スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【日中】研究開発に金をつぎ込めなければ未来はない

 ある意味、この状況は薄々感じつつ、実際にニュースになるとショックを感じます。中国が不動産バブル、人権侵害、各地で起こる反政府運動などの諸問題を解決できれば、日本も及ばない国になることでしょう。

 ・中国、研究開発費で日本を抜く(IT Media)

中国の研究開発費は2006年に1360億米ドルを超え、米国に次いで世界2位になる見込みだ。
2006年12月05日 15時54分 更新

 中国は2006年、研究開発投資で初めて日本を抜き、米国に次いで世界2位になるだろう。経済協力開発機構(OECD)は12月4日、このような予測を示した。

 OECDは最近のトレンドを元に、中国は2006年に1360億米ドル以上を研究開発に投資するだろうと予測している。これに対して、日本の研究開発費は1300億ドル、米国は3300億ドルと予測されている。

 中国の研究開発費の国内総生産(GDP)比は1995年には0.6%だったが、2004年には倍の1.2%に拡大した。

 また中国の研究者の数は1995年から2004年にかけて77%増加し、92万6000人に達した。米国(130万人)に次いで世界第2位だ。

 「中国の急速な研究費、研究者の増加は驚くばかりだ」とOECDの科学技術政策部門の責任者ダーク・ピラット氏は語る。「後れを取らないために、 OECD各国は自国の研究・革新制度をより効率的にし、次第に競争が激しくなる今日のグローバル経済において革新を鼓舞する新たな方法を見つけなければならない」


 研究開発費だけでなく、社会基盤の整備や次世代への投資など未来に対する先行投資が出来ない国家には明るい未来がありません。逆に言えば、今どれだけ未来に奉仕したかで、将来の国家像が決まると言ってもいいと思います。

 日本は経済が回復したと言いつつも、相変わらず国民の平均所得は変わらず、失業者の状況が改善しつつあるとは言ってもニートやリストラの問題は放置されたままです。所得格差という意味ではデータに表せない部分でだいぶ開いていると思います。

 別にそれが競争社会であり、適正な努力をした者が報われるのであれば、別に文句は言いません。しかし、結局儲けているのは一部の投資家だけで、成長をしている企業でも給与の伸びを感じているところなどそれほど多くはないでしょう。

 大体公務員の給与もずっと据え置かれていますが、その現状自体が経済状況を反映していると言うべきでしょう。いくら公務員の風当たりが強いとは言え、社会の平均値を取っている公務員の給与が微減を続けているのはどう見ても社会が完全な成長局面に入っていないからでしょう。

 まあ、現状としての停滞状況はともかくとして、現状として未来への投資を行っていると言えるのでしょうか。私は現状では資産を食いつぶしているとしか思えません。道路などの社会基盤は不断の整備を続けるべきだと思いますので、全てを民営化して採算ベースで考えるのは間違いだと思います。

 公共事業の入札は、透明性を高めて一般競争入札をあらゆるところに導入するのもいいですが、それで様々なところで「質の低下」を招いています。随意契約など様々な契約の形態を許容できないところに日本経済の歪みを感じます。

 規制緩和は様々な企業、特にIT企業を生み出しましたが、基本的には競争力維持のために合併の繰り返しで、ひとつの市場に少ない企業が独占するという構図になりつつあります。結局は新規参入を排除し、新陳代謝を無くす動きになりつつあります。

 私たちは日本の将来のために何を投資しているのでしょうか。はっきり言って現時点では「消費」だけです。だからこそ未来に向かって投資する意味での「研究開発」だけでもいいので見直してみたらどうでしょう。少なくとも未来への気持ちがあるだけで違うと思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年12月06日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:3

所得の格差は広がる一方ですが、国からの圧力は弱者にばかり増えていますね。
伊弉諾景気を超えた?どれだけの人が、その恩恵を実感しているのだろうか?ごく一部の人間だけではないでしょうか?
日銀の経済報告もウソばっかり。相変わらず中小企業は潰れています。
サラリーマン減税も今年いっぱいで取り上げられ、所得も上がらない。リストラされた人間には復活のチャンスも少なく、07年問題による雇用拡大も新卒や二次新卒の若者に奪われる。障害者とて、自立の名の元で少ない手当てを搾取され、生き甲斐を奪われる有様。
美しい国を造ると歌う者は、苦労を知らぬ恵まれた環境の連中だけ。
この国に何を求めよう…豊かささえも失い、頼りないだけのこの国に。
ボヤキばっかりになってしまいましたね(苦笑)

2006年12月07日 水兵長 URL 編集

民度の低い、あれだけの数の人民をそれなりに統治しているという事実はある意味すごいことかもしれません。
それだけに社会のあちこちにギシギシという軋みが見て取れる。
近い将来、アリの穴から堤防が決壊するのではないかと思うのは私だけではないでしょう。
北京五輪まで持つかどうか。
上海万博まで大丈夫かどうか。

2006年12月08日 worldwalker (・∀・) URL 編集

研究に投資しないと良い結果は得られないですからね。
言っていることは正しいでしょう。

一方で中国は未だに対外的には”発展途上国”なので、様々な資金援助を受けています。
日本からもODA以外に複数のルートで迂回融資が行われている。

そんな数億の貧困層を抱えている国が、世界有数の軍事大国。

国際社会は何をしている・・・・。(ため息)

2006年12月08日 通行人A URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。