スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【国内政治】教育基本法改正案、野党は責任を果たせ

 いつも思うのですが、野党の審議拒否って国会議員としての最低限の責任を果たしていないと感じます。委員会で与党が過半数を確保しているのは民意の反映ですから、あとは法案に自分たちの考えをいかに盛り込めるかに注力すべきでしょう。

 ・教育基本法改正案、衆院特別委で可決(読売新聞)

 政府・与党が今国会の最重要法案と位置づける教育基本法改正案は15日の衆院教育基本法特別委員会で、自民、公明の与党などの賛成多数で可決された。

 民主、共産、社民、国民新の野党4党は採決に反対し、特別委を欠席した。

 与党は16日午後の衆院本会議で改正案を可決し、参院に送付する予定で、今国会での成立を図る方針だ。野党側は、激しく反発し、衆参両院での審議を全面的に拒否することを確認した。

 特別委は15日午前の中央公聴会の後、午後1時から安倍首相が出席して締めくくり総括質疑を開催。野党側は「採決が前提の質疑には応じられない」として午後の審議を欠席した。与党側は出席を呼びかけたが、野党側が応じなかったたため、午後5時すぎ、与党と無所属議員だけで採決に踏み切った。

 安倍首相は15日夜、「教育再生は内閣の最重要課題だ。十分審議をした上で、どこかの時点で採決しなければ、と考えていた」と記者団に語った。

 一方、野党4党は同日午後、国会内で幹事長・書記局長会談を開き、衆院での全面的な審議拒否を確認した。4党の参院国会対策委員長も15日夕、参考人質疑などを除く参院での審議拒否を決めた。

 民主党の鳩山幹事長は、「いじめや未履修、『やらせ質問』などの問題がある中で、議論を打ち切って採決するのは断じて許せない」と強調した。

 与党は17日に、野党が欠席しても、参院本会議を開き、改正案の審議に入る構えだ。

 野党の審議拒否は1週間以上続くとの見方が強く、与党内では、12月15日までの会期の延長が必要だとの声が出ている。


 ・教育基本法改正案を与党が単独可決、衆院通過めざす(iza)

 安倍晋三首相が今国会の最重要法案と位置づける教育基本法改正案が15日夕、衆院教育基本法特別委員会(森山真弓委員長)で自民、公明両党の与党単独で採決、可決された。16日の衆院本会議で可決、参院に送付される。野党は採決に反発し欠席した。
 改正案は昭和22年の教育基本法施行以来、約60年ぶりに全面改定した内容。ただ、民主党などは参院に改正案審議のための特別委を設置することに反対するなど、抵抗を続けると予想される。
 衆院特別委はこの日午前に中央公聴会、午後に締めくくり総括質疑を行ったが、民主、共産、社民、国民新党の野党4党は「採決前提の質疑には応じられない」と総括質疑への出席を拒否。
 与党側は委員会を一時休憩して野党議員の出席を求めたが、野党側が応じなかったため「通算で100時間を超える審議を行っており、一定の結論を得るのは国会の責務だ」(公明党の斉藤鉄夫政調会長)と判断し、採決に踏み切った。


 こんなの当たり前の話だし、こんな事をしているから万年野党だと罵られることになるんです。小学生だって学級会を開いて気にくわない議題があっても多数決で決めることになります。そんなことは民主主義社会で当然の理屈です。

 野党は自分たちが野党であると言うことをもう少し自覚し、その上でもっと前向きに政治に取り組んでもらいたいです。まあ、その前に審議拒否しても給料を支払われると言う現状は納得できないので、歳費返上してもらいたいです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年11月15日 政治 トラックバック:- コメント:4

何で譲歩して歩み寄らないんだろ?

少しでも野党の案が盛り込まれれば、それはそれで、今後の布石になるのにねえ。全くそういうこともしないわけだから、ちっとも役割を果たせない!ボイコットって誰でもできるじゃん。

ではでは。

2006年11月15日 テツ URL 編集

くだらん議員を輩出した選挙民に猛省を求める。
ていうか反省しないバカどもが多いから、こんなバカどもが当選できるのだと言える (´д`;)

2006年11月16日 worldwalker URL 編集

 こら! ミンス!
お前らは奈良市職員か!
 討論しないでタダ給料貰うな!
 ボイコットするなら、給料と諸費用返せ!

2006年11月16日 どらっへ URL 編集

あるサヨクサイトを覗いたら「安倍政権がついに強行採決した。何でも思い通りにさせたら日本でも徴兵制が始まる。その時は自民党に投票した人の子供だけを戦場に送って欲しい」と書かれていました。

ああ、なるほど。そういう人が民主党を支持するのか・・・と合点がいきました。要望を受け入れてもらいながら審議をはぐらかして採決は欠席し、強行採決のレッテルを貼る政党を支持するのは、やはり正常な人ではないと確信出来ました。

教育基本法の改正=徴兵制ですから(笑)。

しかも自分たちだけは助かりたい。自分たちが共感出来ずに否定した人に守ってもらいたい(笑)。

ああ、サヨクじゃなくて良かった。無防備マン、サヨクを守って上げて!・・・無防備マンは戦わないんだった(笑)。
v-37

2006年11月16日 やや右より?のベル URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。