スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【中国】ネットカフェ規制の先には

 今日紹介する記事の最後にもありますが、中国におけるネットカフェ規制の目的は「反政府活動潰し」が第一ではないかと思います。

 ・中国、強まるネットカフェ規制 「格付け」の試みも(iza)

 ブロードバンド(広帯域)インターネット利用者が7700万人を超えた中国で、一部で犯罪組織との関係もうわさされたネットカフェ運営に規制の“網”をかぶせる動きが強まっている。華僑向け通信社の中国新聞社によると、上海市で約900社のネットカフェが加盟する初の業界団体が4日までに発足した。店舗運営の健全性などルール作りを進める。北京市ではネットカフェ店舗を星の数で「格付け」する試みも始まっている。

 中国の若者を吸い寄せる娯楽施設と化したネットカフェだが、上海市では当局が監視の目を強める目的で発足を促した業界団体が上海市互聯網公共上網服務行業協会。市内では中小の900社の業者が1500店前後のネットカフェを開いており、ネット利用料などで年間14億元(約210億円)、パソコン本体やソフト、ゲーム類に加え飲食提供などで80億元前後を売り上げている。
 まだまだパソコンを買えない若者も多く、上海では日常的に約100万人がネットカフェを利用しているという。しかし照明を落とした店内が若者への麻薬販売の場に早変わりしたり、不法わいせつソフトや海外映画の海賊版ソフトの販売なども行われ、犯罪の温床になっているとの指摘も出始めていた。
 新たに発足したネットカフェ業界団体は、業者が申請した形をとって上海市から正式に設立認可を受けたが、実際には市当局が業界に対する監督を強めようと組織化したとみられている。業界団体では当局と協調し、今後は業界健全化のためのルール作りや環境整備を進め、店舗健全化と顧客へのサービス向上に努めていくとしている。
 すでに発足している北京市の業界団体、北京インターネット接続サービス協会では、ネットカフェ店舗運営の健全性や安全性などを総合判断、ホテルのように星の数で評価する「格付け」の試みを始めた。わいせつ画像など有害情報の取り締まりや、深夜の未成年者の立ち入り監視、セキュリティー対策なども評価項目にしている。公安当局なども抜き打ち検査を行って監視を強めている。
 こうしたネットカフェ対策は、犯罪防止や顧客の安全確保など表向きの目的に加え、2005年に各地で噴出した「反日デモ」など、若者の政治意識の高揚や扇動にインターネットが大きく影響することを当局が重く見た側面もありそうだ。若者を中心に情報化が急速に進む中国社会だが、政治問題と切り離せない悩ましさがネットビジネスに潜んでいるようだ。


 中国のネットカフェは国内の犯罪だけでなく、ボット化してDos攻撃の攻撃元になっていたり、結構悪名高い存在です。これを放置しておくのは、政府のモラルが問われても仕方がありません。

 しかし、その存在はPCを買うことも出来ない大多数の貧困層にとってメールチェックやWeb閲覧などの数少ない手段でもありません。これが規制されれば、インターネットに触れることも出来ない人たちが激増するでしょう。

 また、ネットカフェは中国国内でも反政府活動に使われているという実態もあり、それを潰すために今回の政府による規制があるとの見方もあり、私はそう思っています。中国のネット事情は何度もこのブログで書いてきましたが、ほとんどの場合政府に筒抜けです。ネットカフェではやや足がつきにくいものの、例外ではありません。しかし、そうは言ってもその活動家は多く、全てを取り締まることが事実上不可能だから規制してしまえと言うことなのでしょう。

 中国主催の北京五輪はあと1年半後に開催されます。そのときに向けて、環境面、モラル面など色々な面で改革に取り組んでいますが、民主化という意味ではどんどん後退していきます。それが全てを裏目にしてしまいかねないだけに、非常に気になるところです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年01月06日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:6

 私は元々、中国がまともになるとは思っていませんので本格的にネット規制してきたか。と言うのが感想ですね。
 北京オリンピックなんて止めればいいのに。
 個人的にはパリ開催の方が幾分かマシです。

2007年01月06日 どらっへ URL 編集

どらっへさん、
まあそうでしょうね。普通に考えて、中国が本気で取り組んでいるとは考えにくいです。

2007年01月09日 さいごう URL 編集

いつまで続くのかなあ。
今は中国の暗黒時代だと思う。
イヤ、マジで。

2007年01月11日 worldwalker (・∀・) URL 編集

worldwalker (・∀・)さん、
しかし、この政策は当分続くと思いますね。胡錦涛国家主席の独断専行ではなく、すでに集団指導体制に移行していると私は見ていますから。

2007年01月13日 さいごう URL 編集

初めまして。いつも拝見させて頂いています。

>胡錦涛国家主席の独断専行ではなく、すでに集団指導体制に移行していると私は見ていますから。
私も同じ事を思っていました。それほど力があるようには思えないんですよね。

私は中国に住んでいますが、今の中国のインターネット事情は本当に最悪ですね。
とにかく重いし、検閲が激しい。
暗黒時代か…そう考えるとそうかもしれませんね。

2007年01月16日 K'sRemix URL 編集

K'sRemix さん、
はじめまして、コメントありがとうございます。
今中国に滞在なさっていると言うことは、生で中国の変化を感じ取ることが出来ているのですね。うらやましいです。中国人は汚職があっても自由な社会と、規制が多くなってきた今の社会のどちらが良いと思っているのでしょうね。

2007年01月18日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。