スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【北朝鮮】日本の制裁に腹が立っているようです

 相変わらず日本の6カ国協議への参加を拒否する発言をしているらしいですが、日本はそうやって対応すれば問題ないという見方でしょうし、米国さえ妥協させることが出来れば日本も追随するという見込みなのでしょうね。

 ・北代表「一方的な核放棄ありえず」 日本に不快感も(iza)

 【北京=野口東秀】北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議で北朝鮮の首席代表を務める金桂寛外務次官は北京市内で30日、「現段階で一方的な核放棄はありえない」と記者団に述べ、核放棄に向けた具体的行動を無条件に受け入れない姿勢を示した。協議議長国の中国は引き続き、米朝双方に歩み寄りを促す構えだが、外交調整は困難さを増している。
 金次官は「昨年9月の(6カ国協議)共同声明に盛り込まれた公約を履行する準備はある」としつつも、「いろいろな公約があるが、一方的な核放棄はない」と強調。米国のヒル国務次官補は29日までの米朝中協議で核放棄に向けた具体的行動を受け入れるよう伝えたが、金氏は、核放棄の見返りとして金融制裁解除やエネルギー支援などを求めたようだ。さらに「日本が協議に参加する資格があるのかというのがわれわれの考え。会う必要は感じない」と拉致問題解決を求める日本に不快感を示した。
 一方、ヒル次官補は同日、北京を出発する際、対北金融制裁の解除について「制裁から抜け出すには核計画から抜け出すことだ」と述べ北朝鮮の核放棄を要求、米国側が譲歩しないことを言明した。
 中国外交筋は、2日間にわたった米朝協議で「最も溝が開いたのは金融制裁問題だった」と指摘する。中国外務省の姜瑜報道官は同日の記者会見で、協議の成果や6カ国協議再開の見通しには言及せず、協議の早期再開と進展確保のため「各当事者が実際の行動を取る」ことを望むと繰り返すにとどまった。
 米朝双方に歩み寄りを促す中国だが、6カ国協議を来年に持ち越したり核放棄への道筋がつけられないなどの場合、批判の矛先は北朝鮮に原油の9割を供給するなど北朝鮮に影響力を行使できる立場の中国に向けられる可能性がある。
 中国の対北原油輸出は9月はゼロだったが、核実験が行われた10月は前年同月比68%増だった。援助は統計に反映されないため、原油供給の全容は不明確だ。しかし、国連制裁決議の履行と同時に、中国が6カ国協議再開への雰囲気づくりのため北朝鮮への「アメ」を用意したと受け取られても仕方がない。
 中国としては、北朝鮮に「ムチ」だけでなく「アメ」も利用し、6カ国協議再開を目指す構えとみられるが、状況によって今後、銀行の対北送金停止を解除する可能性もあり得る。その場合、国際社会の中国への信頼は揺るぎかねない。
 こうした中国の態度について北朝鮮は、6カ国協議の枠内にいる限り中国が全面的な圧力を加えることはないと考えているようだ。協議再開は北朝鮮の核放棄を意味せず、中国の専門家の間では「むしろ核開発の時間稼ぎに使われる可能性が高い」と協議の継続自体に悲観的な見方が支配的になりつつある。


 ・米朝会合は成果なく終了、6カ国協議再開日程も未定(聯合ニュース、Yahoo!ニュースより引用)

【ソウル29日聯合】注目を集めていた北京での米朝会合が接点を見出せないまま2日間の交渉を終えたことから、6カ国協議の年内再開も不透明になってきた。

 6カ国協議の首席代表、米国のヒル国務次官補と北朝鮮の金桂寛(キム・ゲグァン)外務次官は29日、北京で2日目の会合に臨み6カ国協議再開に向け協議したが、争点となる懸案をめぐり双方の方針を調整することができなかった。

 米国はこの日、核施設の凍結や核プログラムの申告など北朝鮮が次の6カ国協議で約束すべき「核廃棄の初期措置」の内容を北朝鮮に説明した。北朝鮮が核廃棄の意志を実践に移せば、朝鮮戦争の終戦宣言と体制保障を含む関係正常化、重油提供などのエネルギー支援、究極的には国連安全保障理事会決議の解除方針など、「互恵措置」を提示したとされる。北朝鮮の口座が凍結されているマカオのバンコデルタアジア(BDA)問題については、6カ国協議が再開すれば実務グループを作り協議することもできると伝えたようだ。

 これに対し北朝鮮は、米国など関係国が安保理決議1718とBDA問題を含め北朝鮮に対する一切の敵対視政策を放棄しなければ、核廃棄はできないとの方針を明らかにしたといわれる。

