スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【中国】著作権は政府のためにある

 どうもこの記事を読んでいると、著作権を守らせるというより、音楽ファイルの流通も政府の統制下に置きたいというそれだけに感じます。

 ・ネット音楽配信には文化部の許可が必要(人民網日本語版)

中国文化部はこのほど、「文化部のインターネット音楽発展・管理に関する若干意見」を公布し、中国国内で配信されるすべてのインターネット音楽商品は、文化部による輸入許可もしくは記録が必要と規定した。中国新聞社のウェブサイト「中新網」が伝えた。

「意見」によると、インターネット音楽の輸入業務は今後、文化部が認可した収益性インターネット文化機関で運営されなければならない。無断で輸入ネット音楽を配信した場合は、文化部が法律に基いて取り締まるほか、通信管理部門に報告し、関連ウェブサイトを法律に基いて処理する。インターネットを通じて配信予定の中国国内の音楽は、文化部に報告し記録されなければいけない。

ネットワークを通じて配信される輸入ネット音楽は、収益性インターネット文化機関によって文化部に申請されなければならない。申請時に提出する報告書類には、著作権証明書の原本、通信ネットワーク配信権利書の写し、中国語歌詞・外国語歌詞を含んだ番組ディスクが含まれる。

文化部は今後市場参入について厳しく取り締まり、内容の管理を強化するとしている。ネット音楽業務に携わるものは文化部が審査し発行する「ネットワーク文化経営許可証」を取得しなければならない。また外資企業のネットワーク文化の経営機関設立を禁止している。

文化部の要求によると、これまでに国内で配信され、現在も配信・運営されているネット音楽商品は、2007年3月1日までに「意見」の要求に基いて、文化部に内容の審査手続きを済ませなければならない。輸入機関も同期間中に、ネット音楽の審査手続きを申請することができる。期限を過ぎても申請がされないものは、無断で輸入ネット音楽を配信したとして法律に基いて取り締まる。法により発売されていない国内映像・音楽商品が通信ネットワークで配信された場合も、関連する要求に照らし合わせて、2007年3月1日までに文化部に報告されなければならない。(編集IA)


 どうやら政府の管理の下に置かれるとは書いていますが、諸外国の著作に関して適正な著作権料を払うようなことは全く書いていません。

 結局はこの政策も中国人民のネット統制と、政府の収益源になる可能性が大です。もちろんネットの著作権侵害を根絶することも視野に入れているのでしょうが、それは副産物でしかないようです。

 中国では大手検索サイトが普通に著作権情報なしのmp3の検索を行い、それが人気コンテンツになっています。結局検索サイトであろうが、政府であろうが、中国人民自体であろうが、著作権自体には興味がなく、そのコンテンツに群がる蟻たちのようなものです。そこからむしり取るだけ取りたいようです。

 この結果がどの程度反映されるか分かりませんが、いくら政府がこんなことを言ってもすぐには何も変わらないでしょうね。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年12月13日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:1

こんばんは。
えらく買い占めして、諸外国へ流していましたね。
wiiもそうみたいです。
めちゃくちゃですわー。
日本から立ち去れ!
こんな国に著作権など言っても無駄!国家賠償ぐらいに....。

2006年12月13日 テツ URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。