スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【国内政治】復党反対で内閣支持率急降下

 安倍首相本人も認識していたことでしょう。復党は選挙が目的ではないと言明していますが、本当にそうかもしれないと思うようになってきました。

 ・復党反対67% 内閣支持率は50%下回る FNN世論調査(産経新聞)

 産経新聞社はFNN(フジニュースネットワーク)と合同で11月30、12月1の両日、「政治に関する世論調査」を実施した。郵政民営化に反対して、自民党を離党した「造反組」議員11人の復党について「反対」と回答した人が67.2%に達し、賛成の17.3%を大きく上回った。世論の厳しい反応を裏付けた結果で、安倍内閣発足直後の9月に実施した前回調査で63.9%だった内閣支持率は、47.7%と16.2ポイント低下した。

 復党に反対した人の理由で最も多かったのは、「来年夏の参院選目当てなのがあからさまだから」で45.1%。「かつて郵政民営化に反対した」24.6%▽「復党の理由がよくわからない」15.9%-が続いた。

 逆に、賛成と答えた人の理由では「『造反組』議員はもともと自民党議員だったから」が最も多く、43.9%。「安倍政権に代わったから」「今回、郵政民営化支持などを約束した」がそれぞれ16.2%だった。

 「造反組」議員の復党願提出に際して党執行部が求めた誓約書提出などの条件については「妥当」とする意見が36.2%でもっとも多かったが、「甘すぎる」との回答も33.4%に上っている。また、復党問題に関して安倍晋三首相が指導力を発揮したかどうかの質問に対しては「発揮したと思わない」との回答が66.7%に達し、中川秀直自民党幹事長に対応を一任した首相の姿勢が国民には分かりにくかったようだ。

 復党問題が来年夏の参院選に与える影響についても、「自民党にプラスだとは思わない」と答えた人が57.6%と、「プラスだと思う」の23.4%の2倍を超えた。自民党の支持率も前回の43.4%から37.3%に低下しており、安倍政権としては復党問題でのマイナスイメージ払拭(ふっしょく)のため、政策面で一層の改革姿勢が求められそうだ。


 私は基本的に復党には反対ですが、それで内閣の支持率とは直接関連して考えてはいません。一応政策を見て考えているつもりです。

 それにしても安倍首相は小泉前首相に比べて自分の考えを国民に説明するのが下手ですね。復党問題にしても、側近(というかベテラン勢)にいいようにあしらわれているように感じます。

 復党問題に関して、私はそもそも自民党に政策の一貫性がないことにこそ問題があると思っています。安倍首相の政治スタンスと経済自由主義は接点が分かりづらいです。そもそも国民は小泉前首相からの政治的な継続性を望んでいるのか、安倍首相に対して保守的な政策を求めているのか難しいところです。

 安倍首相はひょっとして小泉政権当時の政策から徐々に決別しようとしているのではないでしょうか。郵政民営化を中止することはないでしょうが、その象徴的な存在である反対議員を取り込むことがそのメッセージかもしれません。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年12月01日 政治 トラックバック:- コメント:3

当然の結果ですね。
まだまだ下がっても良いと感じます。
参院選まで国民の意識が持てば、自民党は負けますね。
日本人はすぐ忘れるからなぁ(笑)

2006年12月02日 水兵長 URL 編集

でも、自民党がいちばんマシだから。

2006年12月03日 worldwalker (・∀・) URL 編集

水兵長さん、
そうなんですよね。もう少し国民のことを見ていれば、このような結果にはならないはずですよね。

worldwalker (・∀・) さん、
少なくとも民主党に鞍替えするところは今のところ少ないでしょうね。それだけに苦々しいです。

2006年12月03日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。