スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【自衛隊】情報管理の甘さのつけ

 今Winnyに限らず情報漏洩は大きな問題です。その中でも自衛隊の所有する情報は、漏洩によって自衛隊という組織だけでなく国家自体に大きな影響を与えます。今更言うまでもなく、自衛隊は国民の信頼を裏切ったと言うことをお強く認識しなければなりません。

 ・流出イージス艦資料作成 3佐をきょうにも聴取(iza)

 海上自衛隊第1護衛隊群の男性2曹(33)がイージス艦の中枢情報などを持ち出していた事件で、神奈川県警など警察当局は、流出した極秘資料を作成したとみられる海自3佐から、6日にも任意聴取する方針を固めた。警察当局は、資料は2曹ら複数の隊員が私的なファイルをコピーする過程で誤って流出したとの見方を強めているが、イージスシステムが「特別防衛秘密」に該当し、過失による流出でも処罰の対象となるため、作成から流出までの経緯について詳しく事情を聴く必要があると判断した。
 聴取を受けるのは、イージスシステムの管理や保守を担当していた40代の3佐。調べによると、秘密情報が納められたファイルには、作成者として3佐の名前が記載されていた。県警などが海自に3佐の所属などを照会した結果、東京都内の自衛隊施設に勤務する現役幹部であることが確認された。
 流出した情報は、自衛隊に関する秘密事項の取り扱いなどを定めた日米相互防衛援助協定等に伴う秘密保護法の定める「特別防衛秘密」に該当。同法は不当な方法で探知・収集したり、業務で取り扱う者が漏洩(ろうえい)した場合、10年以下の懲役-などと定めている。
 県警などの調べでは、3佐は平成9年9月から12年3月まで、イージス艦の中枢システムの保守や管理を担当する「プログラム業務隊」に所属。10年3月、新システムへの移行に伴い、開発・製造元の米海軍に派遣され、システム運用に必要な知識を習得していた。
 海自などによると、3佐は帰国後、海自内の保守担当者向けに新システムに関する説明を行う業務を担当。流出した約800ページの資料はその際、説明資料として作成されたものと警察当局はみている。
 県警などの調べでは、3佐は当時、市販の発表資料作成ソフトで資料を作成。今回流出した資料と書式や字体などが酷似しているため、資料は3佐が作成し、その後何らかの理由で2曹に流出した可能性が高い。3佐本人からの事情聴取を通じ、警察当局は流出経緯の全容解明を目指す方針だ。


 ちなみに本題からは多少ずれますが、情報には色々な種類があります。今回海自の2曹が漏洩した情報は、本当に漏洩してはならない情報であり、最近の自衛隊の情報漏洩にはこの手の情報が多いです。

 それとは別に「表に出ることによって別の意味を与えられる情報」と言うものがあります。例えば、今回の3佐が近々立件されるというのはまさにそのような情報です。秘匿されれば立件された時に判明することですが、表に出たことによって産経新聞はスクープとしての価値を持ち、防衛省は「またどこかで情報漏洩している」という危機感を持つことになるのです。

 まあ、自衛隊はそのような情報のコントロールをあまり利用しているとは言えません。そして情報流出への防止対策だけを一生懸命せざるを得ない状況に陥っているため、余計にそのようなコントロールなど出来ない状況になっています。

 私が言いたいのは、情報漏洩を気にするなと言っているわけではなく、コントロールすべき情報と絶対出してはならない情報のコントロールをしっかりした方が良いと思っているだけです。

 どちらにしろ防衛省は情報管理が甘いことをようやく認識出来たため、これから国民の期待に応えることが出来るようにしっかりと反省し、再発防止の対策を練る必要があります。罰則をきつくしたり、本人の自覚に頼る今の対策では不十分だと思いますね、個人的には。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年04月06日 軍事 トラックバック:- コメント:5

自衛官も自分のおかれている立場をよく考えて行動して欲しいです。それに、Hな事は他人頼らず一人で情報収集しましょう。情報収集は、お得意のはずでは?

2007年04月07日 ラプター URL 編集

コメントありがとうございます、
ラプターさん、
少なくとも中国の危険は最近やっと認識されてきたのではないでしょうかね。遅すぎると言えますが(苦笑)

2007年04月08日 さいごう URL 編集

外人を見たら工作員と思えですね。

2007年04月08日 ラプター URL 編集

こんばんは、
その通りですね。
外国政府の役人か、そうでないかにかかわらず情報がその国に漏洩する確率は極めて高いわけですから。

2007年04月11日 さいごう URL 編集

自衛隊は本当に頭が悪い。
というかみんな揃ってPC音痴。何度漏洩させれば気が済む?お陰で中国やロシアは万々歳ですね。イージス艦情報をタダで入手できるんだから。こんなクソ国家にF22ラプターなんて渡したらアウトですよ!アメリカ軍のみなさん。この国は三菱戦闘機と川崎ヘリコプターで十分。F22なんて戦略戦闘機を使う必要なし!

2007年07月16日 国家安全保障局 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。