スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【中国】宇宙戦略を進める中国、国際社会との摩擦は必至?

 すでに中国の宇宙開発は先進国と言えるでしょう。しかし、この分野で開発を進めることに快く思わない国は多いですし、軍拡と関連して見る動きが増えてくるでしょう。

 ・中国政府、米国との共同宇宙開発計画を廃棄(テクノバーン)

 【テクノバーン】(2007/2/9 18:35)NASAが中国科学技術部との間で進めてきた共同宇宙開発計画が廃棄されたことが6日、明らかとなった。

中国外交部の姜瑜報道官は6日に行われた定例記者会見の席上で先月11日に行われた中国による衛星破壊実験以降、中国との間で進めてきた共同宇宙開発案を廃止すべきだという対立ムードがでてきていることのついて触れて「現在、中国と米国の間には宇宙開発の分野での協力関係は存在しない」と述べ、そもそも共同宇宙開発の計画そのものが存在していないとの見解を示した。

NASAのグリフィン長官は昨年9月、中国科学技術部の徐冠華部長と会談を行い、今後、共同で宇宙開発のプロジェクトを進めることで合意に至っていた。



 ・中国、海南島に第4の宇宙ロケット発射基地を建設へ(テクノバーン)

 【テクノバーン】(2007/2/9 19:05)中国が中国最南端に位置する海南島に第4の宇宙ロケット発射基地を建設する方向で準備を進めていることが海南省政府の高官の発言によって6日、明らかとなった。

中国は現在、山西省太原、四川省西昌、甘粛省酒泉の3箇所にロケット発射基地を保有。これまでロケット発射基地はセキュリティー上の理由から内陸部に建設されてきたが、今後、宇宙開発を本格化させるには赤道上の静止軌道への衛星投入が最短で済む、できるだけ低緯度にロケット基地を建設することがもっとも効果的だと判断した模様だ。

また、赤道に近い位置からロケットを発射させた場合、地球の遠心力による効果を得ることができるために有利だとも言われている。そのため、ロシア以外の諸外国の場合、自国内で最も低緯度にロケット発射基地を建造してきた。

中国では、海南島からロケットを発射した場合、主力の酒泉基地から同じロケットを発射するのと比べて7.4%、高い効率で軌道上に物資を投入することができると見込んでいる。

中国は現在、今後建設が予定されている独自の宇宙ステーションや月面基地への輸送用に次世代の長征5型ロケットの開発の開発を進めており、海南島新ロケット打ち上げ基地を中国の宇宙開発の中核的拠点にする意向だ。


 宇宙開発は先端の科学技術が必要であると同時に、その科学力は軍事力への転換が比較的簡単です。最近の例でいえば、衛星の破壊がこれにあたります。まさか古い衛星を廃棄するためのクリーンな技術として認識している人もいないでしょうし、結局軍事技術でしかありません。

 中国が宇宙開発にこれだけ力を入れる理由は、第一に中国の科学力を世界に誇示することにあるでしょう。しかし、それ以上に軍事力に応用出来る分野を探しているのが実態であると思います。ICBMの精度向上はもちろんのこと、先日の衛星破壊技術などまだまだ技術を検証すべきところは沢山残っています。

 そしてこの分野はかつて米国の独壇場でした(一時的にソ連が抜いたことはありました)が、今後米国と対抗していくという意思を表したのが今回の記事でなはないかと思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年02月10日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:5

 軍部の独走との言う話もありますね。
 噂によると軍による胡錦濤の暗殺とか言う話まで出てきてますから。
 ま、チベットの件を考えれば、自業自得ですけど。

 あと毎日が馬鹿な記事を書いたようです。
URLに貼っておきます。

2007年02月11日 どらっへ URL 編集

私には中国が何をしたいのか、わかりません。アメリカに取って代わって世界の警察を気取るつもりなんでしょうか?このまま軍拡を続ければ、必ずどこかの国と摩擦が起きるでしょうし、世界中に恐怖感を募らせ嫌われ者になるでしょう。
まさか…世界征服でしょうか?危険ですね。
東アジアが益々、きな臭くなっていきますね。

2007年02月11日 水兵長 URL 編集

NASAに入り込んだ中国系米国人が機密を根こそぎ持って空港で逮捕された映像を見たことがある。

2007年02月11日 worldwalker URL 編集

>まさか…世界征服でしょうか?危険ですね。
そのまさか。
歴史的に見て支那は帝国主義国家だった。
その結果世界は自分を中心に回っているという悪名高い中華思想が生まれた。
近代になって実はとんでもない大きな井戸の蛙でしか無い事が発覚。
此れまでとは逆に惨めな植民地と成ってしまった。
帝国主義国家に蹂躙された屈辱が有るからこそ、今度は自分の番だと思っているはず。
恐ろしい事になりそうだ。

2007年02月12日 青雲大空 URL 編集

どらっへさん、
共産主義って必ず軍の勢力が強いですよね。そして軍は共産主義に関係なく右翼的になりやすいですね。

毎日の記事見ました。もう私がエントリにする来もないです(笑)

水兵長さん、
中国はアジアにおけるプレゼンスを確立したいと思います。宇宙への進出は、中国の膨張主義の一端と見るべきではないかと私は思います。(たとえそれが軍部の独走であったとしても)

worldwalkerさん、
米国の中国人留学生によるスパイ事件は散発的にあり、さらに中国に技術を持ち帰る技術者が未だにかなりの数がいるらしいです。

青雲大空さん、
コメントありがとうございます。
政府としては時期尚早という認識は持っているのでしょうけど、国民レベルでの国家主義的な発想は日に日に強まり、政府の押さえが効かなくなっているように思います。

2007年02月14日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。