スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【国内】閣僚に問題発言が多すぎる、特に防衛相は更迭すべき

 なんだかレベルの低い問題発言ばかりで、聞いている方も飽き飽きしてきます。これで民主党に勢いがあれば、内閣が瀕死の状態になるような発言ばかりですが、民主党も問題ある議員が多いために助かっているのでしょう。

 ・「女性は産む機械、装置」柳沢厚労相が大失言(iza)

 柳沢伯夫厚生労働相(71)は27日、松江市で開かれた自民県議の決起集会で、少子化問題について「産む機械、装置の数は決まっているから、あとは一人頭で頑張ってもらうしかない」と説明した。女性を機械に例える異例の発言に、女性識者らから「反感を感じる」などと批判が続出。夏の参院選に向け、野党側からも“集中攻撃”を浴びるのは確実だ。

 郵政造反議員の復党問題や事務所経費問題などで支持率低下にあえぐ安倍内閣から、今度は世の女性らを敵に回す“爆弾発言”が飛び出した。

 柳沢厚労相による問題の講演は、松江市で開かれた自民党県議の決起集会での「これからの年金・福祉・医療の展望について」。約30分間の講演で出生率の低下に言及し「機械って言っちゃ申し訳ないけど」、「機械って言ってごめんなさいね」などと、やんわりとした言葉を挟みながら「15~50歳の女性の数は決まっている。産む機械、装置の数は決まっているから、あとは一人頭で頑張ってもらうしかない」と述べたのだ。

 この発言に対し、1人息子を育てている生活コラムニスト、ももせいづみさんは「すごく反感を感じる」と顔をしかめる。放送プロデューサーのデーブ・スペクターさんによると、欧米の女性は「子供を産むのが役目」と言われて反論するとき「私たちはベビーマシンじゃない」という表現をよく使うという。デーブさんは「女性が最も嫌うのは機械に例えられること。自民党の次元の低い政治家の典型的な失言だ」とあきれ顔だ。

 折しも25日に安倍晋三首相にとって就任後初となる通常国会が召集されたばかり。“天下分け目”となる夏の参院選に向け、与党にダメージを与えようと必死の野党陣営が、柳沢氏の“失言”を突くのは確実だ。

 柳沢氏は講演後、発言の意図について「人口統計学の話をしていて、イメージをわかりやすくするために子供を産み出す装置という言葉を使った」と説明。「(発言の後)すぐに、大変失礼なので、どういう言葉で取り消したか記憶にないが、取り消して話を続けた」などと弁明したが“後の祭り”か…。これまでにも自民党内からは「選挙前に政権イメージが傷つく事態だけは避けたい」(参院中堅)との本音も漏れていたが、その悪い予感が的中した格好となった。


 ・久間氏、再び米を批判「普天間問題 偉そうに言うな」(iza)

 久間章生防衛相は27日、長崎県諫早市での講演で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)のキャンプ・シュワブ沿岸部(名護市)への移設問題をめぐり「米国は政府同士が決めたのだからそれをやったらいいというが、沖縄県知事がうんと言わないとできない」と、あらためて米政府の対応を批判した。
 イラク戦争をめぐる米大統領批判を含む一連の対米発言を繰り返したあと、久間氏自身が26日に発言自粛を宣言したが、すでに米側からは不快感も表明されており、日米同盟関係に現実の悪影響を与えかねない情勢。政府内では「安倍晋三首相も心配しており、対応を考えなければならない」(政府高官)と危機感も広がっている。
 講演で久間氏は、移設先の埋め立てに知事の許可が必要なことに触れ、「知事の意見を聞き入れながらやっていかなければならないのに、米国は分かっていない」と主張した上で「あまり偉そうなことを言ってくれるな。日本のことは日本に任せてくれ」と米側に伝えたと解説した。
 また、久間氏は24日の日本記者クラブでの会見で、イラク開戦について「核兵器がさもあるかのような状況でブッシュ大統領は踏み切ったのだろうが、その判断が間違っていたと思う」と発言。外務省筋によると、米側は直ちに外交ルートを通じて不快感を表明。日本側は大統領批判ではないと釈明した。国内でも、内閣不一致との指摘を受けた塩崎恭久官房長官ら官邸サイドが「政治家個人としての発言」と擁護する一方、久間氏に「誤ったメッセージを伝えることになりかねない」と注意を促していた。
 イラク戦争批判はそれ以前にもあったが、ブッシュ大統領の一般教書演説直後とあって、米国のAP通信は演説への反応の一つとして配信。「久間発言」はイラン大統領の「米国の新イラク戦略は今までの計画と同様、失敗に終わる」といった談話と同列に扱われ、米主要紙にも掲載された。


