スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【中国】中国は韓国よりも狡猾なだけ

 日本人が本当に中国人のイメージに「親しみを感じる」のだとすれば非常に危険です。韓国人は表面的な批判以上に深い考えはほとんどありませんが、中国人は表で握手しつつ裏で南京大虐殺を宣伝するような狡猾な国です。

 ・中国に「親しみ」上昇 韓国は「親近感」減少 外交世論調査(iza)

 内閣府は9日、「外交に関する世論調査」を発表した。反日デモなどの影響などで平成16年調査から悪化し続けていた日本人の対中感情が好転。安倍晋三首相による就任直後の訪中が影響したとみられるが、韓国への親近感は落ち込んだ。また、北朝鮮の核、ミサイル問題への関心が高まっていることも分かった。
 
 調査は昭和50年から毎年行われ、今回は10月に全国の成人3000人を対象に実施、有効回答は56.8%だった。
 
 中国に対し「親しみを感じる」と、「どちらかというと親しみを感じる」が計34.3%で、過去最悪だった前年調査から1.9ポイント上昇した。日中関係を「良好だと思う」「まあ良好だと思う」は計21.7%で、過去最悪だった前回から2.0ポイント回復した。
 
 ただ、約7割の国民が依然、日中関係を良好と考えていない。やや改善がみられた理由について内閣府は「調査期間中の10月8日に首相が訪中し、日中首脳会談を行ったことが関係している」とみている。
 
 一方、韓国に親近感を感じる人は2.6ポイント減の48.5%。日韓関係を良好とみる人も5.2ポイント減少し、34.4%と過去最低となった。中国と対照的な結果について「竹島問題や日韓間の海洋調査、歴史問題が影響した」(外務省)との見方がある。韓国ドラマなどのブームが落ち着いたことも関係がありそうだ。
 
 北朝鮮をめぐる関心事項では「拉致問題」を挙げた人が最多の86.7%。弾道ミサイル発射や核実験を受け、「核問題」は15.6ポイント増の79.5%。「ミサイル問題」は19.3ポイント上昇の71.5%と過去最高だった。


 いくら中国がイメージアップしたとは言っても韓国よりはイメージが低いようですね。その辺りは当然だと思います。それにしても韓国に対して半分以上の人が好感を持っているというのは少々高すぎる気がします。

 中国に対して良いイメージを抱くのは、韓国人のように自分たちの価値観だけを強制するようなところは少ない(あくまでも韓国との比較)ので、友人として付き合いやすいのかもしれません。

 ただ、中国人は金に関することがあると簡単に人を裏切ると言うイメージが私の中にあります。プライベートなことなので詳しくは書きませんが、中国人に対してあまり信用しようという気にはなりません。私の中での中国人は「阿Q正伝」の阿Qそのものです。

 ただ、国家レベルで考えると多少考え方は違います。中国人は「卑屈で正直なところが感じられない」と言うイメージですが、中国という国家は「狡猾で表と裏の顔がある」と見えます。

 靖国問題を政治化してプロパガンダとして利用し、小泉首相との対決を国内で盛り上げたあげく、安倍首相との会談に応じてそれ以降「靖国問題」を話題に出さなくなったのは、国内のナショナリズムが押さえきれなくなっているからで、決して日本の対応を評価したわけではありません。

 また、最近では日中友好を主張し、親密なイメージを出そうとしていますが、裏には台湾への政治的干渉を強めようと意図があるからであり、その障害となる日本は敵対するよりも出来れば味方につけたいという意図があるのは明白です。そのうちミサイル防衛にも台湾を排除しろと主張してくるでしょう。

 そして抑えの効かなくなった中国ナショナリズムに対しては「南京大虐殺」をイメージとして宣伝し、反政府行動に転嫁しないためのガス抜きをしています。

 このように結局裏では日本の国益に反する行動を平気で行っているのです。こんな中国を狡猾と呼ぶのになんのためらいもありません。

 日本人は昔からお人好しが多いと感じます。別にそれ自体は悪くありませんが、そうやって中国人や韓国人に騙されていく日本人を見ているとたまらないやるせなさを感じます。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年12月10日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:2

 親しみですか?
 なら、その人達に【マンガでわかる中国100の悪行】でも読んで頂きたいですね。

 私はあいつらが針の筵に千年座らされようと信じたいとも、親しくしようとも思いませんね。

2006年12月11日 どらっへ URL 編集

大多数の朝鮮人が強制連行や従軍慰安婦や創氏改名があったと信じているように、中国人のほとんどが南京大虐殺があったと信じ込んでいます。

これは朝鮮と中国のプロパガンダが確実に成功していると言う例です。

戦後60年経っても、日本人は中国と朝鮮の政治宣伝活動の成果を克服できていません。

それどころか、日本人の半数以上が強制連行や従軍慰安婦や創始改名、南京大虐殺を歴史的事実だと思っていて、子供たちの教科書にもその記述があるなんて、おそろしいことです。

安倍さんが教育改革でわが国の救世主になるよう期待しています。

2006年12月11日 worldwalker (・∀・) URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。