スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【国内】毎日新聞、愛国心否定のために必死

 そもそも愛国心という存在を過激派、プロ市民、左翼系政治団体の手で封印されてきた現状において、アンケート結果でその存在が曖昧だとか定義が定まっていないと主張するのは本末転倒でしょう。

 ・記者の目:なぜ今、愛国心=松本杏(鳥取支局)(毎日新聞)

 ◇「格差」はぐらかすためか--歴史に学び、法で縛るな

 今年ほど「愛国心」がクローズアップされた年はなかった。特に、安倍内閣が最重要法案と位置付け、今国会での成立が確実になった教育基本法の改正案に盛り込むことの是非を巡って論議を呼んだ。しかし、なぜ今、愛国心なのか。この夏、若者を対象に実施した一つのアンケートを通じ、考えてみたい。

 そもそも愛国心とは何だろう。法律で規定できることなのか。こうした疑問から、毎日新聞鳥取支局は今夏、鳥取県内の大学生400人に意見を聞いた。一地方都市の、戦後教育を受けてきた若い世代の考えとはいえ、実態があいまいな愛国心という概念を知る手掛かりになるとも考えた。

 18~26歳の計331人(男175人、女156人)が答えてくれた。結果を端的に言えば▽愛国心は「必要」だが、教育基本法に盛り込むことに「反対」が多数派▽教育基本法に規定することで、日本社会が「悪くなる」が「良くなる」を大幅に上回る▽9割が高校卒業までに愛国心を教わった経験がない--の3点に集約できる。

 具体的に紹介する。愛国心を感じたことが「ある」は77%、「ない」は22%。「どんな時に感じたか」(6項目から二つまで選択)では「スポーツイベント」(71%)「学術・文化などで評価・活躍した時」(30%)と続いた。北朝鮮によるミサイル発射直後の調査だったが、「領土問題など国際摩擦が起きた時」(22%)は3位で、「日の丸を見たり君が代を歌った時」(6%)は最下位だった。

 63%が愛国心は「必要」と答えたが、彼らに教育基本法に盛り込むことの是非を問うと、「反対」(51%)が「賛成」(14%)を圧倒した。規定されると、日本社会が「悪くなる」(34%)との答えが「良くなる」(15%)を大幅に上回った。

 こうした学生の反応について、戦時教育史に詳しい児童文学作家、山中恒さん(75)は「既に『日の丸・君が代』の押しつけの実態を見ているからではないか」と分析した。国旗・国歌法の成立時、政府は「内心にまで立ち入って強制しない」としたが、日の丸・君が代の起立・斉唱が教育現場で強要されている現状を見て「愛国心でも同じことが繰り返されるのでは」と感じ取ったというわけだ。

 愛国心と愛郷心が「異なる」と考える学生が、6割いたのも興味深かった。元防衛庁長官の石破茂衆院議員は取材に「故郷に戦力がないのが決定的な違い」と語り、男子学生(20)は「愛郷の延長には家族があり、愛国のそれには天皇がいる」と答えた。いずれも、言い得て妙と感じた。

 学生の考える愛国心を記述式で問うと、76%が回答した。肯定派は▽国の文化・歴史を誇りに思う心▽国を守る心、を挙げ、否定派は▽(戦争や政治で)国に都合がいいもの▽対立の原因、などと書き込んだ。答えはまさに千差万別で、この結果からも、個々でとらえ方の異なる内心の問題を法律で規定することに、妥当性はないように思う。

 愛国心教育のあり方が議論になったのは、自民党を中心に戦後教育を見直す動きがきっかけだった。「公共の精神が希薄になった」と嘆き、政府・与党は先の通常国会に「我が国と郷土を愛する態度を養う」ことを「教育の目標」とする改正案を提出。しかし、「愛国心の強制につながり、内心の自由を認めた憲法に抵触する」などの反対意見が出され、継続審議に追い込まれた。

 今国会では、政府の教育改革タウンミーティングでの「やらせ質問」や必修科目の履修漏れ、いじめの「3点セット」問題が噴出し、愛国心問題は置き去りにされた感が否めない。政府側は「十分に審議した」との姿勢だが、国会での議論を、採決前の単なる手続きとみているように思える。こんな態度で、1947年の制定以来、初めてとなる改正を決められてはたまらない。

 なぜ今、愛国心か。給食費を払えない家庭の子どもや正社員になれず不安な夜を過ごす若者、働いても豊かさを実感できない中高年、わずかな預金や年金を気にして病院に行けない高齢者……。広がる「格差」から目をそらせるため、「国と郷土を愛する」というソフトな言い回しで国民をまとめ上げようとしているのでは、と思いたくなる。