 現地の外交消息筋は、北朝鮮が米国の提案を受け入れられないと断言したわけではなく、「十分に検討できていないため、戻ってから検討する」と答えたと伝えた。ソウルの外交消息筋も会合結果を失敗と断定するには早いと述べ、北朝鮮の反応と中国の役割をさらに見守る必要があるとした。

 しかし別の消息筋は、双方は6カ国協議の再開日程についても合意できず、北朝鮮が米国の提案にどのような反応を示すかによって異なるものの、現時点では年内の6カ国協議再開は不確実との見方を示している。

 ヒル次官補は、北朝鮮との追加会合が行われなければ30日午前にワシントンに向け出発する予定だ。同日にソウルを訪問する予定だったが、米朝会合が予定より長引いたためにソウル行きは取り消された。


 日本の経済制裁は効果を発揮しているのは事実ですが、日本の輸出減を韓国が補っているというのが現状です。日本は輸出量を激減させていますが、韓国は逆に倍増させていますから。

 ただ、今では日本に比べて質の悪いものが入ってきているからこそ、「贅沢品の輸出禁止」を行うことでさらに効果的な制裁が出来ると判断しているのです。

 ちなみに北朝鮮の経済規模はGNIで2兆円程度(2004年)ですが、現在は若干下がっていることが予想されます。それでもそれでも他を切りつめれば年間何千億円という規模で核開発・ミサイル開発が出来るのです。経済制裁の結果核開発が停滞していると考えるのは早計でしょう。

 もちろん、日本のように取り締まりを強化して核関連物資が北朝鮮に流れないようにしていれば、金額はあっても物が手に入らないので、結局は進展していない可能性は高いです。しかし、それだけ見て「今の状態が続けば北朝鮮は核開発を継続できない」と考えるわけにはいきません。

 日本としてはもう少し実効性の高い経済制裁を追加的に行う必要に迫られています。北朝鮮が日本を無視しようとしているのは、日本の経済制裁は効果を発揮していると同時に、今のままであればまだ耐えることが出来るとの認識があるからです。

 日本は拉致問題を解決し、核開発を断念させる必要がある以上、引き続き制裁の強化に努めなければなりません。

スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年12月01日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:5

http://dogma.at.webry.info/200611/article_29.html
(東アジアの黙示録)
「総連ミサイル博士の罪科…金正日へ日本の回答 」

【北朝鮮ミサイル開発の父は日本に居た】
神奈川県警外事課は29日午前、在日朝鮮人の前会社社長宅を急襲した。あの大騒動になった強制捜査から僅か48時間での捜索である。容疑は無許可で人材派遣業を営んだとする労働者派遣法違反だが、狙いは別にある。
堂々たる別件捜査である。
捜索を受けたのは、世田谷区の前社長宅、群馬県太田市のモーター製造会社、そして川崎市の「大宝産業」など計4ヵ所。「大宝産業」前社長が総連傘下の科協(=在日本朝鮮人科学技術協会)の元副会長で現在は顧問を務める74歳の男だった。この前社長は東大工学部卒で同大学の研究機関にも在籍。ミサイル推進技術専門の工学博士で、北朝鮮の「金剛原動機合弁会社」の経営にも参加。

ーーーーーーーーーーーーーーー
総連に破防法を適用しせよ。防衛省の前祝の法案は「国防保安法」です。


2006年12月01日 ようちゃん URL 編集

日本に対して不快感?こっちは、北朝鮮の存在そのものが不快であり、腹立たしい。
地図上から消えて欲しいくらいです。

2006年12月01日 水兵長 URL 編集

 向こうは余裕こいてるふりをしないといけないようですが、馬鹿朝鮮に対して、こっちは怒りが抑えられない状態です。
 さっさと潰す気で経済制裁しましょう。

 あのクソ野郎達に置かれている立場を解らせて上げましょう。
 日本を本気で怒らせるとどうなるかを。

2006年12月01日 どらっへ URL 編集

不快なのはこっちだ。

死ね、朝鮮。

2006年12月03日 worldwalker (・∀・) URL 編集

ようちゃんさん、
そうなんですよね、最近は警察庁がよく北朝鮮の取締をしてくれていますが、法的整備が追いつかないため、厳罰に処すことが出来ないんですよね。

水兵長さん、
勝手に言ってもいいですが、私たちが不快になりますよね。

どらっへさん、
もうそろそろ経済制裁だけでは物足りないですね。

worldwalker (・∀・) さん、
あ、南も含めてですね(笑)

2006年12月03日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。