スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【国内】長勢法相に死刑執行を止めろと主張する亀井氏

 私は死刑執行の問題は法相の判断で決められるものではなく、国会で議論した末に判断を下すべきだと思います。こんな横から圧力をかけるやり方は民主主義への挑戦ではないでしょうか。

 ・死刑廃止議連:法相に「任期中執行しないよう」申し入れ(毎日新聞)

 超党派の国会議員でつくる「死刑廃止を推進する議員連盟」(亀井静香会長)は19日、長勢甚遠法相に対し、任期中に死刑を執行しないよう申し入れた。長勢法相は「非常に重い判断だが、被害者のこともあり、裁判制度の下で執行しないのはどうか。悩ましいと思っている」と答えたという。杉浦正健前法相は、死刑執行命令書への署名を拒んだまま9月に退任している。


 杉浦前法相の態度も非常に気にくわないですが、長勢法相に死刑執行拒否を求める議連のやり方にも疑問を持ちます。彼らがやっているのは右翼団体が街宣車でがなり立てるのとレベルは変わらないと思いますね。それを国会議員がやっている時点でさらに恥ずべき行為だと思います。

 議員が団結するなら国会の場で行って欲しいものです。また、主張する場が欲しいなら国民の前で主張してもらいたいです。

 こうやって閣僚に申し入れるのは国会議員の仕事ではないでしょう。議席を持っていない団体が行うのであればまだ理解は出来ますが。

 それはそれとして、死刑廃止は何の根拠があって言っているのでしょう。私は刑の加算制度(強盗と殺人なら両方の懲役が加算される)や無期懲役と死刑の間の終身刑も新設すべきだと思っています。国際的にどうとか、人権問題とか言う前に被害者のことを考え、再発防止のためには厳罰が必要と絶対に思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年12月20日 政治 トラックバック:- コメント:4

 裁判結果を無視するのは行政の司法への介入だと思います。
 本来、法を変えるのが筋であり、そんな無駄な事をする亀井の品性を疑います。

>刑の加算制度

 私も賛成です。一刻も早く導入すべきだと思います。

2006年12月20日 どらっへ URL 編集

死刑の下が仮釈放有りの無期懲役って罰則の体系はおかしいので一刻も早く終身刑を導入すべき。
死刑廃止の是非は難しい問題かも知れないけど終身刑を追加するのに障害があるとは思えない。
これをやらないことこそ立法府の怠慢です。

2006年12月21日 蝦夷王 URL 編集

死刑制度があるにもかかわらず死刑執行に署名するなと圧力をかけるなら、国会に諮るべきでしょう。いきなり法務大臣への抗議は国会議員がやる行為ではないです、国民を無視しています。
先日、マブチモーター社長宅を襲った連中に死刑判決が出ました。彼等は再犯どころか常習犯です、ましてやムショで連るんで出所してからの再犯です、更正の余地が有りますか?いっそ殺してあげた方が彼等は成仏できるのではないでしょうか?
虐めも然別、凶悪犯罪もそうですが、やったモン勝ちかよ?やられた人間は何も言えないんですよ、被害者は生きていないから(怒)
それでも加害者を守ると言うならば、死刑反対論者の身内がむごったらしい犯罪に巻き込まれればいい。絶対に賛成に回るから。
最後に…終身刑と犯罪による刑の加算は当然だと思っています。

2006年12月22日 水兵長 URL 編集

亀井を死刑にしたらいいのでは?

と無茶なことを言ってみる。

2006年12月23日 worldwalker (・∀・) URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。