スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【国内】人の命を大切にするからこそ死刑は必要

 いつも以上にこの人の言っていることが理解出来ません。人の命を簡単に絶つ凶悪な犯罪者に厳罰を処すことが出来ないから、現在のように凶悪犯罪が増えているのだと思います。

 ・「死刑囚100人」めぐり法相と議連が会見(朝日新聞)

 死刑廃止議員連盟が20日、会見し、亀井静香会長は「人間の命を大事にする社会を作らないでどうする。今の風潮から決別するには国家が殺人(死刑)を犯さないことだ」と強調した。

 議連は「死刑判決増加は死刑でなければ納得できない世論が形成されたため」と指摘。「死刑存続の理由に凶悪事件の多発を挙げるのはミスリード」と政府を批判した。保坂展人事務局長は「執行が多くないのは、ギリギリのところで判断を踏みとどまっているということだろう」と話した。

 一方、長勢法相は閣議後の会見で、「重罰化の傾向があるのか。裁判が割と早くなっていることが関係しているかもしれない」「未執行の者が増えることにいかがなものかという意見も聞かなくもない」と述べた。


 私は絶対に死刑存続を希望します。凶悪犯罪の増加、凶悪犯罪者の再犯率の高さなど理由を挙げればキリがありませんが、そもそも犯罪者の人権を考える前に、被害者の人権を考慮したらどうなんだと問いたいです。

 彼らは死刑廃止によって犯罪をどのように抑止していくかの具体的なビジョンが全く見えません。その割に言うことだけは大きいのですから非常にたちが悪いです。

 この人たちは凶悪な犯罪者によって殺められた人たちのことを少しでも考えたことがあるのでしょうか。私は非常に極端かもしれませんが、故意に殺人を犯した人はその時点でそれ以外の人と同列に考えるべきではないと思います。もちろん、安楽死の問題など考慮すべき問題が山ほどあるので、そこはすぐにでも結論は出せないと分かっています。

 しかし、凶悪犯罪には厳罰を処すという当たり前の「均衡」を今後も最低限継続していく必要があると思います。この記事の人たちの主張には全く賛成出来ません。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年02月21日 政治 トラックバック:- コメント:9

司法制度が恣意的に運用されているこの国で正義が行われるのは無理だな。

宅間と小林薫の死刑は当然だが福田孝之とか尾上力はどうなんだ。
http://ameblo.jp/worldwalker2/entry-10026216129.html

2007年02月21日 (・∀・)! URL 編集

大臣が心情的に死刑執行に署名したくないのは判る。しかし、法律による刑罰を執行しないと云うなら、北朝鮮となんな変わりない人治国家である。

死刑にされない被告に対して、無残に、残虐に惨めな末路を迎えた、被害者の家族の怒り苦しみはどこに向かうのか?

当事者でも無い人権屋が、よく言葉にする『被告を死刑にしても、殺された人は戻って来ない。だから被告は一生、刑務所の中で罪を償う事が、殺された本人も喜ぶ』って発言は【一方的で無責任】だと考える。

法律を無視し、第三者が手を汚したくないなら、江戸時代の『仇討ち』と云う、とても良い制度を現代に復活させるべき。

http://www.google.co.jp/gwt/n?u=http%3A%2F%2Fhomepage.mac.com%2Ftuyano%2Fiblog%2FC1653772498%2FE70575498%2Findex.html&hl=ja&mrestrict=xhtml&lr=&q=%E4%BB%87%E8%A8%8E%E3%81%A1&source=m&site=search

2007年02月22日 危機!日本包囲網 URL 編集

大臣が心情的に死刑執行に署名したくないのは判る。しかし、法律による刑罰を執行しないと云うなら、北朝鮮となんな変わりない人治国家である。

死刑にされない被告に対して、無残に、残虐に惨めな末路を迎えた、被害者の家族の怒り苦しみはどこに向かうのか?

当事者でも無い人権屋が、よく言葉にする『被告を死刑にしても、殺された人は戻って来ない。だから被告は一生、刑務所の中で罪を償う事が、殺された本人も喜ぶ』って発言は【一方的で無責任】だと考える。

法律を無視し、第三者が手を汚したくないなら、江戸時代の『仇討ち』と云う、とても良い制度を現代に復活させるべき。

http://www.google.co.jp/gwt/n?u=http%3A%2F%2Fhomepage.mac.com%2Ftuyano%2Fiblog%2FC1653772498%2FE70575498%2Findex.html&hl=ja&mrestrict=xhtml&lr=&q=%E4%BB%87%E8%A8%8E%E3%81%A1&source=m&site=search

2007年02月22日 危機!日本包囲網 URL 編集

何故かコメントが重なってしまいました。

2007年02月22日 危機!日本包囲網 URL 編集

アメリカのように殺人に時効が無く刑期が100年単位という長さならば死刑がなくても…とも思いますが国土の広さに歴然とした差があるので今の日本に合った形とすれば、死刑があることだと思います。そしてやはり犯罪被害者の人権があまりにもないがしろにされすぎていると思います。

2007年02月22日 フレア URL 編集

死刑執行を渋る理由として真っ先に冤罪の可能性が挙げられますが、明らかに罪を犯した者にまでこれを理由として執行しないのは、おかしいですよね。極刑として死刑が有る限り、死刑が執り行われる事に何の問題があるのでしょうか?
亀井静香自身が、人間として「更正」出来ていないにもかかわらず、受刑者を更正などと語るのはどうなんでしょうか(苦笑)
フランスは死刑廃止のようですね、宗教観も風土や歴史も違うので、右に倣えは反対です。死刑囚には自らの犯した罪と向き合い、自らが命を奪われる恐ろしさをよく味わって地獄に逝って貰いたい。殺された被害者は、生き返る事も恨みを言う事も出来ないのですから。

2007年02月22日 水兵長 URL 編集

静香ちゃん久しぶりに見たと思ったら、こんな事やってたんだ…オチルトコマデオチタナ

2007年02月22日 URL 編集

 馬鹿亀に「平和の国のネバーランド」を送って見せたほうがいいかもしれない。

 亀井の言ってる事は矛盾してる。
命を大事にすると言うなら、殺された人間の命はどうするんだよ?
 何も考えてないだろう?

2007年02月22日 どらっへ URL 編集

worldwalkerさん、
私も「民主主義の否定」だと思っています。

危機!日本包囲網さん、
署名したくないなら法務大臣にならなければいいし、首相も選ぶときに考えて欲しいです。

フレアさん、
私も刑期の加算には賛成です。だって大きな罪を犯してしまえば、その他の罪は意味が無くなってしまいますよね。

水兵長さん、
生きていれば冤罪でも償えると思うのは間違いだと思います。だって警察は容疑者として取り調べて、無罪と分かって釈放してもなんの償いもしませんし、したとしても社会的な制裁を受けたことには変わりありませんから。
死刑があるから社会的に成熟していないと思うのは逆にその人の知性を疑います。

どらっへさん、
今の社会は被害者のことを考えないですね。こんな人がいるからそうなったと、私は思っています。

2007年02月25日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。