スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【日米】小泉時代の蜜月も終わったのか

 小泉・ブッシュの関係は非常に良好であり、お互いがお互いの政策を支え合っていました。イラク戦争時に小泉首相はいち早く米国への支持を表明し、日米関係の強固さを見せつけました。
 逆に北朝鮮関係では、米国が一貫して日本の姿勢に賛同し、共同歩調を取ったため、国際的に北朝鮮を制裁していこうという動きを取ることが出来ました。
 しかし、これからはその反作用に苦労することになるかもしれません。

 ・北朝鮮政策、圧力より「対話」…米大統領が教書演説で(読売新聞)

 【ワシントン=坂元隆】ブッシュ米大統領は23日の一般教書演説で、6か国協議を通じた「集中的な外交」に期待感を表明し、北朝鮮に対して圧力より対話を重視する姿勢を明確にした。

 背景には、イラク派兵のため軍事面に余力がなく、イラク以外の課題を国際協調に基づく外交解決に頼らざるえないというブッシュ政権の苦しい内部事情がある。

 5年前の一般教書演説では、イラク、イランと並んで北朝鮮を「悪の枢軸」と名指ししたブッシュ大統領だが、今回の演説では北朝鮮について、「核兵器のない朝鮮半島を実現するために中国、日本、ロシア、韓国のパートナーとともに集中的な外交を展開している」と述べただけで、核実験や国連安全保障理事会による制裁決議採択などへの言及もなかった。

 ブッシュ政権は今月、北朝鮮とは直接協議を行わないという従来の原則的立場を変更し、6か国協議の米首席代表のクリストファー・ヒル国務次官補が北朝鮮首席代表の金桂寛(キム・ケグァン)外務次官とベルリンで長時間にわたって会談するなど、北朝鮮に対する柔軟姿勢を見せている。来月第2週にも開催が見込まれる6か国協議の次回会合で、米国は北朝鮮が核廃棄に向けた措置に合意することに期待を寄せており、23日の一般教書演説にもそのような米政府の思惑が反映しているとみられる。

 ブッシュ第1期政権で国務省政策企画局長をつとめたミッチェル・リース氏は、演説について、「イラク戦争に時間や資源を取られるなかで、大統領が少なくとも北朝鮮問題については外交による解決を目指そうとしていることの現れだ」と分析した。


 一応念のために説明しておくと、米国が東アジア政策で日本以外の国を優先することは現時点ではあり得ません。クリントン時代の米中関係のように、民主党が政権を執ればあり得る話かもしれませんが。

 ただ、米国は国内でイラク増派への反対論が大きくなる中、これ以上北朝鮮に強硬な態度を続けることは決して得策だと思っていません。先日の米朝協議がどのような結果になったのか分かりませんが、北朝鮮が分かりやすい形で妥協すれば、米国は金融制裁を解除する準備があると話し合った可能性は非常に高いです。

 そうやって米国の関心が東アジアから離れていく中で、日本の防衛相はこんな発言をしています。

 ・久間防衛相「イラク開戦判断は誤り」と米大統領批判(iza)

 久間章生防衛相は24日午後、日本記者クラブで会見し、イラク戦争について「(イラクに)核兵器がさもあるかのような状況でブッシュ米大統領は踏み切ったのだろうが、その判断が間違っていたと思う」と指摘、ブッシュ大統領の開戦判断を批判した。
 さらに戦後処理についても「後をどうやってうまく処理するか、処方箋(せん)がないままだった」と述べた。
 7月で期限が切れるイラク復興支援特別措置法の延長問題については、主要国(G8)がイラクやアフガニスタンの復興支援などに参加している現状を挙げ「日本だけが何もしないでいいのか。(日本が撤退したら)足並みがそろわないのではないかという気がする。そういうことも判断の基準になってくる」と述べ、各国の動向を見極めることが重要との認識を示した。


 この人の発言が首相の考えを代弁している可能性は低いと思います。今まで何度も問題発言になりかけたところをぼりきっているので、今回もその一環だと思います。

 しかし、防衛を担当する大臣が米国との距離を置く発言をしたことは大きな問題です。安倍首相がどのようなスタンスかはっきりしない中で、米国との距離を置くスタンスが一人歩きする可能性があります。

 このような状況の中、日米関係は小泉首相時代の蜜月を終わろうとしているのかもしれません。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年01月24日 国際 トラックバック:- コメント:6

イラク戦争は間違いと言うくせに自衛隊は帰さない。全く意味がわからない人ですね。単純にバカなのかしら(笑)

2007年01月24日 かず URL 編集

何か嫌な予感してきますね。
きな臭いと言った方がいいのか。

少なくともブッシュは金が大嫌いで、ブッシュ政権中に何とかしたいと言っておったはずなんだが...。

2007年01月25日 テツ URL 編集

http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/20070201/nakaduri.html

久間っていうひとは昔からいろいろあるひとだねえ(笑)
これはもうだめかもわからんよ。

安倍さんの人事センスを疑う。
誰が久間を推したのか。
誰が松岡を押したのか(笑)

2007年01月25日 worldwalker (・∀・) URL 編集

 ブッシュの増派は早くも民主党議会から否決させそうとの事。
 レームダックですね。
 良かったな。ブッシュ、これで撤退できるぞ。
 金融制裁解除する必要も無くなりましたな。(←皮肉)

>久間

 見返りなんぞ与えるから、下らん事になるのよ。
 宰相は非情でこそあれ。

2007年01月25日 どらっへ URL 編集

安倍総理のアメリカへの対応と小泉前総理のとは違って当然なのですが、当のアメリカがブレては対応が難しいですね。
日本政府は今のうちに次の大統領候補とパイプを繋ぎ、今後を有利に展開すべきだと思います。
増派が議会で却下され、現有戦力の交代制なら、イラクからの撤退は次期大統領の仕事になるかも知れませんから。
大統領が増派を押し切った場合、大統領は任期を全う出来ずに辞める可能性もありますね。
アメリカと韓国、どちらが任期まで居座れるか楽しみです(笑)
ちなみに…久間のオヤジは現役自衛官からも嫌われてます(苦笑)額賀氏もたいしたことないオヤジでしたがまだマシ、経験者のクセに相変わらず無知な久間は、最悪だと(笑)石破氏はまだ人気ありますね。

2007年01月28日 水兵長 URL 編集

かずさん、
コメントありがとうございます。
私にはその単純な人にしか見えませんね(苦笑)

テツさん、
多分現情勢で米国は東アジア情勢に出来るだけ関与したくないかもしれませんね。

worldwalker (・∀・)さん、
この人は旧橋本派(津島派?)の中でも要注意人物ですね。

どらっへさん、
この人は能力でなく、順番で回ってきたポストですよね。

水兵長さん、
問題は、この久間防衛相が独断で訳の分からない発言ばかり繰り返しているところですね。

2007年01月29日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。