スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【国内】給食費は税金でしょうか?

 どうも産経新聞とは思えない記事を見かけました。記事と言うよりコラムで、そのコラムを書いている人は産経新聞よりの軍事研究家(軍事学講師?)ですが、私はこの人の意見には反対です。

 ・【コラム・断】給食費という高い税金(産経新聞)

 給食費の滞納や支払い拒否事例が問題となっている。確かに悪質なケースもあろう。だがマスコミ世論に追従するなら小欄の存在意義はない。先日、住民票の交付料をぼったくりと評した。たかが300円の話と思われた読者もいるだろうが、再び異議を申し立てたい。

 今回も具体例で語ろう。以下は都内A区立Z小学校の実例。学年により多少違うが5年生の場合、給食費が年間5万820円。その他、教材費として1万5000円が、修学旅行などの積立金として1万6500円が徴収される(中学になれば、さらに増える)。

 以上に2500円のPTA会費と520円の引き落とし手数料を合計すると年額8万5000円を超える。これに扶養子弟の人数分が乗じる。わが家の場合、こどもが3人。合計額は勤務先大学の年俸1割を超え、家計を圧迫する。恥ずかしい話だが、長男の修学旅行は断念した。正直、重税感を否めない。少子化は必然であろう。

 給食献立に選択の自由はない。宗教上の禁忌や健康食材に拘(こだわ)る家庭の意向も無視される。なぜ画一的な食事を強制されるのか。刑務所ではあるまいし。いや、刑務所なら食事は無料である。

 刑務所が言い過ぎなら、諸外国はどうか。海外では弁当が主流である。欧米では無料給食や、帰宅させ昼食を取らせる学校も少なくない。一部希望者だけが有料の給食を利用する。

 なぜ給食でなく弁当では駄目なのか。関係組合が反対するからか。日本だけが類例のない制度を続けている。強制的に献立を押し付け、実費を取り立てる。いわば義務給食。どう考えても、美しい制度ではない。(評論家・潮匡人)


 給食費が高いという議論は当然あってもいいですが、月に5000円程度の給食費であれば学校に行く日数が月に20日と考えて約250円でそれほど高いとは思えません。

 ただ、金額の多寡を問題にするのであればそれで議論は終わりなのですが、この人は給食費を「税金」だと言っています。そんな感覚だから給食費を滞納する親が増えているのではないかと逆に心配になります。

 そもそも学校のために使われる金をよく吟味して、いらない部分をカットするという議論はあって当然です。しかし、休職という存在まで是非を問う議論には賛成しがたいです。

 小学校や中学校、そして地域の事情によって考えを変化させなくてはなりませんが、給食は児童や生徒にとって「食」と「礼儀」を覚える場所でもあります。学校には様々な「社会」を体験させる場所があり、学校が単純に勉強だけを教えるところであれば、金のある人は優秀な家庭教師を雇えば十分です。

 私は様々な機会を通じて教育の再生を必要としていると主張していますし、今回のコラムの著者もそうですが、こと「給食」という存在を通じて教育の再生を考えるのであれば納得がいきません。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年12月03日 政治 トラックバック:- コメント:4

いい制度だと思うんですけどね。何でこんなことでガタガタいう親がいるのか、不思議です。

2006年12月03日 おいどん URL 編集

毎日、弁当を作るって言うことがいかにたいへんなことかということを知らないバカオヤジだな。

専門外のことをえらそうに言うとボロが出るんだよ。

まあ、こいつがバカだっていうことはわかったな。

2006年12月03日 worldwalker (・∀・) URL 編集

食事を通して団体での協調性やルール、マナーを教えるというのは立派な食育ですよ、栄養バランスも良いですし。
共働き家庭の多いこの世の中、弁当を作れる家庭もあれば、作る暇さえない家庭もあります。児童虐待のある家庭では給食が唯一の栄養源だったり…
子育てにカネがかかり過ぎると言うなら、学費と給食費以外の物で見直すべき物があるはずですからそこを追究すべきでしょう。
私としては、給食費を別途に払わせるのがおかしいと思ってます。学費に組み入れてしまえば、良いのではないでしょうか?
給食費の金額云々よりも、学費以外の支払う件数の多さが「余計に払わされている」という感覚が増し、払いたくないという意識に繋がっているのではないかと思います。

2006年12月04日 水兵長 URL 編集

おいどんさん、
私もそう思います。
と言うより給食費というシステムが破綻しかけているのは、日本人のモラルが低下しているからでしょうね。

worldwalker (・∀・)さん、
安全保障の専門家かもしれませんが、少なくともかんな主張をする人間を本当に信用できません。

水兵長さん、
私も同感です。給食自体を教育の一環だと思えばいいですよね。

2006年12月05日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。