スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【国内】阪神大震災の責任を転嫁する社民党

 阪神大震災当時に自衛隊の災害派遣が遅れたのは、村山富市首相(当時)の政治的判断によるのが事実です。しかしながら災害派遣が決定された後も人命救助が遅れたことは確かに事実です。しかし、自らの責任を自衛隊に押しつけるのは止めて欲しいものです。

 ・衆議院議員 阿部知子のホームページ(キャッシュ

 2007/1/19 カエルニュース第253号

★☆ 国民保護は地方自治から ☆★
  
 毎年、藤沢市・寒川町の消防出初め式に呼んでいただいており、今年はご挨拶もさせていただいた。
 もともと小児科医であった私には救急車と救急隊員の皆さんとはかつて一緒に仕事をした間柄である。とりわけまだ若かった30歳代前半は毎日のように患者さんの検査や転院に付き添って救急車に乗っていた。また夜間当直では、次々と搬入されてくる患者さんに付き添う救急隊員からあれこれ情報を得ることが多かった。救急隊員は皆誠実で、どんな時にも一生懸命に患者さんのためにやってくれている。その姿は頼もしくもあり、国民の生命を守ってくれていることを実感してきた。
 「消防」という仕事は、赤い消防車に象徴される「防火」の分野と、火災以外のあらゆる災害からも国民を守る防災、そして白い救急車に象徴される「救急救命」の分野と多岐にわたる。1947年に制定された消防組織法にうたわれる如く、国民の生命・身体・財産を守る役割を担うのが「消防」であり、その責任は各市町村の首長にある。もちろん県や国もそれぞれにその市町村の仕事を支援する立場にあるが、決して指揮・命令系統ではなく、治安などの警察権限とも独立している。
 文字通り、国民の生命・身体・財産を守ることが地方自治に委ねられていることの意味は大変大きく深いと思う。そのための人材は、消防職員以外に各地区の有志の消防団員や防災ボランティアがこれを担うことからもわかるように、根っからの住民参加の組織である。
 安倍晋三政権になってから「国を愛する」・国防の強化などの言葉が氾濫し、あたかも外敵から国民を守るために国家の力=軍隊が必要であるかのように宣伝されるが、実は「軍隊は国民を守らない」という事実は戦争を通して如実に示されてきた。軍隊はもちろんのこと警察も、戦闘のためあるいは犯罪に対しての対処を第一とするため、国民保護は二の次、三の次となる。
 阪神大震災は12年目を迎えたが、国民を災害から守ることを任務とされているはずの自衛隊が、国による命令を受けて救援に向ったのは、数日を経て後のことであった。日本の場合、自衛隊は軍隊ではないし、国土保安隊として出発し、防災のたねにも働くことを任務としてきた特別な生い立ちがあるのに、である。
 こうした経緯もあってか最近は「自衛隊による国民保護」が強調されている。しかし、安倍首相の下で海外派遣を本来任務とするような防衛庁の省昇格が行われ、「軍事組織化」が進む中では、本当の意味での国民保護からますます縁遠くなるのではないか。
 それ故、住民・国民を守るためには、

第1は、まず国の役割としての平和外交、すなわちこれからも平和国家として歩むことを世界に意思として
     示すこと(戦争を引き起こさない)―憲法9条堅持

第2に、環境破壊の進む今日、津波や地震などの予期せぬ大災害に対しても自治体主導のしっかりした防災
     の取り組み(その足らざる部分を県や国が支援)とネットワーク体制の確立。

第3に、人間関係が疎遠となる中で、地域での共生力を取り戻すこと

 につきると思う。
 次々と目の前を通り過ぎていく真っ赤な消防車、そして最新の救命装置を備えた白塗りの救急車の登場を子ども達とともに待ち受けながら、今年一年の市民の息災と安心・安全をしっかり守る消防隊の活動に心からの期待を寄せたい。
                                                 阿部知子


 よくもまあ自分たちの党首が行ってきた行為に目を背け、これだけの発言が出来るものです。災害派遣の要請は第一に各都道府県知事にあり、「自主派遣」といって自衛隊独自に災害派遣を決定することもありますが、これを拡大解釈すれば社民党などから「国民弾圧」などと非難を受けるため、後付けで各都道府県知事の要請を付けることがほとんどでした。

 また、各都道府県知事以外にも阪神大震災当時に災害派遣を要請することが出来るのは、首相、防衛庁長官、海上保安庁長官や管区海上保安本部長、空港事務署長などがいたのですが、兵庫県知事の要請は混乱の中で遅れ、首相は災害派遣を行わない(後に方針転換)ことを決定したので、それ以下の閣僚、官僚が独自の判断で派遣出来るはずもありません。

 このような状況の中で、自衛隊は災害派遣の命令が出ることを予想して周辺の部隊に待機させ、被災地近くの部隊にはフライングながら救助活動を一部行っていました。

 このような状況で自衛隊を責めるのでしょうか。責められるのは、自衛隊の存在を「防衛力」に限定し、災害派遣をも脅威と捉えた村山首相(当時)に帰すべきではないでしょうか。

