スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【政治・軍事】やっと日本の戦後が始まろうとしている

 いろいろな意味で日本の戦後は米国の占領の影響を受けてきました。今回の誰に邪魔されてと言うわけではありませんが、人的にも制約され、学会での受けも悪く、決して恵まれない環境の中で戦史の研究を継続してきた結果が現れようとしてきていることはたしかです。

 ・戦史の比較研究に本腰、防衛庁が海外から史料積極収集(読売新聞)

 防衛庁は2007年度から、同庁の調査研究機関である防衛研究所(東京都目黒区)で、戦史の国際的な比較研究を強化する。

 昭和戦争中に連合国を中心とする諸外国が作成した日本関連史料や、連合国が押収した旧日本軍史料のうち、歴史的価値の高い史料を積極的に収集し、国内史料と比較して、戦史研究を多角的に進める。07年度は、研究所職員を米英露豪などに派遣し、各国の研究機関が保管する該当史料の実態調査に着手する方針だ。

 防衛庁が戦史の比較研究に本腰を入れるのは、「戦史研究の世界では、国内外の史料を比較しながら史実を検証する手法が主流となりつつある」(防衛政策課)との判断からだ。防衛研究所が引き継いでいた大本営の膨大な史料の整理・分類が、昨年度にようやく完了のメドがつき、立ち遅れが指摘されていた戦史の比較研究に重点を移せることになった。

 海外にある史料で、防衛庁が「日本の戦史研究に影響を与えた」とする事例としては、蒋介石が、生前に抗日戦の戦略や舞台裏をつづった日記などがある。

 防衛庁では、海外での実態調査を通じ、重要な史料の特定と目録入手を行ったうえで、非公開分を含め、各国にある日本関連史料の複写などの収集を順次進める。研究を深めることで、「先の大戦で、日本が各国の意図や戦略を読み違え、外交交渉による解決の可能性を逃していったという歴史的教訓が得られる」(防衛政策課)とみている。

 研究の成果は、同課内に07年度新設する「戦略企画室」での中長期的な政策立案にも役立てたい考えだ。


 日本の戦後は、政治・経済のシステムを改革することがメインでなく、自虐史観を中心とした「意識の改革」にこそスタートラインがあると思っています。そのスタートラインは、皮肉なことに小泉前首相の日朝首脳会談によって隣国が「拉致」を行っているという問題が発覚することで目覚めました。
 
 一度目覚めた意識は色々な面で日本を戦前の意識から解放しつつあります。教育基本法改正はその最たるものであるし、憲法改正もそうです。
 
 今回の戦史研究も近い将来日の目を浴びることになるでしょう。そして日本が「勝てるはずもなかった戦争になぜ突入し」、「日本人は何を守りたかったのか」を学ぶ機会ができれば私は幸せです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年11月27日 政治 トラックバック:- コメント:4

どこぞの国がプロパガンダして、また南京大虐殺を引っ張り出そうとしてます。
えーかげんにしないといけないのにね。まったく...。
まともに歴史を教えないとダメだよー。

2006年11月27日 テツ URL 編集

米国との太平洋戦争の歴史の検証が出来る事は喜ばしい事だし米国の教科書を押し付けられる心配も無いが、「博士の独り言」さんに見逃せない記事が掲載されています。http://specialnotes.blog77.fc2.com/ 中国の歴史教科書、日本の出版社に著作権輸出
 中国人民教育出版社と日本の株式会社明石書店はこのほど、義務教育課程標準実験教科書となる「歴史と社会」中学2年生用の上巻と下巻の著作権輸出について合意した。「中共による実質的な教育統制 か?」

2006年11月27日 ようちゃん URL 編集

http://up.arelink.net/up50/src/are1565.bin

とにかく、南京大虐殺が歴史的事実のように喧伝されていますが、それを正さなければなりません。

日本の子供たちが使う教科書にもあたかも、史実であるかのような記述があることは断じて容認できません。

2006年11月28日 worldwalker (・∀・) URL 編集

テツさん、
南京大虐殺という虚構をもう少しきちんと実証しなければなりませんよね。そしてそれを中国に突きつけるべきです。

ようちゃんさん、
「博士の独り言」さんのページを見てきました。確かに気になるところですよね。表面的には友好的ですが、裏ではどんどん文化・領土侵略を繰り返していますね。

worldwalker (・∀・)さん、
教科書への攻撃は許すことは出来ませんよね。

2006年11月29日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。