に応える形で「本年内に中国を訪問したい」との考えを伝え、来年早々の胡錦濤国家主席の来日を要請した。

 戦略的互恵関係を発展させる具体策としては、<1>羽田空港と上海・虹橋空港の定期チャーター便の開設<2>日本米の中国輸出<3>新型インフルエンザとがん対策を重点とする日中医学協力構想――などで合意した。曹剛川国防相の秋の来日、中国海軍と海上自衛隊の艦船の相互訪問などの防衛交流でも一致した。

 東シナ海のガス田問題では、5月に局長級協議を開くことにした。共同プレス発表には「今秋までに共同開発の具体的方策を首脳に報告する」との目標が盛り込まれた。

 台湾問題で、温首相は「台湾独立は容認しない。独立反対を明確にしてほしい」と要請した。安倍首相は「台湾独立は支持しない」と述べた。共同プレス発表では、1972年の日中共同声明で「台湾は中国の不可分の領土の一部分とする立場を尊重する」とした原則を「引き続き遵守する」ことを確認した。

 日本の国連安全保障理事会の常任理事国入りについては、中国側は「日本が国際社会でより大きな役割を果たしたいとの願望を理解している」と一定の理解を示した。

 このほか、日中刑事共助条約締結交渉の年内合意や旧日本軍の遺棄化学兵器処理のため日本が移動式処理設備を導入することでも合意した。


 中国との間には色々な問題が存在します。尖閣列島問題をはじめとして、ガス田問題、遺棄化学兵器問題、台湾問題、靖国神社参拝問題など数え上げればキリがありません。

 そこでなぜ中国がそうした問題を重視して「問題化」したり、今回のように「そこを乗り越えて」などと発言するかは、そのときの(中国政府の)状況が関係しています。

 そもそも反日発言や、全てのも日中間の問題は「中国政府が日本を不満の捌け口として国家としてのまとまりを出そう」としたことに原因があります。

 そうした団結のための核心が「反日」であったのですが、最近では経済発展を契機としてその状況が変わってきました。中国では都市に住む富裕層の増加により、反日というスローガンよりも実利を求める人たちが増えるとともに、経済発展のために政府の強力な統制を邪魔だと感じる人たちが増えてきました。そのため、「反日」が国家統一のツールとして機能しなくなってきたのです。

 また、経済発展は別なところでも様々な歪みを生んでいます。深刻な環境破壊であったり、エネルギー資源の不足が特に問題となっています。これに関しては、天然ガスの資源の場所が日中の国益のバッティングする場所にあったため問題化したものの、目的はあくまでも資源不足の解消です。また環境問題も含めてこうした問題の解決に「日本の技術協力」や「友好的な関係」、「共同開発」などが必要なことは中国も認識しています。

 つまり、中国にとって「反日」は現在から将来にかけて中国政府の取っての有効なツールではなく、むしろ「反日」を隠して友好的な関係を築くことが必要とされているのです。

 日本はその辺りを認識せずに、「友好関係は良いことだ」と浮かれるのはあまりにも単純です。そうした中国の背景をよく考えて、日本の国益のために何をしなければならないのかをよく考える必要があります。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年04月11日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:3

 私には彼らと友好しようという意思はありませんね。
 金をせびろうとしてるだけですし。

 今、ニュース見て、中国側から、この件をご破算にしたと感じております。
 理由は層化の馬鹿と温の野郎が会ってるのを見た以上、私としては喧嘩を売ってきている様にしか感じませんので。

 あと、中国の報道で温家宝の言葉を「日本人に向けた言葉として~」、どうしても日本人を下に置きたいとしか思えない無礼極まりない報道の仕方と言い、頭に来ます。

 まあ、向こうからご破算にしてくれた方がこちらとしてはやり易いのですけどね。

 意地でも安倍総理には靖国に行って貰わなければ。

2007年04月12日 どらっへ URL 編集

羽田~上海の定期チャーター便はわかるけど、なんで虹橋?国際便のメインはは浦東だったような…
んで、このオジサンは様々な問題を先送りにして、一体何をしに来たのだろう?ジョギングに太極拳はおもいっきり友好アピールか。
国会演説で世界的に「オレ達が上」と見せたかったのかな?

2007年04月12日 水兵長 URL 編集

コメントありがとうございます、
どらっへさん、
温家宝首相は日本に「これだけ譲歩してやるからお前らも譲歩しろ」と言っているようにしか見えませんね。私もあまり好印象は持ちませんでした。

水兵長さん、
何というかアピールは良いのですが、実質的な提案として日本が得られるメリットなど何もなかったように見えますね。

2007年04月14日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。