スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【韓国】良くも悪くも日本から卒業できない

 昨日からずっと韓国の話ばかりしているのですが、韓国は面白いほど日本を意識しているのでつい取り上げてしまいます。良くも悪くも韓国は日本から乳離れできないと言う印象です。

 ・【コラム】韓国は日本を追い越せる(朝鮮日報)

 韓国の現代経済研究院が「韓国は日本を追い越せない」という報告書を発表した。また「追い越すためには日本をまねてはならない」という提言も行った。その前提となる論理に従えば、こうした指摘はほとんどが的を得ている。だが、もしその論理が逆だとしたら、結論も解決法も間違っていることになる。つまり韓国は日本を追い越すことはできるし、追い越すためには日本をまねなければならないということだ。

 まず日本に追いつけないという結論はおかしい。日本は昨年から人口が減り始めた。韓国はこのまま行っても2018年までは人口が増加する。

 また日本は来年から大学進学志望者の数が定員を下回るほどの「高齢者大国」となり、保護者の教育熱も下がってきている。だが韓国人は昔牛を売ったように、今では家を売って江南で賃貸暮らしをすることもいとわないほどに教育熱が高い。

 さらに、経済の勢いを示す潜在成長率も、日本は2%台を推移している。一方韓国はいくら落ちたと騒ごうとも、その倍に当たる4‐5%だ。つまり潜在力も、意欲も韓国の方が上なのだ。それにもかかわらず「日本にはやはり勝てない」と音を上げるのは、第三者から見てもおかしなことだろう。

 58カ月にも及んだ日本の景気回復傾向が、低迷する韓国経済の現状と対照的であることは現代経済研究院が報告した通りだ。実際に芳しくない状況が何年間も繰り返されれば、意欲に満ちた人でも沈んでしまうのは当然だ。

 それなら潜在力も、意欲も韓国に及ばない日本が、なぜ調子を上げているのだろうか。それなりに事情に精通している人なら誰でも知っているこの理由を明確に示すことができていたなら、現代経済研究院の出す結論も変わっていたかもしれない。

 日本が善戦しているのは、「頼りになる政府」があるからだ。日本政府が経済活動における意欲や成果を支える役割をうまく果たしたのだ。

 現在、日本の成長を支えている原動力は、言うまでもなく企業の国内投資だ。だからといって以前にはなかった「企業家精神」が突然息を吹き返したわけではない。日本の企業家たちはこれまでも確かなビジョンを持っていた。ただ今までは、それが米国や中国、東南アジアの方向を向いていたのだ。そのビジョンを国内に引き寄せたのは、政府だった。

 日本政府が湿っぽい愛国心に訴えたり、「ビッグディール」といった大仰な政策を持ち出したわけではない。ただ労働規制、首都圏規制といった足かせを解いてやっただけだ。

 一方、韓国が低迷している一番の理由は、政府が役立たずだからだ。これは決して盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権を非難するためにわざわざ持ち出した話ではない。あくまで「韓国経済が日本経済を追い越すために」という趣旨の話だ。盧武鉉政権も、経済で日本を追い越す必要もなく、韓国と日本の間には解決しなければならないもっと重要な問題があると考える人にとっては「良い政府」であるかもしれない。

 韓国の経営者にも企業家としての「ビジョン」がないわけではない。ただ、かつての日本のように、それを海外で実践しているだけだ。韓国政府が労働規制、首都圏規制のような企業活動の範囲を狭める規制に固執しているので、何ともしようがないのだ。

 皮肉なのは、こうした規制はすべて、過去に日本のシステムをそっくりまねて作った日本風の規制だということだ。現在日本が推進している教育改革も、過去に韓国がお手本とした古い日本式の規制を本家本元が廃棄していることを意味する。まるで、日本は「ナイキのシューズ」に履き替えたのに、韓国は「下駄」を履いて走っているようなものだ。「これではあまりに不格好です」といくら指摘しても身じろぎもしない政府、盧武鉉だろうが誰だろうが、日本を追い越そうとするのにこんな政府では勝負にならない。

