スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【国内】田中外務省OBに対する宗男議員の言い分はもっとも

 外務省が信用できないのは、OBにしろ現役にしろ、口が軽すぎることです。しかもそれで一番の問題は、口が滑ってもそれを罰する法律もなく、さらにそれを外務相自身が罰する姿勢もないことです。  

久々話題の宗男激怒「田中前外務審議官を参考人招致すべきだ」(iza)

 田中均前外務審議官を国会に参考人招致すべきだ-。新党大地代表の鈴木宗男衆院議員が激怒している。日朝首脳会談など北朝鮮外交で“暗躍”した田中氏が、雑誌で「北朝鮮が(核開発に関して)嘘をついていると認識を抱えながら日朝平壌宣言を締結した」とも取れる発言をしているからだ。宗男氏は「そのような認識を持ちながらの平壌宣言署名は国民への背信行為。国民に説明すべきだ」と批判している。
 宗男氏が問題視するのは11月1日発売の「現代」(講談社)に掲載された田中氏と、ジャーナリスト、田原総一郎氏の対談「金正日の計算、体制崩壊の可能性」での次のようなやりとり。
 田原氏「日朝平壌宣言を出す時点では、北朝鮮は核を開発しないでおこうと考えていたのでしょうか?」
 田中氏「(すかさず)いや、そんなことはないでしょうね」
 田原氏「やはり日本がだまされてた?」
 田中氏「だまされたといいますか、国と国との関係というのは、さまざまな利害が絡んできますので、面従腹背であるのは、ある意味当然なんです」
 小泉純一郎前首相と金正日総書記との日朝首脳会談を取り仕切った田中氏。対談では北の核開発継続を前提としながらも平壌宣言を署名したことを認めている。
 宗男氏はこれを見逃さなかった。すかさず11月上旬、政府に質問主意書を提出し、「こうした認識を交渉の責任者が有していたことになるが、外務省は国民に説明したか」とただした。
 しかし、政府答弁書は「今後の日朝間の協議に支障を来すおそれがあることから、外務省としてお答えすることは差し控えたい」とそっけない。
 ただ、別の答弁書では「核実験の実施は、同宣言との関係で認められない」とも言い訳している。
 宗男氏は「北で核開発が行われているとわかっていて何で平壌宣言に署名するのか。おかしい」と指摘。そして、こう続ける。
 「外国でも情報公開はそれなりの年数を経て行われる。交渉責任者だった田中氏が退官後、テレビや本で(情報を)出すというのはどういうことか。また、質問主意書でも外務省は『交渉に差支えがある』といって逃げている。外務省が中身は語れないといっている話を田中氏が言うのは常識外だ。田中氏は国家公務員法の守秘義務に抵触している」
 この指摘通り、国家公務員法で定める守秘義務は、昨年8月に退官した田中氏にも当然適用されるが、政府は田中氏の守秘義務抵触の疑いについて、「今後の日朝間の協議に支障を来す恐れがある」(答弁書)として口を閉ざしたままだ。
 宗男氏はこう付け加える。
 「ミサイルを発射し、核実験を行う。拉致問題でも前進がない。本来ならすでに平壌宣言を破棄するのが筋だ。それなのに政治家からもそうした意見が出ないこともおかしい」
 田中氏をめぐっては、朝日新聞コラムニストの船橋洋一氏が出版した『ザ・ペニンシュラ・クエスチョン』でも、「ネタ元ではないか」との疑惑もある。というのも、「当時の外務省幹部も知らない話があり、それらは田中さんしか知りえない事柄」(政府関係者)だからだ。
 夕刊フジは、田中氏が現在「シニア・フェロー」として籍を置く「日本国際交流センター」を通じて、コメントを求めたが、秘書を通じてかえってきた答えは「何もコメントすることはありません」だけだった。


 はっきり言って鈴木宗男議員の言い分はもっともです。私が外務省を信用できないのは、主としてこのような外務省出身者が非常に多いからです。

 外務省のOBは大学などで国際関係の講座を持つ講師などとしてよく活動していますが、それ自体が国家公務員の守秘義務に反していると思っています。外務省の活動自体は、どこまでが秘密でどこまでが公然の事実か切り分けるのが難しいです。

 だからこそ外務省OBは新聞報道と同レベルの発言しかできないわけですし、売りにするのは「分析能力」だけのはずです。しかし、内幕の暴露などはっきり言えば守秘義務違反の例が多すぎます。

 このような現状では、外務省を退職して5年程度は公の場での講演や執筆依頼などを禁止すべきです。私は自粛しないのもモラルの欠如だと思っているくらいです。

 鈴木宗男議員は元々権力の側として、地方の利権を得る代表格のような議員でした。だからこそ私は全面的に信頼できないですが、外務省に関することは鈴木宗男議員の方が正論と思うことが多いです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年12月05日 政治 トラックバック:- コメント:3

チャイナスクール出身の元阿南駐シナ大使の奥さんが中共軍部の幹部の娘であるとか。

外務省OBがシナの新聞の編集長をしているとか、ききますけど。

外務省全く無能だ。日本のためになることは何一つせず、国民の血税を敵に差し出すだけ、戦略もない。
金をばら撒くことなら誰でもできる。

何か一つでも外交で成果をあげてみろ。今回は鈴木氏を応援する。

2006年12月06日 K8 URL 編集

男のお喋りは、女性のそれより劣る。
以上。

2006年12月06日 水兵長 URL 編集

消極的売国奴を外務省が高給を払って飼っていた。
北朝鮮がそのイヌを最大限に利用した。
そういうことでいいですか。

2006年12月08日 worldwalker (・∀・) URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。