 「愛国心」は六十数年前、戦争という国策に利用され、反対すれば「非国民」のレッテルが張られた。国家権力は歴史から謙虚に学び、国民に「愛国心」を課すより愛される国を目指してほしい。気持ち良く国歌が歌えるような国を。


 そもそも愛国心を涵養するための教育が必要になったのは、左翼勢力によるモラル崩壊工作によるものです。ジェンダーフリーにしろ、天皇制否定にしろ、左翼勢力の根底にあるのは現体制の打破です。どんなきれい事を並べようともその部分は変わりません。

 先日の記事で、南京大虐殺を否定するプロ市民の特徴について多少説明不足だったところがあったので、今回それを含めて説明します。

 過激派、プロ市民は世間に広い支持を求めようとしている割に自分たちの活動はひどく排他的です。その証拠に、ひとつのプロ市民活動団体を見つけたらそれを検索してみてください。きっと「沖縄米軍基地反対」、「自衛隊イラク派兵反対」、「従軍慰安婦問題」など様々な活動に賛同する団体として出てくる可能性が高いと思います。しかもたいていの場合、賛同団体一覧が出てきます。

 その一覧が問題なのですが、基本的に類は友を呼ぶというか、基本的に同じ団体ばかりが重なって一覧に含まれています。私は経験上、ある反政府活動に賛同団体として記載の阿ある団体は100パーセント他の団体にも賛同しており、その結果100パーセントプロ市民団体と見ることが出来ます。

 南京大虐殺の時に説明した団体が信用できないと書いたのは、他の検索結果を確認した上でのことですし、それを説明する時間がなかったのでそう書いたまでです。

 話が今回とずれましたが、愛国心を否定する団体も決まった団体しかいません。哀れなのはそれを知ってか知らずか報道するマスコミです。特に毎日新聞はプロ市民に偏った報道をしており、どう考えてもその意見に賛同しているとしか思えません。

 今回毎日新聞がアンケートをした結果は、いみじくも日本に愛国心が必要だと示しています。国を愛する心が否定されてきたからこそ、国家(そして故郷、家族と言い換えてもいいです)の中における自分の存在を認識できなくなっている若者が目立つようになってきたのです。

 同じ結果を見ても、私は教育の変革に対する必要性を強く感じます。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年12月12日 政治 トラックバック:- コメント:4

おばんです。
これが「鳥取支局」の記事だというのが怖いですね。

2006年12月12日 いなちゃん URL 編集

故郷と日本を離れた経験から言わせれば、愛郷は故郷を離れてより深くなる物、愛国とは国を離れて他国の人間と接して、より深く思う物という考え方も出来ると思いますが。軍隊の有無なぞ関係ないでしょう。石破氏のコメントを引き出した時点で怪しげな意図を感じます。
家族→地域→国と規模が大きくなって括り方や呼び方が変わっただけで、大差は無いような気がしますけど。
愛国イコール天皇と結び付けた学生の方が、危険な香りがしますよ。
スポーツの国際試合での国旗掲揚と国家斉唱は許すけど、教育ではダメって言ってる事自体が愛国心を妨げているんじゃないですか?学校以外でどうやって国歌を教えて歌えるようにするのか、考えてから愛国心を語るべきでしょう。
住み良いこの国に生まれて良かった。この郷土、この国を大事にしたいと思えるような教育や、政治が愛国心を育てるには必要だと思います。

2006年12月13日 水兵長 URL 編集

 国は己を守る一番外側の殻。
それを守らずして、有事にどう対処するおつもりなのか聞かせていただきたいですね。

 今、愛国心を教えなければならないような教育を今までしてきた方が恥だと思いますが。
 滅びるべきは日教組ですよ。

2006年12月13日 どらっへ URL 編集

>そもそも愛国心を涵養するための教育が必要になったのは、左翼勢力によるモラル崩壊工作によるものです。ジェンダーフリーにしろ、天皇制否定にしろ、左翼勢力の根底にあるのは現体制の打破です。

全くその通り。日本人の美徳を崩壊させたのはお前達サヨクだ!

>▽9割が高校卒業までに愛国心を教わった経験がない。

毎日新聞は自分で書いていて気付かないのですかね?『実態があいまいな愛国心という概念』が蔓延したのは、サヨクが教育現場で考える機会を奪った結果なんだと。

教育の場で「強制はダメ」という矛盾。平和を望みながら国防を放棄する矛盾。愛国心を天皇・戦争と直結させる愚。もう「売国サヨクは氏んでくれ」としか言いようがない(涙)。
v-37

2006年12月13日 やや右寄り?のベル URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。