スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【中国】日中間の歴史の溝は埋まるのか

 初めて「日中歴史共同研究委員会」の会合が開かれたようですが、今後この会合は発展していくのでしょうか。中国の捏造された歴史の象徴である「南京大虐殺」は国家的な宣伝材料になっているため、中国の認識を大きく変えることは出来ないでしょう。

 ・歴史認識での対立緩和へ、日中研究委が北京で初会合(読売新聞)

 【北京=末続哲也】日中両国が設置した「日中歴史共同研究委員会」の初会合が26日、2日間の日程で、北京で始まった。

 同委は、日中両国の有識者による歴史共同研究を通じ、相互理解を深め、両国間の歴史認識をめぐる深刻な対立の緩和を目指す。2008年を目標に結果をまとめる。

 共同研究では、両国関係に影を落とす歴史論争を専門家に委ねることで、歴史問題が政治交流に及ぼす影響を薄める効果が期待されている。反面、共産党独裁体制下の中国では、「党の利益」に合致する歴史認識が優先されるため、双方の主張がすれ違いに終わる恐れも大きい。

 26日の初会合では、中国側座長の歩平・社会科学院近代史研究所長があいさつし、「侵略戦争の責任を否定する言行を十分に警戒する必要がある」とクギをさした。

 一方、日本側座長の北岡伸一・東大教授は「事実に即して対話をすれば、ふくらんでしまった(日中間の)イメージのギャップを、もう少し埋めることができる」と訴えた。

 歴史共同研究は、10月の日中首脳会談で合意。11月の日中外相会談で同委設置が決まった。同委は日中双方の有識者各10人が参加し、「古代・中近世史」と「近現代史」の2分科会を設置。26日午後と27日午前に全体会合を開き、同午後には分科会に移る予定。

 初会合では今後の検討課題や委員会の運営などについて意見交換する。


 まあ、この人たちも分かっているかもしれませんが、いきなり核心を突くような「南京大虐殺」などの研究に向かうと破談になるのは必至です。ここは認識を一致出来る部分から始めるのが良いでしょう。

 どうせ中国は自分たちの主張を翻すはずもないですから、ここはすぐに解散させて中国の対応を批判するというのもひとつの手ですが。

 私としては、少しでも中国が日本の歴史認識に対する理解を示すことが重要であり、今回の試みもうまく行くことを願っています。

 そして願わくば、中国が宣伝材料としての歴史を利用するのをやめてもらえば、と思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年12月27日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:5

ぶち壊しにしてやるのも一興ですが。

問題の時期に南京にどれだけの人間が居て、日本軍の占領後に何人残ってたか。
その差の内で生きて脱出したのがどれだけいたか。

これらの数字が正確に提示出来ない時点で「何人殺されたか(大虐殺だったか否か)」なんて不明と言うしかない。

この問題は論じるだけ無意味ということを強硬に主張すべきでしょう。

2006年12月27日 蝦夷王 URL 編集

 江沢民は日本に永遠に歴史問題をいい続けろと言っていた奴です。
 そんな奴を頂点に捨てていた組織など信用に値しません。

 第一、歴史認識なんぞ一致するわけが無いのですから。

2006年12月27日 どらっへ URL 編集

参加予定者達自身が「共通認識など不可能」と言っているそうですから、委員会が紛糾するのはこちらも覚悟しているのでしょう。

いっそのこと確たる証拠を提示して、向こうの主張を尽く撃破していただけたら、と期待するのは高望みでしょうか?

議事録のような物が残るのなら、それを公開してみるのも面白そうです。

2006年12月28日 通行人A URL 編集

歴史認識の差が埋まる事は、どちらかの国が亡くなるまで無いでしょう。

2006年12月28日 水兵長 URL 編集

ていうか、中国にとって歴史認識は「日本からカネを引っ張る打ち出の小槌」ですから。

一番悪いのは日本の左巻き、盲目的左派、自虐史観にとらわれた連中。

こいつらがいなければ中国におもねるような世論も政策も出るはずが無いんだから。

2006年12月29日 worldwalker (・∀・) URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。