スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【国内】給食費、払わなければ与える必要もない

 変に子供の影響も考えてあげてしまっているのが問題だと思います。給食費を払わない親の氏名を公表しても良いし、その子供に給食を与えないのもやむを得ないと思います。

 ・「止めてみろ」給食費未納、親のモラル低下深刻(iza)

 平成17年度の1年だけで総額22億円の未納が明らかになった学校給食費。高知県の小中学校の全児童・生徒(約5万人)の給食費1年分にあたり、事態は深刻だ。全国調査は、未納者への対応に苦慮する声が相次いだことから実施されたものだが、「まさかここまで…」と絶句する教職員も。「払いたくないから払わない」。社会人としてのモラルに欠ける親たちへの対策はあるのか。

 「ブランド品で着飾った母親が集金袋にお金を入れない。子供が教室で泣いている」「高級外車を乗り回したり、携帯電話代を何万円も払っているのに、給食費は払わない親がいる」。最近の教育現場で、実際にあった報告だ。

 「頼んでない」「(給食を)止められるものなら止めてみろ」。督促に“逆ギレ”するケースもある。悪質なケースについて同省は「法的措置を講じた事例を参考としつつ対応する」としている。今回の調査の結果、強制執行などの法的措置を実施した学校は281校もあり、厳しい対応は今後も増えそうだ。

 広島県庄原市は、3人の子供の給食費77カ月分(約70万円)を滞納した保護者を相手取り本訴を起こした。困窮していないのに給食費だけでなく保育料や税金まで滞納していた保護者は裁判で、「義務教育だから払わない」などと持論を展開。これらの反論は認められなかったが、広島地裁は昨年12月、督促の時効(2年)分を除いた約10万円の支払いを保護者に命じた。

 未納者対策では、東京都葛飾区のように生活保護世帯に加算される給食費援助を校長の口座に直接振り込む措置を取ったり、神奈川県城山町のように集金袋を復活させたうえ、保護者に徴収を任せて未納率を下げた自治体もある。

 同省の調査では、未納を減少させた対策として、保護者との個人面談や家庭訪問などを通じたねばり強い説得が半数以上を占めた。しかし、これらの対策は、現場の教師の負担が大きい。

 一方、未納があったために、4000校が食材の質や量を落としていた事態も判明。自治体や学校が補填(ほてん)したケースもある。同省学校健康教育課は「一人くらいという気持ちが他の子供たちに影響を与えることに気づいてほしい」と注意を喚起した。


 大体この記事のような「金銭的余裕がないわけではない」のに払わない親は、「未納」ではなく「支払い拒否」でしょう。

 こんなのは窃盗と同じで犯罪行為だとも思います。

 今の世の中って権利だけを主張して、自分の義務を果たさない人たちが結構増えているような気がします。やっぱり左翼教師による教育の質の低下が効いてきているのでしょう。一刻も早く教育を何とかしなければ、日本人の質はどこかの国よりもひどくなってしまうでしょう。このあたりは非常に危機感を感じています。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年01月26日 政治 トラックバック:- コメント:20

全く同感です。
こんなモラルの低い人間が拡大再生産されないよう、教育改革は焦眉の急ですね。
「子供を戦争に送る為の改革」だのと印象操作の為にふざけたことを言って改革に反対している連中に騙されてはいけませんね。

罰則がないからと、逃げているのなら罰を与えるしかない。
義務を果たせなければ罰せられるということを、大人達にも教育する必要があるでしょう。

2007年01月26日 j.seagull URL 編集

給食費を払わなくても良いって考えが増えたって事は、もしかして左翼が増え続けているのでは?と思ったり…。
なんだか不気味な兆候でもありますが……支持政党を知りたいもんです。


考え過ぎですかねえ……。

2007年01月26日 危機!日本包囲網 URL 編集

 手緩いよ。強制的に給食費を差し押さえればいいんだよ。
 村八分にやればいい。そしたら、そんな事出来ないでしょう。
 この手の人達は痛い目遭わないと分からないんだから。
 晒してやればいいよ。
 腹立たしくて仕方ないよ。

2007年01月26日 どらっへ URL 編集

はじめまして。
くる天ブログランキングからお知らせです。
あなたのブログが当ブログランキングに推薦され、ランクインしております。
あなたのブログのアクセスアップにご利用ください。
http://ranking.kuruten.jp/
くる天ブログランキング