 韓国が日本を追い越すことは可能だ。同じリングの上で戦うのに、図太く意欲にあふれた方が勝って当然ではないのか。ただし勝つためには、日本が成功したシステムをまねた上で、それよりはるかに良いシステムを作らなければならない。もちろんこれは政府の役目だ。そのためには政府が変化するか、でなければ国民が政府を変えるのだ。

朝鮮日報/朝鮮日報JNS


 先日紹介した記事への反論のようなものです。こうやって日本を模倣することに反対、賛成の議論が出てくる自体、日本から卒業できていないと感じます。

 この記事の執筆者は経済成長率は韓国が上だと主張していますが、これを金額に直すと面白いことになります。こちらのデータから日韓のGDPの概算値を取ると、日本が4兆5000億ドル、韓国が7800億ドルです。この値で日本が2%の成長率だと900億ドル増えていきます。韓国は4%だと312億ドルです。この状態が続けば日韓のGDPは永久に開き続けます。

 そんな反論を続けるまでもなく、韓国の経済が日本に追いつくとしてもかなり先の話になるのは確かです。

 しかも、韓国経済の目標が日本であり、その成長モデルとして日本を模倣するというのはあまりにも意識しすぎでしょう。別に無理とは言いませんが、そうした意識を改革することがまず最初に必要ではないでしょうか。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年12月19日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:6

 日本よりも世界を見ろよ。
無理だろうけどさぁ。

2006年12月19日 どらっへ URL 編集

たいした資源も無く、同じ極東にある先進国を目標とすれば、日本しかありませんね。
私は他の話題にも書きましたが、やはり良い物を作るという点に国民性というか、オリジナリティの意識の違いも日本と韓国の差なのでは?と考えます。
韓国だって良い品物で他より先を進んだ製品を、と考えている人はいるでしょう。今後はもっと独創性を持った人が増えれば、日本云々などと言わなくても良くなるでしょう。
まだ気付いてないのかな?

2006年12月19日 水兵長 URL 編集

パクリものばかりをつくっていては、到底ムリですね。最初は物まねからでよいのですが、それをふまえて、目新しいものをつくらないと...。未だにそれが全くないからなあ。かなりムリがあるねえ。

2006年12月20日 テツ URL 編集

"宮司を強迫し、韓国人を新役員に…鳥居も撤去" 脱税目的で京都の神社を乗っ取り! 神社本庁が刑事告発★6
1 :( ´`ω´)@ちゃふーφ ★ :2006/12/19(火) 23:22:06 ID:???0

★ 本庁が刑事告発

 報告事項では、京都舞鶴市内の神社において、宮司を強迫の上、代表役員変更登記が
行われた事件が発生したことから、神社本庁が刑事告発したことの説明があった。
 府神社庁の調査によれば、被告発人は「同神社の土地を買い取ったので、神社を潰す」
などと言って宮司を強迫。被告発人らが総代会を開き、韓国人三人を新役人に選任している。
 脱税を目的とした神社乗っ取りと見られ、十一月二十二日には、同神社の社務所・石鳥居が
撤去されたことが確認されている。

ソース(神社新報・画像):http://www.vipper.net/vip146262.jpg

2006年12月20日 touma URL 編集

国際的な物流から疎外されるのを心配したほうがいいかもね。
日本、韓国、中国の3国よりも、日本、中国の2国のほうがシンプルで日本、中国、インドにほうがコストパフォーマンスに優れている。
もうそろそろ「いらない国」となってしまう可能性を重要視すれば!

2006年12月20日 あ25ら URL 編集

日本の模倣をやめたら死ぬんじゃないか?(笑)

日帝が奪ったの.日帝がスケート靴隠したニダ.
 ((⌒⌒)) ファビョーソ!!    
    |||| 
  ∧_∧  韓国人は優秀なの.韓国は優秀!
 ∩#`Д´>/ ̄ ̄/ バン!!ムキィ!
 ( ミつ_// LG /   バン!!
  {二二} 三三}ついでに安藤美姫は在日ニダ.

2006年12月23日 worldwalker (・∀・) URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。