 もちろん、災害派遣が決定してからも自衛隊の行動は必ずしも期待通りの結果を残したとは言えません。それは初動が大幅に遅れたことも原因のひとつですが、「自衛隊は警察、消防と違い本当に地元に密接した拠点を持たない」、「ライフラインの途絶により人員、器材を迅速に集中することが出来なかった」ことが原因であると思います。それは自衛隊として反省すべき点でしょうが、そもそも自衛隊の存在を縛ってきたのは社民党(旧社会党)ではないでしょうか。災害派遣にしても過度な派遣を牽制するかのような行動に出ていたのは、社民党や共産党の人たちです。彼らが「弾圧部隊」などと言って災害派遣をも忌み嫌っていたのです。

 私は社民党の議員の多くがこれほど無理解なところに、いつも心を痛めていました。今回も同じような発言をして腹が立つと言うより、日本にこうした勢力が残存していくことに危機感を感じます。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年01月21日 政治 トラックバック:- コメント:9

社民党ほど国民に対して何の利益も齎してない政党はないのでは?
共産党は、地方に行けば困っている住民の陳情を聞き入れて動いてくれますが、社民党はグダグダ言い訳と理屈ばかりで何もしませんね。
参院選では今回も憲法で闘うそうですが、(ケンポー、ケンポーと喧しい。オウムの方が賢いわ)とっとと議席が無くなる事を祈ります。
新参の福島氏が党首になれるような(古参は烏合の衆なのかと考えてしまう)クズな政党に期待しませんから。

2007年01月21日 水兵長 URL 編集

テレビを点けると、瓦礫の山。なんで朝からSF映画やドラマをやっているんだと思ったんですが……あれが現実だったとは今でも忘れられない。
太平洋戦争の空襲や広島・長崎の原爆の後もこんな感じかなと連想。


中でも印象に残るのは、政治判断ミスによる救出活動の遅れ。これは当事者で無い人間からでも明らかに分かった。
なんせ、自衛隊がなかなか被災地に行けない。理由として自衛隊は、警察や消防車や救急車と違い、緊急でも高速道路を使えない、また高速料金を支払うこと。等の問題で、救出作業が大幅に遅れてしまったとも……。


自分達の党の理念を貫く為に、救出作業が遅れてしまった事は、明らかに政治判断の間違い。
この時、政府は暴力団以下のレッテルを国民から貼られしまった。


2007年01月22日 危機!日本包囲網 URL 編集

といいつつも、ここまでくればこの人はなにもわかっちゃあいない単なるおばさんですね。これが東大?だなんて....灯台でも燈台でもいいや。
新勢力を模索する一人だったりして.....笑

2007年01月22日 テツ URL 編集

基本的な知識や認識さえもってないなんて、議員の資質を疑うよなあ(笑)
阿部知子、小選挙区で一度も勝てない。しかたなく比例代表で議員をやってるゾンビ議員です。
社民党に投票する売国奴は死んでよし。

2007年01月22日 worldwalker (・∀・) URL 編集

 これ(URL参照)を見て、何か言えるのなら言ってもらいたいですね。
 その代わり、私は容赦しませんけどね。
 人として、一ナノでも良心の呵責があるならば今すぐ、議員辞職なさい。

2007年01月22日 どらっへ URL 編集

自分にとって都合の悪いことは全て忘却の彼方のようですなぁ・・・・。

近隣の自衛隊はちゃんと出動要請に備えて待機していました。
法律違反の恐れがありながらも要請が出る前に自主的に出動しましたし、出動要請の督促(出動させて下さい)までしたと聞く。

彼らに対して失礼にも程がある!

2007年01月22日 通行人A URL 編集

同じ仲間を仲間と思わない……阿部知子って人、ここのブログの人間と同じ気質を持ってるな~www
http://blog.m.livedoor.jp/jacky_pinky/index.cgi


2007年01月22日 灯台卒医学部出身で医者なのに残念な人 って…… URL 編集

大震災被災者の一人として、当時の社民党、村山首相の行いや言動に怒りを覚えたのを思い出しました。

訓練飛行名目で偵察飛行した航空機のパイロットが処罰されたことなど、ある種の都市伝説のように広がっていますが、兵庫県下での社民党への冷たい視線はいまだ根強いものがあると思います。

彼らのような国民の利益、国民の保護を目的としない政党は即刻政治の場から排除するべきだと思います。

2007年01月22日 ねたねこ URL 編集

水兵長さん、
本当にそうですね。共産党はトップが権力争いばかりしてどうしようもないですが、末端レベルでは自営業の人など結構お世話になっているのではないでしょうか。

危機!日本包囲網さん、
コメントありがとうございます。
あのときも最初は自衛隊への非難がほとんどだったはずですが、そのうち実情が分かり、社民党の無能さが露見してしまったように覚えています。
しかし、あそこまで人の不幸を理解出来ない輩も珍しいですよね。

テツさん、
本当にこの人は世間の流れが完全に読めていないのでしょうね。

worldwalker (・∀・) さん、
確かにそうですね。でも社民党は必ず比例区に入れてくるから、中では存在感があるのでしょうね。

どらっへ さん、
今回の社民党議員らの発言は、阪神大震災の教訓が全く得られず、他人に責任転嫁することだけしか考えていないようですね。

通行人Aさん、
自衛隊員も過去の軍人たちの過ちと同じだと批判されたくないから、大義名分を待っていただけなのに、この言い様はないですよね。

灯台卒医学部出身で医者なのに残念な人 って……さん、
はじめまして、コメントありがとうございます。
まあ、学歴で人を判断することは出来ないと言う好例でしょうね(笑)

ねたねこさん、
社民党はあそこまで無能さをさらけ出しながらなぜ国会に議席が残っているのか本当に不思議ですね。

2007年01月23日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。