スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【国内】教育基本法成立、次は何を具体化するか

 教育基本法を改正したことは、今後にとっても意味のあることです。しかし、これが替わったからといって具体的に政策が変わるわけではなく、それは今後の安倍首相のリーダーシップ次第と言うことになります。

 ・改正教育基本法が成立 「公共の精神」強調(iza)

 安倍内閣が最重要法案と位置付けていた改正教育基本法が15日夕の参院本会議で、自民、公明の与党の賛成多数で可決、成立した。「教育の憲法」と呼ばれる教基法の改正は昭和22年の制定以来初めて。抜本的な見直しにより「公共の精神」の重要性を強調、教育の目標に「我が国と郷土を愛する態度を養う」ことなどを掲げた。
 改正教基法は18条からなり、前文では「伝統を継承し、新しい文化の創造を目指す教育を推進する」と明記。新たに「生涯学習の理念」「家庭教育」などの条項を盛り込んだほか、政府は教育振興基本計画を定め、国会に報告、公表すると規定した。
 国会審議を通じて「愛国心」をめぐる評価の在り方が大きな焦点となったが、安倍晋三首相は「内面に入り込んで評価することはない」とする一方で、「どういう伝統や文化を持っているかを学習する態度を評価する」とした。
 民主、共産、社民、国民新の野党4党は改正教基法の撤回や廃案を主張。衆院では、野党が委員会での与党単独採決に反発して審議を拒否するなどして抵抗した。民主党が参院へ対案として提出した日本国教育基本法案は廃案となる。
 改正教基法は小泉前内閣が先の通常国会に提出したが、継続審議となっていた。


 この基本法についてコメントするとすれば、公明党によって骨抜きにされたものの、変化させたことに意味がある、と言う程度です。

 教育基本法は変えることで今後に影響しますが、日教組などは絶対に今のやり方を変えるつもりはないでしょう。だからこそ、何を具体化するかが重要になってきます。

 基本法の成立までは小泉前首相が土台を作っていました。安倍首相はその土台を今完成させただけで、その上に何を盛っていくのかを期待されています。

 私個人としては、日教組と全教を解体して教員に組合を結成させても政治的活動を禁止させる措置が必要だと思います。本当は組合活動全般を否定したいですが、そこまで踏み込むにはコンセンサスが得られるかどうか微妙ですから。

 とりあえず、成立は歓迎します。しかし、これからが本番です。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年12月16日 政治 トラックバック:- コメント:1

ありゃりゃ、成立してたんですか。
日本にいなかったので知りませんでした。

日教組解体、クズ教師解雇!!!

2006年12月18日 worldwalker (・∀・) URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。