スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【尖閣列島】歓迎したい沖縄県知事の活動

 その昔、石原慎太郎議員と西村眞悟議員とともに上陸を目指し、西村議員は上陸を果たしています。それ以来上陸を果たした国会議員は知りませんが、航空機による視察を行った国会議員は幾人かいます。沖縄県知事にも是非視察してもらいたいものです。

 ・沖縄県知事、尖閣諸島視察…13日に自衛隊機で(読売新聞)

 沖縄県の仲井真弘多知事が、中国や台湾も領有権を主張している同県石垣市・尖閣諸島を自衛隊機で視察することになった。

 今月13日を予定している。沖縄県知事が尖閣諸島を視察するのは初めてという。

 実情把握と、在日米軍に提供している射爆場の視察が目的。民間航空機で行けないことから、県が航空自衛隊に協力を求めていた。

 尖閣諸島は魚釣島など5島で構成され、うち久場島と大正島が射爆場になっている。同諸島周辺の大陸棚に石油資源が埋蔵されている可能性があるとの調査結果が1969年、公表された後、中国、台湾が領有権を主張した。東シナ海の天然ガス田開発を巡っても、同諸島北側海域での日中共同開発案が浮上している。


 是非この勢いを竹島にも・・・・、とは思うのですが無理でしょうね。国家同士の対立が厳しいところだからこそ国会議員が視察すれば、島の帰属もはっきりしてくるし本人自身の評価も上がるのに勿体ないと思います。

 それはともかく、沖縄県知事が視察することのメリットと言えば、国会議員の視察が外国的な目的が付与されているのに対し、より内政的な意味合いが強くなると言うところでしょうか。つまり、周辺国に対して一歩強く出ている印象を与えられるのです。

 私は沖縄県知事の行動を評価したいと思います。在日米軍への対応については必ずしも賛同しかねますが、この件については非常に良い決断だったと思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年03月05日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:4

オレたちが生きているうちに竹島を南朝鮮から取り戻すことができるだろうか。

2007年03月06日 (・∀・)! URL 編集

 確かに評価できる行動ですね。
この件に関しては頑張って欲しいものです。

>(・∀・)! さん

 出来るだろうかじゃなくて、やらなきゃ駄目ですよ。
 その位の意気込みでいかないと、100年経っても終わらない。

 朝鮮人の身勝手に振り回されるのは私達の世代で終わりにしないと。

2007年03月06日 どらっへ URL 編集

どこの国でも国境紛争あるけど、資源が見つかったとか、国民の関心を反らすみたいな事でもちだすのは、止めて欲しいですね。末期の政権がやる事では?中国は、ともかく台湾や韓国が今の時期に領有権を持ち出すのは、自国の国益にはならないはず。誰が敵か味方か分からなくなってる気がします。こままでは自衛隊も海兵隊をもつはめにるかも。

2007年03月06日 ラプター URL 編集

worldwalkerさん、
北方領土もそうですが、日本人の中にもっと領土に対する意識を高める啓蒙活動が必要ですね。

どらっへさん、
彼らが身勝手で、不法占拠は取り返さなければならないと思いますが、他の政策に優先してこの課題を解決しなければならないと言う国民の世論がないと話になりませんよね。

ラプターさん、
確かに領土問題など国民の関心を外国の卑劣さに向けるのは人気取りの手段として最終的なものかもしれません。
日本も同様のことが言えるかもしれませんが、少なくとも全てが捏造である韓国とは同レベルだとは絶対に思わないですね。

2007年03月07日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。