スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【国際】国連分担金、絶対におかしいと思うけど

 結局現状維持と言うことですね。国連自体に別に金を払っても良いですが、今は完全に払いすぎです。そもそもそれに見合う外交成果を得ているのでしょうか。

 ・国連分担金比率の算定式維持、日本は3ポイント低下へ(読売新聞)

 【ニューヨーク=白川義和】国連総会第5委員会(行政・予算)は21日、2007~09年の国連通常予算分担金比率について、現行の算定方式を維持することで合意した。

 日本は経済の伸び悩みにより、2004~06年の分担率19・5%から約3ポイント低下する。

 同委員会で続いていた算定方式の改定協議では、日米が、経済成長を続ける中国の負担増を求める改定案を提示。一方、途上国グループと中国は米国の負担増を求めて対立し、結局、現状維持で決着した。

 分担率は世界全体での国民総生産(GNP)総計に各国のGNPが占める割合を基に計算する。日本は中国(現行2・1%)、ロシア(同1・1%)の負担増を念頭に、常任理事国に3%または5%の下限を設ける案や、国民所得が低い国に適用されている割引率を削減する案を出したが、合意を得られなかった。


 中国やロシアがひどいのではなく、日本がお人好しだと思いますね。これだけ払っても常任理事国にすらなっていませんから(まあ、なったからどうという話ではありません。)

 国連に対して日本は約300億円を毎年負担しているのです。国内では税金の使途に対して細かくチェックされますが、こうしたお金がどのような効果を上げているかをしっかりとチェックしないのは片手落ちです。

 少なくともドイツ、イギリス、フランス並みの6~8%で十分だと思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年12月23日 国際 トラックバック:- コメント:2

常任理事国からアメリカを除いた分よりも払っています。
ですが発言権は非常任理事国並の低さと聞く。

一方で国連で働いている日本人の割合は先進国中最下位らしい。
中国の方が多いと言う話も聞く。

日本が提案した案件はかなりの割合で葬り去られる。
一方で数年後には常任理事国(特定はあえてしない)が同一の提案を行う。

貢献しようと努力をしても、”日本だから”というだけで妨害されている気がします。

色んな意味で”払いすぎ”と言えるでしょう。

2006年12月23日 通行人A URL 編集

私は逆だと思います。経済大国日本がある程度の金額を負担する事は構わないとしても、それが国連職員の高額な給料と年金などに支払われて有効に活用されないのなら払う意義がないと思うのですが。

2006年12月25日 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。