 柳沢厚労相の場合は、こうした発言を「一番してはならない人」のはずなのにしてしまったことが問題です。他の誰がするよりも一番インパクトのある人がこんな発言をしては、野党から突っ込まれない方がおかしいです。

 真面目にコメントさせて貰うと、私は「産む機械、装置の数は決まっているから、あとは一人頭で頑張ってもらうしかない」と言う発言は、完全に人的要素に原因を特定してしまったわけで、少子化に政府としてどのようなそ政策を行えるかという「環境的要素」を無視してしまっています。少子化対策を進んで行うべき政府の閣僚がこのような発言をすると言うことに、この内閣の危うさを感じてしまいます。

 そしてもう一人の閣僚である久間防衛相の発言は、今回で二度目です。米国に対してよっぽど嫌悪感を抱いているのでしょうか。イラク戦争にしろ、米軍再編問題にしろ米国主導で無理矢理付き合わされているところは無いとは言えません。しかし、ここで米国との協調関係を崩すことになんのメリットもありません。

 防衛相の発言は、失言というよりも彼の政治的素養の無さ(もしくは防衛問題に対する政府との政治的スタンスの乖離)が生んだものだろうと思います。このまま留任させておくと致命的な失策を犯す可能性があります。

 どちらの発言も内閣にとって大きな打撃ですが、防衛相の発言は軽視すべきではありません。出来ることならすぐにでも更迭すべきです。

 安倍首相も本当に人選に関しては失敗しているなぁというところばかりです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年01月28日 政治 トラックバック:- コメント:8

 久間はもう、黙っていたらどうですか?と突っ込みを入れたいですね。
 嫌いなのは分かりますが、立場を考えなさい。
 子供じゃ在るまいし。

2007年01月28日 どらっへ URL 編集

この人は色々と物議を醸し出しますな。
確か北朝鮮の核実験の時も何か問題を起こしたよ~な…。

2007年01月29日 危機!日本包囲網 URL 編集

かなり落胆してます。

自民もミンスーも....。

何やこのアホどもの集まりは。
狙いか?とも思ったりします。

こんなアホが政治家ですから、なめられますねん。早く更迭を

2007年01月29日 テツ URL 編集

安倍内閣は足元から崩れていく感じですね。
リーダーシップを感じられたのは小泉内閣時の拉致問題に関してのみ。
トップに立てる器じゃなかったんですかね。

いずれにしても、閣僚前面入れ替えを希望します。

2007年01月29日 とーとー URL 編集

機械…厚生労働大臣の発言とは思えない例えの表現ですね。せめて畑とかにしとけば、良かったのに。本人がそう思ってるから自然と出たのでしょう。
彼の奥様を可哀相に思わずにいられませんね。
久間のオヤジは口の両端に縦線書いてパクパクするだけにして、代わりに塩崎あたりが喋っていたら?腹話術人形のキューちゃんだよって(笑)
しかしまぁ、これだけ閣僚の舌禍が続くと誰か切らなきゃ収拾が付かないかも知れませんね。

2007年01月29日 水兵長 URL 編集

小泉さんは人事に関してはものすごく神経質で閣僚候補を飯島秘書官に政治的信念はもちろん私生活に関してまで徹底的に調べさせてたと小泉政権終了後にフジテレビで放送された番組でやっていました。自らも常時国会便覧で議員について調べていたそうです。ですから結果的にも初代外務大臣を除いて大きな人事問題はありませんでした。それに対し安倍さんはわざとやってるのかと言いたいくらいのセンスの悪さ。類は友を呼ぶと言いますが首相御本人が同類でないことを祈るばかりです。

2007年01月29日 かず URL 編集

オレは久間は好きじゃないんだが、個人的には米国にはこれくらい言ってやってもいいとおもう。
日本はあまりにも米国の言いなりであると感じることが少なくない。

2007年02月01日 worldwalker (・∀・) URL 編集

どらっへさん、
そう、日本国民のかなりの数が米国の強引さに不満を持っていても、防衛担当の閣僚が公式な場で言うのはまずいですよね。

危機!日本包囲網 さん、
多分自分の気持ちをそのまま発言してしまう人なのでしょう。政治家としては致命的だと思いますね。

テツさん、
政治家って面従腹背のところがあっても良いので、少なくとも国益を考えて欲しいですよね。

とーとーさん、
安倍首相はそう言った意味では見る目がなかったのでしょうね。

水兵長 さん、
この場を納めるには誰かが辞任するしかないでしょうね。

かず さん、
コメントありがとうございます。
首相はその舌禍を恐れるあまりに、大胆な発言が出来ないとしたら寂しいことですよね。

worldwalker (・∀・)さん、
確かに言いなりになっているところはあるのですが、日米安保が無ければ今の日本はほぼ丸裸になるので、そこを本気で考える政治家が欲しいです。

2007年02月01日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。