スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【北朝鮮】これで同意が出来ると思っているの?

 基本的には交渉戦術の一環なんでしょうが、これでは話し合いの余地は全くないのでは、と思わせるような主張です。

 ・北朝鮮「核兵器は廃棄対象から除外」意思示す(聯合ニュース、Yahoo!ニュースより引用)

 【北京21日聯合】北朝鮮が米国との核廃棄履行措置論議の過程で「核実験に成功した核保有国」になったことを強調し、廃棄対象から核兵器を除外するという意志を示したことが21日、明らかになった。

 これは、「すべての核兵器と現存する核計画」を廃棄対象に規定している6カ国協議共同声明の内容とは相反するもので、核実験を契機に保障内容を大きくしようという北朝鮮の交渉戦術と分析される。

 6カ国協議に精通した外交消息筋は、「北朝鮮はそうした主張で交渉の優位に立とうとしている。米国はもちろん関係諸国はこれを無視する姿勢」と伝えた。しかし、北朝鮮が今後もそうした立場を堅持すれば、交渉はさらに困難になっていくと懸念を示している。


 ちなみに米国は北朝鮮に攻め込むことをしないのは、イラクに地上戦力を集中させているからと言うのが日本国内の大方の意見です。

 しかし、今回は違った考え方を紹介します。そもそも朝鮮半島が分裂することになったのは、何が原因でしょうか。朝鮮戦争直前は、南朝鮮側に訓練された兵力などほとんど存在せず、北朝鮮による統一目前でした。その北朝鮮を支援したのがソ連であり、中国です。結果として北朝鮮は戦術上の失敗などもあり、在日米軍などに戦況を盛り返され、38度線で休戦することになりますが、朝鮮自体の流れとしては共産主義化するのが趨勢だったと私は感じています。

 つまり、ここで米国の介入がなければ韓国など現在存在しないと言うことが分かるのですが、その米国がなぜ韓国に介入したのでしょうか。それは皆さんご存じの通り朝鮮半島を共産化させたくなかったからです。

 それでは、共産化と言ったらソ連の影響力を恐れたからでしょうか。それも間違いだと思います。当初の兵力としてソ連の支援は大きく、北朝鮮軍自体ソ連の装備や訓練を受けてきていました。しかし、開戦直前にはソ連は米国との直接対決を恐れ(そうで無いという意見もありますが)、北朝鮮に駐留していたソ連軍を大方撤収させています。

 よって朝鮮戦争で活躍したのはソ連軍ではありません。中国の義勇軍です。つまり、簡単に朝鮮戦争の様相を整理すると、「中国」対「米国」の代理戦争だったのです。

 ところで現状に戻りますが、北朝鮮が崩壊するシナリオとしてはどのようなものがあるでしょう。「クーデターによる現政権崩壊」、「金正日亡命による自然消滅」、もしくは「核兵器や大量破壊兵器を実際に使用して米国との戦争になる」など色々なシナリオがあります。

 問題はどのシナリオでも、現時点では北朝鮮を占領する米軍の地上戦力が存在しないのです。たった在日米軍、在韓米軍あわせて数万の兵力では、国境を越えて大挙押し寄せる中国人民解放軍の影響力には勝てません。よって崩壊後は中国の影響下に置かれる可能性が非常に高いのです。

 つまり、いくら北朝鮮への強硬策を採る共和党政権でも基本的には「現体制の維持」が現状での目的なのです。

 北朝鮮はこうした事情を分かっているからこそやりたい放題なのですが、ここで日本の役割があるのです。日本が強硬な世論に傾き、戦力を北朝鮮に向かうことすらためらわない状態になったときに、北朝鮮の考えているパワーバランスは崩れます。

 北朝鮮が恐れているのは、実は日本の態度かもしれない、そんな話でした。私はこの考えに結構同意出来ますね。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年12月22日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:4

もし北朝鮮が「南侵」した場合には最小限の防衛行動をしつつ国連安保理で何らかの決議を要請し、事実上韓国を見捨てるって方向ですかね。

北朝鮮は今回「瀬踏み」のつもりだったのかも知れませんが、アメリカの期待を裏切ったことと中共の面子を潰したことは予期した以上に今後に響きそうだな、と思いました。

2006年12月22日 蝦夷王 URL 編集

 その提案はアメリカを舐め過ぎでしょう。
 地上兵力の投入などしなくても脅しの空爆くらいは出来るでしょう。
 クリントンの時のソマリアみたいに。
 その時に金正日の求心力が保っていられるでしょうか?
 フセインはやってのけましたけど、奴には無理でしょう。
 どうやら、6カ国協議は誰も譲歩しないで終わりそうですね。
 アメリカの怒りと中国の怒りを買っただけと言う結果で。

2006年12月22日 どらっへ URL 編集

>>国境を越えて大挙押し寄せる中国人民解放軍の影響力

そんなことにはならないでしょう。
北京五輪まで人民解放軍は動きません。逆に言うとあと1年半がアメリカにとってのチャンスじゃないでしょうか。どうせ北朝鮮の戦闘機は燃料不足で飛べませんし、北朝鮮軍は兵士の食料の補給も弾薬の補給もできません。そのうえ北朝鮮兵士の2割が開戦後逃げ出すといわれている。
あっという間に米軍と韓国軍の連合軍が制圧するんじゃないですか。

2006年12月23日 worldwalker (・∀・) URL 編集

どうやら何の成果も無いまま協議は休会したようです。
誰がこんな条件で制裁を解除すると思うんでしょうかね。何のために六ヶ国協議が開かれたのか…
まともに話も出来ない相手にこれ以上譲歩しても無駄です。

2006年12月23日 水兵長 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。