スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【国内】在日朝鮮人の不正貯蓄まで税金で負担

 この問題は裁判で解決したとはいえ、非常に疑問の残る解決方法です。まさに在日朝鮮人の特権を象徴するかのような実例です。

 ・旧朝銀破綻処理、公的資金41億円追加投入へ(朝日新聞)

 在日朝鮮人系の金融機関だった朝銀東京信用組合の破綻(はたん)処理をめぐり、預金保険機構は、41億8000万円余の公的資金を28日に追加投入する方針を決めた。ある男性が架空名義で預金した脱税資金を払い戻す必要が生じたことが原因。脱税行為は7年以上前ですでに時効が成立しており、今秋、払い戻しを命ずる判決が最高裁で確定した。

 訴訟記録によると、東京都内でパチンコ店を経営する男性(81)は、長年にわたり飲食店やパチンコ店の収入の一部を裏金にして脱税し、朝銀東京に設けた架空名義の口座に預金。その残高は50億円を超えた。

 朝銀東京は99年に経営破綻し、預金の一部を男性に払い戻したが、02年4月以降は架空名義だったことを理由に男性への払い戻しを拒否。同年12月、架空名義預金は整理回収機構に引き継がれた。

 これに対し男性は03年12月、34億円余の払い戻しを求め、整理回収機構を提訴。預保機構は「脱税資金を貴重な公的資金で払い戻すのは正義に反する」と反論したが、今年9月、最高裁で原告の勝訴が確定した。

 整理回収機構は、二審判決のあった今年5月に、遅延損害金6億7000万円を含む41億円を男性に仮払いした。これに訴訟費用などをあわせた41億8400万円を補填(ほてん)するよう今月21日に預金保険機構に申請した。朝銀東京の損失穴埋めにはこれまでに公的資金2060億円が投入されたが、申請が通れば、2102億円に膨らむ。


 脱税して不正に貯蓄した「架空名義の口座」の資金をなぜ日本国民が負担しなければならないのでしょう。

 「架空名義の口座」というのは通名のことでしょう。だから通名は犯罪行為に加担していると言っても過言ではないのです。

 脱税は脱税、破綻は破綻と別問題で考える必要もあるでしょうが、そもそも犯罪で得た貯金がまだ存在しているというのが納得出来ません。

 陰に隠れて不正な貯蓄を殖やしてきた在日朝鮮人たちは、今だにその利益をむさぼっています。この件は、在日朝鮮人と逆差別について日本国民がよく考えるきっかけになって欲しいものです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年12月29日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:4

 バカな話ですね。
 この判決出した裁判官を罷免したいですよ。

2006年12月29日 どらっへ URL 編集

脱税して作った裏金を返せというジジイが在日朝鮮人だからとか、破綻したのが朝銀だからではなく、これは日本人や日本の銀行がやっても同じく許されない問題です。腹が立ちますよ。
この強欲ジジイは、片足を棺桶に突っ込む歳で41億もの金を返して貰って、一体何をしたいのだろう?さぞかし立派な葬式が出来るでしょうよ。
そんなに金が大事ならあの世まで持って行けばいい。
三途の川の渡し船は豪華客船でしょうね(笑)
地獄にお逝きなさい。

2006年12月30日 水兵長 URL 編集

最高裁の裁判官はこれが妥当なは決だと本当に思っているのかねえ。
にわかには信じがたい話では有る。

2007年01月11日 worldwalker (・∀・) URL 編集

どらっへさん、
不正だと分かっているのになぜ返還するのでしょうね。

水兵長さん、
全くその通りだと思います。不正に蓄財した金がなぜ返還されるのかまっとうな理由を聞きたいものです。

worldwalker (・∀・) さん、
私も未だに信じられません。

2007年01月13日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。