2007年01月26日 くる天ブログランキング URL 編集

高級外車を乗り回し、ブランド物を身に纏っても月々ニ~三千円程度も払えない?
習い事に払う金があっても給食には払いたくない?
こんな連中は何故に子供を作った?作ったのなら責任持って育てるべきではないか。望まずに出来た子なら、養子に出すなり施設へ預けろと言いたい。
「止められるなら止めてみろ」と言うなら止めてやればいいんです。給食の時間が来たら、「経済的に支払えない」家庭は別として「支払わない」家庭の児童だけ別室へ移すなり、「支払わない」家庭の児童だけでクラス編成して給食は無しってのもいいのでは?(差別云々と言われそうだけど)
給食費をきちんと支払っている親は、「支払わない」親にどんどん抗議してもいいと思いますけどね。

2007年01月27日 水兵長 URL 編集

こういう親が、子供を殺しちゃったりするんでしょうな。

2007年01月27日 おいどん URL 編集

j.seagullさん、
コメントありがとうございます。
どうやら給食費徴収のシステムを変えていくしかなさそうですよね。

危機!日本包囲網さん、
左翼の影響と言うより、左翼的個人主義が蔓延した結果だと思っています。これも日本の教育が腐ってきている証拠ですね。

どらっへ さん、
何でも子供のことを考えるのは良いのですが、給食費を払わない親を野放しにするのはどうかと思いますね。

水兵長さん、
後は支払わない親を公表するのも良いと思います。悪質なものは絶対に同情すべきではありません。

おいどんさん、
結局何もかも自分中心なんでしょうね(苦笑)

2007年01月27日 さいごう URL 編集

親が給食費を払わない家の子供の給食費を止める。

これはあたりまえのことなのに、人権問題だと騒ぐ。

騒ぐのは同和とか朝鮮人とか左巻きだ。

そして払わないのもこの3種類の親である。

2007年01月28日 worldwalker (・∀・) URL 編集

worldwalker (・∀・)さん、
どれも日本にとって有害な人たちですね。給食費だけではない問題ですね。

2007年01月29日 さいごう URL 編集

 給食費の支払い拒否がモラルの低下なら、NHK受信料の支払い拒否もモラルの低下ということになるはずですが、ほとんどのマスコミは、NHK受信料の支払い拒否をNHK批判の材料として肯定的に報道していました。NHKの不祥事と受信料は本来、直接関係ありません。公務員や政治家の汚職があっても、税金の支払い義務とは関係ありませんが、それと同じことです。マスコミはそんなことはわかっていながら、NHK受信料と給食費とでは、態度を180度変えました。“近頃の親”を批判したいという恣意がみえみえで、あまりにも不公正ではないでしょうか。

 もちろん、支払い能力がありながら給食費を支払わない親がいることは確かに問題で、こうした支払い拒否は子供に対する広義の虐待行為でもあります。だからこそ、子供に不利益が及ぶような未払い対策を肯定すべきではありません。差し押さえ等の必要性を否定はしませんが、費用対効果の点では現実的ではないともいえます。給食の利用を選択性にして、利用を選択しなかった親が子供に昼食を持たせなかったら、虐待として立件するのが最も現実的ではないでしょうか。もちろんその場合、支払い能力が低くても希望すれば給食を利用できるよう、補助制度を充実させることが必要です。最終的には、義務教育の公立学校では、無料または格安で給食を利用できるようにすることが理想的でしょう。義務教育は本来、完全無償であるべきです。

 なお、給食費未払いは全体の1%程度で、支払い拒否はその半分以下。全体からみれば、ごくわずかです。しかも未払い・支払い拒否の区別は学校側の独断であって、このようなデータを根拠に、“近頃の親”全般のモラルが低下したなどと煽る報道は恣意的としか言いようがありません。一部のマスコミ関係者は、社会が昔より劣化したなどというウソを主張したいがために、でたらめなニュースを作り上げていますが、そんなマスコミにだまされないようにしたいものです。

 ちなみに、給食費は民事の債務なので、その不履行で氏名を公表するなどということはとても妥当とは思えません。公表行為そのものが、名誉毀損という刑法上の犯罪になると思われます。支払いのお願いに行った学校関係者に支払い拒否者が暴力でもふるえば犯罪者として氏名を公表できますが、そういう方向から攻めてみますか?

