スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【国内】イラク特措法、2年延長?

 まあ、これはしょうがないでしょう。しかし、米国で派遣の是非が議論になっている中では、日本もイラク復興支援をどうするか議論する時期でしょう。

 ・イラク特措法を延長へ…2年軸に調整、空自輸送を継続(読売新聞)

 政府は28日、イラク復興支援特別措置法の2007年7月31日までの期限を延長する改正案を来年の通常国会に提出する方針を固めた。
Click here to find out more!

 航空自衛隊による空輸活動に対する米軍や国連の需要があるため、活動を継続すべきだと判断した。延長期間は09年7月末までの2年間を軸に調整する。

 政府は、イラク情勢が依然として不安定で、〈1〉多国籍軍や国連による復興支援活動が来年7月以降も継続する可能性が高い〈2〉米連邦議会の「イラク研究グループ」の「08年3月までに戦闘部隊の国外撤収が可能」とする報告書を踏まえ、米軍の活動は08年春までは少なくとも続く――との見方を強めている。

 イラクに現在派遣されているのは、空自隊員約210人とC130輸送機3機。クウェートを拠点とし、イラクのバグダッド、アルビル、タリルの各空港に米軍などの人員や物資、国連職員や物資を輸送している。

 空輸活動を開始した04年3月から06年12月下旬までに430回以上、計約500トンの人員・物資を輸送した。最近も、月15回前後の空輸を続けている。

 イラク特措法は4年間の時限立法で、最大4年間の延長が可能と定めている。

 延長幅について、政府は2年を軸に与党と調整する考えだ。ただ、与党内には、「毎年改正案を提出し、延長について国会の承認を得た方が良い」との声もあり、1年とする案も出ている。


 陸上自衛隊が帰国してから注目度が減ってしまったイラク情勢ですが、航空自衛隊を中心に今も派遣が継続しています。

 日本ではもうすぐ正月ですが、隊員の中にはクウェートで正月を過ごす者もいます。イラクへの派遣の継続が日本の国益に叶うかどうかを、今の時期に考えるのも必要だと思います。

 日本人の大半が正月を過ごすこの時期に、海外で任務に励んでいる隊員のことも考えてみるのも良いかもしれません。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年12月30日 政治 トラックバック:- コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。