スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【中国】進出そのものが落ち度です(笑)

 この言葉、結論を書いてしまって申し訳ありませんが、非常に秀逸です。ただ、この事実に気付いている企業がどれだけいるのでしょう。

 ・上海これでも国際商業都市!?工業区にニュータウン計画 (zakzak)

 日系10社に立ち退き要求 誘致したのに…操業1-2年で

 国際社会で「経済大国」のイメージが先行する中国だが、改めて信用できないと実感させられる事態が上海市で起こっている。中国側からの誘致で上海市嘉定区の工業区に進出した日系企業10社が突然、上海市などから立ち退きを要求されているというのだ。それもニュータウン開発計画のためという、かなり勝手な理由。上海といえば今をときめく国際商業都市のはずだが、まだまだフツーじゃないようで…。

 「新しい都市開発計画があったとは寝耳に水です…。困ったとしか言えません」

 上海市と嘉定区から立ち退きを伝えられたある日系企業の東京本社関係者はポツポツと話す。

 複数の会社に接触を試みたが、いずれも「立ち退きの時期、立ち退く場合の上海市側からの補償など詳細が不明なのでお答えできない」などと、多くを語らない。

 問題となっている嘉定区は上海市北西部にある。今年9月21日に上海市人民政府に批准された「上海市第11次5カ年計画」によると、同区に100万人居住のニュータウン建設が予定されている。

 ニュータウン計画予定地には「嘉定工業区南区」が含まれており、そこには約46社の日系企業が進出。うち10社が立ち退き対象として、10月中旬に口頭で「現在の南区から北区に移転要請があったようだ」(別の日系企業の東京本社)。しかも、この要請は「第一期」の立ち退き要求で、今後も続くとみられる。

 ちなみに立ち退きを要求されている10社のうち、昨年操業を開始したばかりの企業は4社、2004年開始は5社にのぼる。

 進出した日系企業はニュータウン計画の可能性について事前に把握していなかったのか。

 ある企業は「知りませんでした。知っていたら進出しませんよね」。別の企業は「これまでの海外進出の経験から判断してきたとはいえ、移転要請を聞いた時は驚いた。中国らしいといえば中国らしいが、ある程度、リスクを踏んで進出したこともあるので…」。

 今回の上海市などの対応について、中国情勢に詳しい評論家の宮崎正弘氏は「中国は人治国家。中国側は約束のほごに関する責任意識は極めて希薄です。つねに言行不一致が中国人ですから」とバッサリ。

 そのうえで、今回の事態について大型汚職事件をきっかけに起こった“上海政局”との関連を指摘する。

 現在、上海市では上海閥のボスだった陳良宇氏が大型汚職事件で同市の共産党委員会書記を解任された。これをきっかけに、多数の政治家などが取り調べを受けており、政局の真っただ中にある。

 宮崎氏はこう解説する。

 「工業区については上海閥が許認可権をもっていた。(工業区は)利権の巣窟(そうくつ)だから土地の開発で獲得した利権を、背後から反対派が嫌がらせしている可能性も残る」

 上海を舞台にした政局の背景には胡錦濤指導部による上海閥弱体化の狙いがあるといわれている。要するに日系企業が中国政局のあおりをうけているということか。

 宮崎氏はこう付け加えた。

 「日本企業の落ち度? 進出そのものが落ち度です」


 上海は最近この手の立ち退きに関するニュースをたびたび目にします。都市計画の変更によるものなのか、派閥争いによるものなのか何とも言えません。ただ、ひとつ言えるのは誘致されて進出したにもかかわらず立ち退きってどういうことでしょう。

 そもそも中国市場が、「人件費が安く」、「土地も豊富にあり」、「市場も巨大な中国人口が控えている」などと誤解している人がどれだけいるのでしょう。

 今世界で中国より人件費の安い国はたくさんありますし、大規模な工業を建てる余裕のある国もたくさんあります。ついでに中国の市場は確かに魅力的かもしれませんが、それだけで進出する理由にはなりません。なぜなら、環境汚染、役人の汚職、再三再四にわたる都市計画の変更など、進出する上でのリスクはかなり高いです。それを本当に覚悟しているのか進出する日本企業に聞いてみたいです。

 私も今回の記事の結論に賛成です。中国に進出する企業が必ずしも失敗するとは言いませんが、成功よりも失敗するリスクをよく考えた方が良いと思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年11月23日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:6

>  「日本企業の落ち度? 進出そのものが落ち度です」

それを言っちゃあ、おしめえよ(笑)

2006年11月23日 worldwalker (・∀・) URL 編集

たしかこの地区の近くにはサーキットが出来てF-1も開催されるようになって、これをネタに儲けようと方針転換したと言う話を聞きました。
是非こちらに工場を…と言い誘致しておきながら、事情が変わったから出ていけとは酷い話ですよね。
中国進出自体がそもそも間違いだったと言われるのも頷けます。

2006年11月23日 水兵長 URL 編集

 横っ面、引っ叩かれないと目が覚めない時点で何、寝言ほざいてるかな。
 ちゃんと教訓にして、他の企業にも教えた方が良いんじゃない?

2006年11月23日 どらっへ URL 編集

おまけに、一人っ子政策の影響により、もうすぐ高齢化社会が到達するので、賃上げを求められるわ税収を上げられるわの未来が手招きしてますねw

2006年11月23日 しっぽ URL 編集

以前から悪い噂には事欠かない地域にわざわざ出向く。
覚悟が無かったのであれば、明らかに進出した方の落ち度。

聞くところに因れば、何でも「中国の担当部署が再三の要請にも関わらず、正しい情報を渡さなかった」とか。
これが事実ならば、いかにも”中国らしい行動”の結果としか言いようがありませんね。

2006年11月23日 通行人A URL 編集

worldwalker (・∀・) さん、
事実だけに痛々すぎます。

水兵長さん、
元々は都市計画の無さなのか、派閥争いに巻き込まれてしまったのか、どちらにしろ理不尽な話ですね。

どらっへさん、
そろそろ日本の企業も懲りたことでしょう(苦笑)

しっぽさん、
一人っ子政策で中国の産業はどうなるのでしょうね。日本より後になりますが、日本の数倍深刻な高齢化社会が訪れますね(苦笑)

通行人A さん、
もしそうだとすれば、これほど中国進出の危険性を示した例はないでしょうね。

2006年11月25日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。