スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【中国】まさに錬金術、日本のODAは貢ぎ物?

 さっきせっかく記事を書いていたら消えてしまいました(涙)すでに仕事でフラフラで書く気力も無くなってきているのですが、振り絞って書いていきます(私事で失礼しました)
 閑話休題、中国は日本のODAについてどう思っているのでしょうか。すでに何度も対中ODA廃止を検討していますが、政府はきちんと国民に納得出来る説明をする責任があります。

 ・日本のODAは操られている 北京空港、2度目の上場(iza)

 ODA(Official Development Assistance)。日本語で政府開発援助という。
 日本政府が開発途上国の経済・社会基盤の整備や福祉向上などのために、資金や技術を提供する協力のことだ。
 資金はもちろん主に日本国民の血税で賄われている。だが、日本人が国際社会の平和と発展を願って、“善意”で提供している資金は、いったいどのように使われているのか。
 2008年8月に開催される「北京五輪」を控え、建設ラッシュが続く、成長著しい中国。日本から依然として多額のODAが提供されているが、その使い方をめぐり、日本人への信義違反となりそうな問題が浮上した。
 中国最大の空港運営会社である「北京首都国際機場」(機場は中国語で空港の意味)が香港に続き、上海証券市場でも株式上場による市場からの約600億円の資金調達を計画していることが21日、明らかになった。
 北京国際空港の第2ターミナル建設時には、日本政府が1993年度から3年間で総額約300億円のODA資金を供給し、99年に完成している。
 しかし、中国政府はODA原則に反して空港組織を株式会社化。日本との事前協議もないまま、この会社を独断で2000年2月に香港で上場し、批判を浴びた経緯がある。当時、日本の外務省は中国側に「遺憾の意」を伝達していた。
 しかし、今回さらにこの会社を上海でも上場させるというのだ。いわば「2匹目のドジョウ」を狙った資金調達だ。原則を踏み外す信義違反が再び繰り返されることになり、日本の対中ODAをめぐる論議が再燃するのは必至だ。
 市場関係者によると、銘柄コード「0694」で香港市場の主板(メーンボード)に上場されている北京首都国際機場(首都機場)は、上海市場で最大8億株の新規発行を行う計画を香港証券取引所に届け出たという。
 中国政府が、北京国際空港で日本から得たのは、円借款と呼ばれる総額約300億円の有償資金協力。円借款を含む日本のODAは、個別の民間企業案件を排除するのが原則だ。
 しかし、中国政府は供与が終了したことを理由に、日本政府を無視して空港組織の株式会社化と香港での上場を強行した。
 そのため、小泉純一郎前首相時代には「対中ODA政策見直し論」が巻き起こった。
 上海への上場で調達する資金は、北京五輪に向け、北京国際空港のターミナル整備などに充てられる見通しだ。
 だが、円借款として日本から年利1%前後の低金利で融資された約300億円分については、10年の据え置き期間を経てようやく一部の返済が始まったばかり。ODA制度を乱用し、株式で中国の関係者が潤っているのが実態だとの指摘もある。
 上海での上場計画も、日本との事前協議が本来、求められるはずだが、日本の外務省は「中国から正式な通知はきていない」としている。
 一方、上場に当たってはODA資金で建設されたターミナルも「首都機場の優良な資産」と投資家には説明される可能性が高く、中国が自らの努力で北京空港を作り上げたとの誤った印象を与えかねない。
 証券市場への株式上場は、将来の企業の成長性を投資家に先行して買ってもらうことで巨額の資金を得ることだが、中国政府にとっては「錬金術」と映り始めているのかもしれない。
       (河崎真澄)


 日本のODAが操られていると言うより、日本の外務省職員や政治家が操られていると言った方が正しいでしょう。

 対中ODAについての是非が話題になったことは何度もあります。そのたびに政府は国民に納得の行く説明をしてきませんでした。

 ODAは日本の外交戦略にとって「武器」となるものです。日本の領土に難癖をつけ、歴史に対しては捏造を強制させようとする国に対して金を与え続けるメリットはありません。

 ODAを供与することで中国の世論が親日に傾いているという証拠がどこかにあるなら説明して欲しいです。先日ODAを減額するという話があったときには王毅大使は逆に怒っていました。こんな国に対して供与する義理はありません。

 もうすでに遅いですが、本気で廃止を議論すべきです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年12月22日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:5

 止めろ。どうせ、中国は環境問題などに回す訳も無いのだから。

2006年12月22日 どらっへ URL 編集

ODAのカネが日本の政治家や役人にキックバックされているというはなしはよく聞く。事実なら日本社会のしくみが腐っているといえる。ていうか中国へのODAの停止は決まっているのだが、繰り上げてでもやめられないのかと思う。

2006年12月23日 worldwalker (・∀・) URL 編集

こんにちわ。MAKIと申します。
ODAは確信犯っぽい。
開発援助で支援した費用は、日中双方の世間では知らないのが実情。
支援事実を抜きに反日など戦争責任を持ち出し、外交カードとして使うしたたかな中国政府に何も言えない日本政府はワケアリだったり。

2006年12月23日 maki URL 編集

国交回復以来、何度も指摘されていたことを未だに性懲りも無く続けている。
ODAは国民の血税から捻出されているのだから、もっと有効にかつ国策に沿うように使ってほしい。

仄聞するところによると、ODAによって建てられた建築物には必ず”日本国の援助によって建てられたことを示すプレート”が目立つ位置に設置されると聞く。
しかし、中国にだけはそのプレートが存在しないということだ・・・・。

2006年12月23日 通行人A URL 編集

ODAで浮いたお金で、反日キャンペーンや、軍事費にまわされたり、中国自身のODAがあったりするからじゃない?

2006年12月23日 nae URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。