スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【朝日新聞】核議論を否定したのはどこの誰?

 若干古い10日の記事ですが、休日だからと言ってとんでもないことを書いています。核兵器の議論自体を否定していたにもかかわらず、朝日新聞自身が議論しています。

 ・核を持つ 日本を危うくするだけだ(朝日新聞社説)

 北朝鮮の核実験後、麻生外相や自民党の中川政調会長らが、核について議論する必要性を繰り返し説いている。

 議論するだけならよいではないか。そんな声もあるようだが、要職にある政治家が議論しようと言う以上、それだけではすむまい。まず自分の意見を言うべきだ。

 さて、私たちは次のように考える。

 もし日本が核保有に踏み切ったとしよう。自らの手で核不拡散条約(NPT)を破壊することになる。これまで世界の先頭に立ってNPTの重要性を訴えてきた日本が核保有へと急変すれば、国際社会での信用は地に落ちる。経済制裁などで、際限なく孤立が深まる恐れがある。

 米国には日米安保条約への不信の表明と受け止められる。周辺国からは自主武装への傾斜だと身構えられるだろう。

 仮に米国の支持を得たうえでの核保有であっても、アジアでは新たな不安定要因となる。そもそも、狭い国土に人口や産業地帯が密集する日本は核攻撃に弱い。核で核を抑止するには限界がある。

 核保有をめぐる危険や不利益は、非公式なものとはいえ内閣や防衛庁が過去に行った核問題の検討報告書にも記されている。核武装によって日本の安全が高まることはないと結論を出している。

 核保有は、日本経済の生命線であるエネルギー問題にも深刻な影響を与える。

 日本は日米原子力協定に基づいてウランなどの核物質や設備を米国から輸入し、原子力発電所を動かしてきた。協定によって平和利用に限定する義務を負い、これに違反すれば核物質や設備などの返還を求められる可能性が高い。電力の約3割を原子力に頼っている日本は、たちまちエネルギー危機に直面することになる。

 米国の「核の傘」に頼らず独自に核武装した方が安全ではないかという考えは、あまりに視野が狭い。

 いま日本にとって大事なのは、6者協議を生かし、できるだけ早く北朝鮮に核を放棄させることだ。

 中国は日本が核を持つことを警戒している。日本が核カードをちらつかせれば、中国が本気で北朝鮮に核放棄を迫る。そうした効果への期待もあるようだが、危険なゲームと言わざるを得ない。

 核保有の議論が長引けば、中国だけでなく韓国からも疑いの目を向けられ、北朝鮮を取り巻く国々の結束が揺らぐ。それこそ北朝鮮の思うつぼではないか。

 日本が核武装に動けばNPT体制は崩壊し、他の国々も核を持とうとするだろう。中東一帯での拡散も誘発する。核が増えればテロリストの手に渡る危険もまた高まるのだ。

 被爆体験を持つ国がそんな引き金を引いてはなるまい。この地球上に核を増やすのではなく、なくす方向で世界と自分自身の安全を考える。それが日本の役割であることを忘れてはならない。

 外相も政調会長も、もし異論があるのなら、ぜひ語ってほしい。


 笑っちゃいますね。最後の問いかけに麻生外相も中川政調会長も答えるつもりはないでしょうが、答えたらきっと批判するでしょう。

 ただ、これがトラップなのか本気で書いたのか分かりませんが、レベルは相当低いです。

 日本が狭い国土に人口や産業地帯が密集するので核攻撃に弱い、と述べていますが、核兵器で消耗戦でもしようとでも言うのでしょうか。米国は今どれだけの核を持ち、ロシアや中国でもどれだけの核兵器を保有しているか分かった上で言っているのでしょうか。そもそも、核の抑止論は、「核兵器を使えば使った国にもそれ相応の被害を覚悟しなければならない」からこそ抑止に繋がるのです。本気で分かっているのでしょうか。

 それに6カ国協議を利用して北朝鮮の核を放棄させることなどちゃんと考慮に入れていない方が少ないです。そもそも核兵器を保有して抑止力にしようという考えと、北朝鮮に核を放棄させるという考えは両立します。彼らが考えているのはマイナスの要素だけをピックアップしているからおかしいのです。

 ただ、朝日新聞はある意味中川政調会長の思うつぼにはまったとも言えます。日本でこうした議論が盛り上がることは、それだけで中国や北朝鮮への抑止に繋がります。

 まあ、彼らが自ら核議論の世論を大きく盛り上げようと思ったかどうかは知りませんが・・・。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年11月14日 朝日新聞 トラックバック:- コメント:4

朝日新聞はダブルスタンダードと言うよりも天然痴呆症ですね。核議論は許さないと言っていたのに「もし異論があるのなら、ぜひ語ってほしい」ですから(笑)。

もっとも理由は明白で、議論すら許さないという姿勢が国民の支持を得ていないからです。しかも普段主張している「言論の自由」を自ら否定しているので「自分の都合の良い主張なんじゃないの?」と不信感まで持たれ始めているからです。

「だったらあいつらにしゃべらせて揚げ足とって叩いた方が良い」と方向転換を目論んだのでしょう。社説のレベルは低いですが、このまま黙られては『負け組確定』ですから、その判断は正しいんじゃないですか?思考は相変わらず間違っていますが(笑)。
v-37

2006年11月14日 やや右より?のベル URL 編集

朝日新聞の阿呆っぷりは恐ろしいですね。
「オイオイ」と、さいごう様の記事表題を見て思わずにやりとしてしまいました。

意図的に痴呆になるのは彼らの常套手段ですから、もうちょっと様子見てやりましょう(笑)

2006年11月14日 ねたねこ URL 編集

日本の国益を損なう言論企業が、1年365日、800万部ものアジペーパーを刷り、それを国民が金を払って読む国 (´д`;)

2006年11月14日 worldwalker (・∀・) URL 編集

 馬鹿なのも程にしてくれと言いたいな。
 いや、言う必要も無いか。無駄だし。

2006年11月14日 どらっへ URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。