スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【中国】潜水艦問題、中国側の反論が意味不明です

 今回の行為が中国の挑発であったか、それとも何らかのアクシデントであったかは別として、この反論はなんの解決にもならないと思うのですが、深い意味でもあるのでしょうか。

 ・「現場は公海」中国、米空母追跡で合法性強調か(iza)

 【ワシントン=山本秀也】沖縄近海を航行中の米空母「キティホーク」が中国海軍の潜水艦に追跡された問題で、中国訪問中のラフェッド米太平洋艦隊司令官は17日、中国軍当局者から潜水艦の活動は公海上であり、領海侵犯などには当たらないとの説明を受けたことを明らかにした。
 AP通信が伝えたもので、問題となった潜水艦の活動を中国側が確認したのはこれが初めて。中国外務省の報道官は、事態を最初に伝えた米紙ワシントン・タイムズについて「報道は正確ではない」と指摘していた。
 説明に当たった中国軍当局者は明らかにされていない。中国側の発表によれば、ラフェッド司令官は同日、中国軍の葛振峰副総参謀長と北京で会談していた。
 同紙の伝えた洋上での事態は、中国のソン(宋)級潜水艦が航行中の米空母を約8キロの魚雷射程圏内まで追跡するという挑発行動に出たというもので、公海上かどうかは問題となっていなかった。このため、軍当局者の説明の真意や、報道のどの部分を不正確だとしているのかなど、中国側の意図は依然不明だ。
 中国海軍の潜水艦では、2004年にハン(漢)級原子力潜水艦が石垣島周辺の日本領海を侵犯し、日中間の外交問題となっていた。中国軍当局者は、この領海侵犯事件を念頭に活動海域の合法性を強調した可能性もあるようだ。


 そもそも領海侵犯がこの問題の主要な争点であったとは知りませんでしたし、そう思っていた人も少数でしょう。

 私はこの問題を、中国の度の過ぎた情報収集に問題があると思っていますし、加えて言えば安全に関する問題だと認識しています。

 公海上での行為に何も問題ないとすれば、公海上で行う演習に対していくらでも邪魔しても良いことになります。このあたりのさじ加減は難しいですが、公海上かそうでないかはそれほど大きな問題にならないはずです。

 もしかしたら中国は日本と摩擦を避けつつ、米国とはこの行為の正当性に全く問題はないと言い張るためにこのような主張をしてきたのでしょうか。

 どちらにしろ、もう少し聞いてみないと意味がよく分かりません。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年11月20日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:4

領海侵犯に当たらないのは事実でしょう。
問題なのは”攻撃できる位置まで隠れて(潜行したまま)接近したこと”です。
これは十分”軍事的挑発行為”であり、攻撃を受けても非難できない行動と認識しています。
”自艦と乗員の生命を守るため”という名分がありますから。

この事実を公表したと言うことが何を意味するのか?
興味がある事ではあります。

自国の軍事技術のレベルを見せ付けるためか?
中国脅威論に油を注ぐためか?
様々な思惑が絡まっていそうです。

2006年11月20日 通行人A URL 編集

 東シナ海は自分の海で今度は『公海だから』の言い訳か。
 そういう問題じゃないんだが、屁理屈述べれば、かわせるなんて勘違いもほどにしろよ。

2006年11月20日 どらっへ URL 編集

中国人もアホじゃないだろうから、アメリカ人を怒らすとこまではやらんだろうが、偶発的な交戦がないとは限らんからなあ。

2006年11月21日 worldwalker (・∀・) URL 編集

通行人A さん、
私もよく分からないのですが、中国が意図的に近づいたのか、アクシデントだったのかどちらでしょうかね。(個人的にはかなりの確率で前者だと思います)

どらっへさん、
ここで日本が資料を提示することはないでしょうから、それを見越しての発言でしょうね。

worldwalker (・∀・)さん、
米国軍人は単純に状況がそうなれば交戦するだけですから、中国には本当に気をつけろと言いたいですね。

2006年11月22日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。