スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【国内・プロ市民】議論すら封じることこそ危険

 南京大虐殺の話です。プロ市民は議論をするまでもなく自分が正しいと主張しますが、自分たちの見たものだけが正しいというのはあまりにも傲慢ではないでしょうか。

 ・南京大虐殺:親族ら失った蘇さん「伝えたい」 下京で集会、体験談聴き入る /京都(毎日新聞)

 ◇悲惨な歴史繰り返さぬよう、悲劇を心に刻み込み戒めに

 南京大虐殺で親族らを失った蘇国宝さん(79)が証言する集会「届けたいけど届かない南京からの声」が8日、下京区のひと・まち交流館京都であった。蘇さんが涙をぬぐいながら語る悲惨な体験談に、約40人の聴衆は聴き入っていた。【細谷拓海】

 今夏、訪中した「銘心会南京友好訪中団」の参加者のうち、関西の学生5人が「南京60カ年学生実行委員会」を結成。訪中で理解を深めた虐殺の実態を「体験者がいなくなる前に伝えなければ」と集会を企画した。

 南京大虐殺は1937年12月以降、南京城周辺で行われたとされている。当時10歳の蘇さんが暮らしていた南京郊外の湖山村にもやってきた日本兵は何人もの村民を殺し、多くの家を焼いたという。3歳だった蘇さんの弟は水死させられ、それに怒った伯父は目の前で首を切られた。「祖父、伯父、弟……。10人の身内を殺されました」。涙を流しながら、声を振り絞った。

 「中国の若者だけでなく日本人にも、過去にどんなひどい出来事があったのか知ってもらいたい」と語った蘇さん。「悲惨な歴史が二度と繰り返されぬよう、悲劇を心に刻み込むことで戒めとしていかなければ」と締めくくった。

 上京区の女子大学生(23)は「歴史の教科書では短くまとめられていて、具体的な出来事までは知らなかった。『大虐殺はうそ』という意見もあるが、そういう話が起こることで蘇さんのような被害者をさらに傷つけることになる」と顔を曇らせた。


 蘇さんという人が正しいかどうかは現時点では断言は出来ないし、それが国民党の仕業かもしれないなど、色々な疑問も残りますが、少なくとも検証なしに信じろと言う方が傲慢な考えです。

 少なくとも人情論で身の上話を聞くことと事実の検証は別次元で進めていく必要があります。穿った見方をすればその人が現場にいたかどうかも分からないですから。

 ちなみに断言はしませんが、今回の「銘心会南京友好訪中団」はかなり怪しい団体だと私は思っています。検索してみたらこんなのが出ました。

 ・映画「南京1937」上映妨害に対する抗議声明文
1998年6月11日

私たちは、1998年6月6日、映画館『シネマ・ベティ』(横浜)において、映画「南京1937」上映中に行われた自称右翼団体構成員によるスクリーンの切り裂き行為を断じて許しません。

「南京1937」は、南京事件を背景に、上海から南京へ避難する中国人医師と日本人妻の一家を中心とした三つの家族の悲劇を通して、生命の尊さを描いたものであり、日本に対する民族的な恨みを描いたものではありません。「南京1937」を上映する目的は、この映画を通して、未だ日本において正確に認識されていない南京事件を深く理解し、日中両国民の相互理解と真の友好を築くことであります。

この「南京1937」上映の機会を暴力によって妨げようとする行為は、表現の自由に対する重大な挑戦であり、日本の過去の歴史を覆い隠そうとするものであって、私たちはこのような行為に対して断固抗議します。

わたしたちはこのような妨害に屈することなく、映画「南京1937」の上映を続けて行きます。

ノーモア南京の会
「南京1937」全国上映委員会
「南京1937」京都上映実行委員会
「南京1937」メモリアルソサエティ
三重大学「南京1937」・「ナヌムの家Ⅱ」上映実行委員会
不戦へのネットワーク
恋民の会
アジア太平洋地域の戦争被害者に思いを寄せ心に刻む三重の会
旧日本軍による性的被害女性を支える会
南京大虐殺60カ年全国連絡会
南京大虐殺60カ年大阪実行委員会
銘心会南京(友好訪中団)事務局
伏見・平和のためのとりくみ実行委員会
地球市民ネットワークきょうと
部落解放同盟京都府連合会
JR西日本労働組合
カトリック正義と平和京都協議会
カトリック部落問題委員会
映画センター全国連絡会
協同組合全国映画センター


 これを見てたいていの人は気付くと思いますが、「部落解放同盟」だとか「JR西日本労働組合」だとか怪しい団体がごろごろしています。

 別にそれがどうしたという人はそのまま記事の内容を判断してもらえば構いませんが、私は彼らが言うことをまともに信じる気はありません。

 それにしても過激派やプロ市民と言われる連中は自己の正しさを主張しますが、相手と議論すると言うことをあまりしません。したとしても暴力でねじ伏せようと言う子供以下のやり方しかできない人たちです。もう少し大人になって相手の意見でも聞く度量を持って欲しいものです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年12月11日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:3

 正直、気持ち悪いとしか思えない。
 逆に教科書が短くまとめている意味を考えたらどうなんでしょうか?
 自分が傷ついているフリをしているのは勝手ですが、お前達が傷付けたものに対しての言葉はないのでしょうか。
 呆れます。

2006年12月11日 どらっへ URL 編集

悲惨な目に遭った人はあまり多くを語りたがらない人が多いようです。
このプロ市民達はこの老人を引きずり出して心の傷を広げている。
この老人が本当の被害者ならば、随分酷いやり方と思いますね。

2006年12月12日 水兵長 URL 編集

> 少なくとも人情論で身の上話を聞くことと事実の検証は別次元で進めていく必要があります。

というのはまったくおっしゃるとおりだと思うのですが、にもかかわらず集会の主催団体についての断片的な情報のみから、証言それ自体の「検証」をすることなく、「彼らが言うことをまともに信じる気はありません」と結論してしまうのはおかしいのではないでしょうか?

2006年12月12日 Apeman URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。