2007年02月03日 kunarukante URL 編集

kunarukanteさん、
はじめまして、
コメントありがとうございます。
確かに本当に一部の親がごねているだけのようにも思います。
そこはマスコミの報道が正確性に欠け、話題性だけが先行しているように、私も感じます。
ただ、だからといって不払い者をのさばらせておく理由にはならないし、断固とした処置が必要だと思います。
その処置に関しては色々と方法論はあるかもしれませんが、そこに関しては枝葉末節であり、不払いの親たちを何とかすることが主旨ではないかと思います。
説明が足りていなければ申し訳ありません。

2007年02月05日 さいごう URL 編集

親が払わないのを子供に反映するのはおかしい。
その代償を子が負うべきなのか?
あまりに勝手な意見だと思う。

2007年02月07日 lemon_hacker URL 編集

lemon_hackerさん、
仰りたいことは分かります。しかし、親と子は義務と権利を共有していかなければなりません。
例えとして適切ではないかもしれませんが、親の年収と貯蓄を子供は選択出来ませんし、親の理不尽さに子供は耐えなければいけないときがあります。
給食費のこともそうで、例え義務教育といえども払うべき負担は当然あるのですから、それを負担しない家庭にはデメリットがあって当然だと思います。

2007年02月08日 さいごう URL 編集

給食費不払い(公共料金も)の根源は、「勝ち組・負け組の発想」だと思います。平たく言えば、「払ったものが負け」だと考えているのでしょう。

公共機関の人間は人の税金を使って、甘い汁をすっているじゃないか。
また、自分以外の人間は、大企業に勤めて高給をとっていたり、マネーゲームで荒稼ぎしたり、なにかずるい手で設けているに違いない。
だから、これ以上自分が負けないためには、タダで利益を享受すればいいのだ。だって、ほかの奴等は大なり小なり悪いことをしてうまくやっているじゃないか。

この現在の日本は競争社会なのだから、勝つことが正義、負け犬が損をするのだ。
義務がなんだ、利益が多く、ロスの少ない人間のみが生き残れるのだ。

拝金主義に成果主義、米国の悪いところばかり見習うから、こういう変な人間が増えるものと推察します。

2007年02月11日 千鳥屋 URL 編集

千鳥屋さん、
コメントありがとうございます。
払わないのが勝ち組と思っている人がいたなら、本当に悲しい人たちですね。

2007年02月12日 さいごう URL 編集

もし、子供にまで責任を押しつけとまた学校でいじめなどの問題が発生する元である。
こういう事まで考えていますか?

2007年02月14日 lemon_hacker URL 編集

lemon_hackerさん、
短いコメントでは真意は伝わりません。私も非常に伝えるのが下手なので、他人のことを言えたものではないのですが、今回のコメントでは、逆に「いじめを免罪符にすれば、どんなことでも許される」ことになってしまいますよ。

そもそも子供が、他の家庭の子供と生活環境を異にするのは、別に不思議でないし、全ての「差」を考慮しないことの方が不自然です。

私は給食費の問題といじめの問題は別に考えるべきだと思います。

2007年02月14日 さいごう URL 編集

うちの子供に言わせれば、子供の立場で考えたら理由はどうあれ親の責任を押しつけられるのは迷惑なことで、そういうことがいじめに発展する要素であり、子供としては許せない事だそうです。
私もそう思います。
処罰のしかたは他にも方法はあると思います。
そういうことで子供の一生に傷を負わせる結果になったら誰が責任取るのか?

2007年02月15日 lemon_hacker URL 編集

民事告訴して収入に差し押えなど手段は他にもいくらでもあるとあると思います。
社会的に処罰をあたえたいなら親の氏名の公開も出来るだろうし対策は出来ると思います。
個人的にも許される問題ではないと思います。断固として処分すべきでしょう。
ただ、行政の対応の悪さや教育の問題など含め一方的に手放しで相手を攻められる問題ではないと思います。
ただ、ほんとうに払える環境で無い家庭も多く存在します。
そういう家庭に影響のでない法処置を考えていただきたいと望みます。

2007年02月15日 lemon_hacker URL 編集

lemon_hacker さん、
何度か私も意見として説明したのですが、子供は独立した人格であると同時に、親の保護下にあります。だから子供に対して責任を持つのは親であると同時に、その親からの影響も当然甘受しなければなりません。私はそう思っているだけで、lemon_hacker さんの考え方を完全に否定はしません。「そう言う人もいるんだな」と思うだけです。ただ、「いじめのことを考えていますか」と聞かれれば、ここで議論すべき問題ではないと思っただけです。

ちなみに行政・学校側に全く日がないとは思っていません。保護者の側ももう少し自分の子供に対して責任を感じるとともに、学校側もきちんと対応すべき点は多々あると思います。給食費の問題でも、個々に色々なシチュエーションがあるので、もう少し個別に考えていく必要があるのかもしれません。

2007年02月18日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。