スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【北朝鮮】北朝鮮人権侵害問題啓発週間です、北朝鮮の人権侵害を広めましょう

 12月10日から16日までの1週間、法務省主催による「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」が始まりました。大半の国民には「だからどうなんだ」と言う話ですが、これを機に北朝鮮の人権問題に興味を持ってみるのもいいでしょう。

 ・早期救出呼びかけ 初の北朝鮮人権週間始まる(iza)

  「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」が10日始まり、北朝鮮脱出者を支援する非政府組織(NGO)「北朝鮮難民救援基金」などが主催するシンポジウムが、彩の国さいたま芸術劇場(さいたま市)で開かれた。
 拉致被害者家族会の飯塚繁雄副代表は「厳しい冬がやってきた。向こうでは暖を取るすべもないと聞いている。一刻も早く被害者を救出したい」と訴えた。
 脱北者の男性や韓国の活動家らが脱北者の支援状況などについて意見を交わした。
 同週間は6月に成立した北朝鮮人権法で定められ、今回が初めての開催。期間中、拉致被害者や特定失踪者らの写真展などが開かれる。


 ちなみに法務省のページにはこのような紹介があります。


 平成18年度「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」実施要領

 北朝鮮当局による人権侵害問題に関する国民の認識を深めるとともに,国際社会と連携しつつ北朝鮮当局による人権侵害問題の実態を解明し,及びその抑止を図ることを目的として,本年6月に,「拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律」が施行され,国及び地方公共団体の責務等が定められるとともに,国民の間に広く拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題についての関心と認識を深めるため,毎年12月10日から同月16日までを「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」とすることとされました。
 同法第4条第3項では,「国及び地方公共団体は,北朝鮮人権侵害問題啓発週間の趣旨にふさわしい事業が実施されるよう努めるものとする」とされていることから,同週間を中心に下記の要領に基づいた事業を行うものです。



1  名称
   平成18年度「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」
2  期間
   平成18年12月10日(日)から16日(土)までの1週間
3  主唱
   法務省
4  実施主体
   国及び地方公共団体
5  実施事業
(1) 周知ポスターの掲出
(2) 講演会,シンポジウム等の開催
(3) 新聞,雑誌等による広報
(4) その他「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」にふさわしい事業
6  強調事項
 ○  北朝鮮当局による人権侵害問題に対する認識を深めよう


 拉致問題をあらためて整理しなおす人に向けて資料的なサイトを紹介しておきます。

 ・北朝鮮による日本人拉致問題(Wikipedia)
 ・北朝鮮による日本人拉致問題(外務省)
 ・救う会全国協議会

 私からの意見は特にありません。拉致問題を多くの日本人に知っていただければそれで十分ですし、今回の主旨も意味を持つと思います。

スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年12月11日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:1

一年に一度必ず冬はやってきます、これはどの国でも同じ事。
援助はしてあげたいですが、まともに届かないような国に送っても…何だか虚しさが残りますね。日本にだってギリギリの生活してる独居老人等も居るんですし、そちらを支援したくなりますね。
北朝鮮がどんなに酷い国なのかを知らしめるためには、効果はありますけど。飢えた彼等に、何者かに搾取されず、きちんと届くルートを確立してから援助して欲しいものです。彼等からすれば、人権より飢えを凌ぐのが先でしょうから。

2006年12月11日 水兵長 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。