スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【国内政治】民主党は知事選挙と国政選挙を混同するな

 私が言いたかったことを読売新聞の社説で書いてくれているのでそのまま紹介します。本当に民主党(特に鳩山幹事長)を見ていると常識を疑いたくなります。

 ・[福島県知事選]「教育基本法とは何の関係もない」(11月14日付読売新聞社説)

 各候補者が選挙戦で訴えたのは「県政刷新」だった。それなのに、その選挙結果がどうして教育基本法改正案の審議に影響を及ぼすと言うのだろう。

 談合・汚職事件による佐藤栄佐久前知事の辞職に伴う福島県知事選は民主、社民両党が推薦した佐藤雄平・前民主党参院議員が、与党の推す女性弁護士らに大差をつけて当選した。前議員としての知名度の高さから保守層にも支持を広げたことが主な勝因だ。

 談合・汚職事件で傷ついた県政に対する信頼を回復するには、事件の検証とそれを踏まえた改革が重要となる。佐藤新知事は入札改革を公約に掲げ、具体策として、参加者が限られて談合しやすい指名競争入札を退け、一般競争入札を原則とすることを表明した。

 前知事が5期18年も知事職にあり、長期県政の澱(よど)みが事件の土壌になったとの反省から、佐藤新知事は自らの任期は長くても3期とすることも公約した。

 多選制限は、過去に何度か法制化の動きがありながら、憲法が保障する職業選択の自由などを損なうという批判もあって実現しないできた。知事本人が多選自粛を自主的に宣言すれば、憲法上の論点に踏み込まずに多選の弊害を取り除くことができる。

 自民党も選挙戦のさなか、知事選の場合は4選以上の候補を推薦しない方針を決めた。民主党や公明党はすでに同様の基準を定めている。こうした政党の動きも多選制限を担保することに役立つ。

 理解に苦しむのは、選挙結果を受けた民主党などの言動である。

 民主党の鳩山幹事長は、「教育基本法改正の論議をやり直せというメッセージだ」と語っている。与党側が今週後半の衆院通過を目指す教育基本法改正案について、採決を阻止する考えをほのめかしているのだろう。社民党も「国会内での戦いを強化する」としている。

 だが、教育基本法改正案は、選挙戦の争点にはなっていなかった。

 そもそも、佐藤新知事は民主党色を薄めることに努め、「県民党」を標榜(ひょうぼう)していた。演説でも、県政刷新のスローガンや地元の課題に終始していた。無論、保守層の反発を買うような「教育基本法改正反対」を力説する場面はなかった。

 民主党は、先の衆院補欠選挙で完敗したダメージの回復に少しでも役立てたいのだろう。だが、地方選挙である知事選の結果を教育基本法改正案と結びつけるのは無理がある。

 「論議をやり直せというメッセージ」などと言うことは、牽強付会(けんきょうふかい)以外の何物でもない。


 もう何も付け加えることはありません。はっきり言って民主党に地方自治体にしろ、国会議員にしろ任せたくはありません。

 ただ、このあたりは野党は全て一緒で、共産党は数年前の地方選挙を「イラク戦争反対」で乗り切ろうとしていましたし、社民党は地方自治体と国政の区別すらありません。

 勝ちの勢いに乗ろうとするのは自然なことですし、それ自体を否定するつもりはありません。しかし、今回の選挙は「多選」と「汚職」がキーワードだったはずです。そこを切り口にすればもう少しましなコメントが出来ると思うのですが・・・。

 まあ、民主党に期待するだけ無駄な話でしょうか。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年11月14日 政治 トラックバック:- コメント:5

 やっぱり、鳩ポッポなのね。
黙ってれば良いのに、どんどん墓穴を掘ってますな。

2006年11月14日 どらっへ URL 編集

以前までは「バカには何言ったって無駄。言わせておけば?」と思っていました。
しかし、政策を語らずに捏造を繰り返す姿勢は特亜3カ国と同じです。日本国内でこのような政治手法を許してはいけません。

読売新聞、GJ!v-37

2006年11月15日 やや右より?のベル URL 編集

なぜ民主党が万年野党なのか、よーく考えてみろ。ただそれだけ。

2006年11月15日 worldwalker (・∀・) URL 編集

このコメントは管理者の承認待ちです

2009年03月11日 編集

このコメントは管理者の承認待ちです

2009年03月11日 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。