スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【北朝鮮】協議はお互いの時間稼ぎに終わる

 北朝鮮、米国がともに弱点を抱えたまま協議に向かい、下手すればそのまま国交回復まで行く可能性まであったかもしれない今回の協議ですが、結局はお互いの求めるものがあまりにもかけ離れていたため、何も決めることが出来ませんでした。

 ・6か国、共同文書採択し閉幕…日朝正常化へ作業部会も(読売新聞)

 【北京=瀬口利一、黒見周平】北朝鮮の核問題をめぐる6か国協議は6日目の13日午後、北京の釣魚台国賓館で全体会合が開かれ、北朝鮮の核放棄に向けた初期段階の措置と見返りのエネルギー支援などを盛り込んだ共同文書を採択、閉幕した。

 北朝鮮が60日以内に寧辺の核施設の停止や監視を受け入れる代わりに、他の5か国が重油5万トンを支援し、北朝鮮が施設を使用不能にすれば支援規模も大幅に増やすとしている。

 日朝国交正常化など課題別の5つの作業部会を30日以内に開催することも盛り込まれた。次回協議は3月19日に開催される。

 共同文書は、北朝鮮の核放棄を盛り込んだ2005年9月採択の共同声明の履行を具体化した初めての文書だ。06年10月に核実験に踏み切った北朝鮮の核開発に歯止めをかけられるかどうか注目される。

 共同文書は、60日以内に、北朝鮮が<1>寧辺(ヨンビョン)の再処理施設を含む核施設の活動停止・封印と、監視・検証のための国際原子力機関(IAEA)の復帰<2>すべての核計画のリストに関する協議――を行う代わりに、5か国は重油5万トン相当の経済・エネルギーや人道支援を提供し、米国は北朝鮮のテロ支援国指定解除や敵国通商法の適用終了の作業を開始するとされた。

 共同文書はさらに、北朝鮮がすべての核計画について完全な申告を行い、既存の全核施設を無能力化した場合、重油95万トンを追加支援するとされた。

 さらに、05年の共同声明に盛り込まれた<1>朝鮮半島の非核化<2>米朝国交正常化<3>日朝国交正常化<4>経済・エネルギー支援<5>北東アジアの平和・安全メカニズム――の5つの課題別に作業部会を設置し、いずれも30日以内に第1回会合を開くとされた。

 共同文書は日朝関係については、「平壌宣言に従って、不幸な過去を清算し、懸案事項を解決することを基礎として、国交を正常化させるための措置を取る」としている。

 また、こうした初期段階措置が実施された後、すみやかに6か国の閣僚会議を開くことも盛り込まれた。

 一方、米首席代表のクリストファー・ヒル国務次官補は協議終了後、記者団に、北朝鮮が強く求めてきた金融制裁の解除問題を30日以内に解決すると、中国側に伝えたことを明らかにした。米国が金融制裁の一部解除の方針を明らかにしたのは、これが初めて。

 次官補はまた、共同文書で取り扱われていない北朝鮮のウラン濃縮計画については非核化の作業部会で論議すべきだと指摘。さらに、米朝関係の作業部会の第1回会合をニューヨークで開き、北朝鮮首席代表の金桂寛(キム・ケグァン)外務次官を呼ぶ考えであることを明らかにした。


 日朝国交正常化に関しては、あくまでも作業部会ですので、それ以上進展することはないでしょう。今までも作業部会は開かれたことはありましたが、最近の外務省は「日朝平壌宣言」に懲りたのか、あまり北朝鮮よりに話し合いを進めないので、その点については安心しています。

 また、今回北朝鮮に重油5万トンの支援を決定しましたが、私は悲観もしないし、楽観もしていません。寧辺の核施設の停止や監視の受け入れが完全に核開発への凍結に至らないのは当然として、逆に重油や電力の支援を受けた北朝鮮が核開発を再開する恐れは低いでしょう。

 あくまでも新聞報道や公刊情報ベースですが、寧辺が北朝鮮で一番発展した核開発施設であり、それ以外の施設で核開発を継続しても今以上に進展することは無いと思われます。

 結局は米朝の思惑によって一旦小休止に入ったと見るべきでしょうが、日本にとっては北朝鮮の崩壊が若干遅れたことになり、拉致問題の解決はまたしても遅れることになります。

 予断を許さない状況だけに、政府や外務省の継続した「北朝鮮への圧力」と「米国・中国と協調した対北包囲網の構築」が望まれます。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年02月13日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:5

オレの予想と違うなあ。
ハードランディングじゃないのか?

米国は金正日体制を容認するのか?

2007年02月14日 worldwalker (・∀・) URL 編集

色々な見方はあるし、私はほとんどの部分でworldwalker (・∀・)さんの意見に賛同しますが、違う見方になっても、それも面白いと思います。

私の見方としては、米国は北朝鮮問題で何か結果が欲しかったのだと思います。ヒラリー氏が大統領選に立候補する中、北朝鮮問題でクリントン時代の核開発凍結に匹敵するかそれ以上の結果が欲しかったのでしょう。

ただ、基本的にブッシュ政権は北朝鮮を「悪の枢軸」と認識しているため、そのせめぎ合いの中で今回の合意に至ったと思っています。

ちなみに今回のエネルギー支援では、金正日総書記がより一層軍部に軸足を移すように思います。理由は、2月10日付の朝鮮新報の記事に「情勢変わっても国防力を強化」とあり、今回の合意を見越したかのような記事を掲載し、動揺を最小限に留めようとしているからです。

短期的にはエントリで説明したように、政権にとって小休止でしょう。しかし、軍部に軸足を置きすぎるとクーデターの危険性は非常に大きくなると思います。

2007年02月14日 さいごう URL 編集

早速勝手な解釈をしていますよ。北朝鮮は国民に向けて、百万トン相当のエネルギーと経済支援を得たように報道し、核施設の停止は臨時的だとも言っています。
支援も受けない内からこれでは、先が思いやられますね(苦笑)
日本としては、今回の見返り援助はすべきではありません。

2007年02月14日 水兵長 URL 編集

 殺さないとは言ってない。と言う所に期待しましょうか。

 しかし、どっちにしろ、民主党には突き上げられるのに、ブッシュは何を考えて合意したのでしょうか?
 ま、テキサスのカウボーイは腰抜けだったと言う事ですかね。
 ま、安倍さんがどういう展開に意思を貫く事を願いますよ。

2007年02月14日 どらっへ URL 編集

水兵長さん、
北朝鮮はもう重油100万トンもらったような口振りですね(笑)
全部韓国が払うんでしょうかね(笑)

どらっへさん、
今回の合意はどちらにしろ中途半端なので、後々に問題を残すことは確実ですね。

2007年02月15日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。