スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【中国】中国のネットユーザーの救いになるのか

 記事上ではプロキシ型のサービスのようですが、中国のように政府がwebを監視する国にとって救いとなるのでしょうか。

 ・政府監視下でも自由なWeb閲覧を可能にする「Psiphon」が正式リリース(IT Media)

  カナダのトロンド大学にあるCitizen Labは12月1日、プロキシツール「Psiphon」を正式リリースした。サイトから無料でダウンロードすることができる。

 Psiphonは、中国やイランなど、Web閲覧が政府によって監視、規制されている国に住む人々が、監視の目を逃れて自由にサイト閲覧できるようにすることを目的としたソフトウェアである。

 Psiphonは、信頼できるソーシャルネットワークに依存するという点でユニークな構造を持つ。まず、Web閲覧が監視されていない国に住む人々が自分のパソコンにPsiphonソフトウェアをダウンロードして、リモートPsiphonサーバ(psiphonodeと呼ぶ)を実行、ユーザーアカウントを管理する。監視されている国に住む人々(psiphonite)は、psiphonode経由でWebに接続するという仕組み。

 Psiphonは一般のプロキシサーバと同様に機能し、暗号化されたネットワーク経由でユーザー(psiphonite)のリクエストを受け取って処理し、ユーザー、つまりクライアント側に返す。Psiphonを利用するには、特定のWebアドレスにアクセスし、psiphonodeから受け取ったユーザーネームとパスワードを使ってログインする必要がある。つまりユーザー側は、ソフトウェアをダウンロードする必要がない。

 従来のプロキシサーバはアドレスが広く公開され、誰もが匿名で利用可能なのに対し、Psiphonでは個人がサーバ管理を行い、自分が信頼できる数人のアクセスを可能にする点で大きく異なる。一般公開されているプロキシサーバは政府によってブロックされる可能性が高いが、無数の個人がアクセスポイントとなるPsiphonでは、規制が困難になる。


 これを使っていないので何とも言えないですが、使わせないようにする方法はいくらでもありそうな気がします。

 そもそも検索結果で「Psiphon」が表示されないようにすればだいぶ露出を避けることが出来るし、大元のページへのアクセスを禁止すれば登録することも困難になります。

 あえて言うなら海外から帰ってきた人や出張中の人に役立つと言う程度に見えます。ただ、ひょっとすると予想以上にシステムが優れているのかもしれませんので、そこは何とも言えません。

 日本人にとってなんの規制もないインターネット環境を享受するのは至極当たり前です。(もちろん会社など所属する組織が規制している場合を除く)しかし、中国の人々には非常に深刻な問題です。これを解決するために日本が努力することは、将来的に日本の「正しい姿」を知ってもらうためのチャンスです。このソフトだけでなく、色々と対策がとられることを願います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年12月02日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:3

これを悪用するヤツもいるんだよ。

ネット技術は諸刃の剣。

2006年12月03日 worldwalker (・∀・) URL 編集

ブログや掲示板でIPが晒されようが、どうしようが、堂々と連投したり顔写真を晒している香具師が多いのには驚かされます。

不穏当な書き込みさえしなければ、セーフなわけではありますが・・・・

2006年12月03日 a-san URL 編集

worldwalker (・∀・)さん、
中国は見えないところも含めて非常に悪質な人権侵害をしていると思いますね。

a-sanさん、
コメントありがとうございます。
ただ、そんな規制のかかった書き込みは本来の主張を反映していないと思うのですが、それでも規制を物ともしない中国人のたくましさはそれすらも超越しているかもしれませんね。

2006年12月05日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。