スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【中国】アヘン戦争前と同様に中毒者を増やすのか

 薬物は使う人が悪いのはもちろんですが、蔓延する背景には何らかの勢力が働いています。日本の薬物には朝鮮系・中国系マフィアと暴力団の動きがあるように、中国の薬物にもそれらの勢力争いが絡んでいるのでしょう。

 ・ヘロイン禍、中国深刻 「黄金の三日月地帯」から流入激増(iza)

 【北京=野口東秀】「アフガンタバコ」「黄粉」などと呼ばれるヘロインが、大量にアフガニスタンなどから中国に流入している。中国公安当局によると、新疆ウイグル自治区のウルムチ市だけで2000年の7倍、約7トンものヘロインが流通しているという。中国紙「南方都市報」がこのほど報じた。これらヘロインは最終的に北京、上海、広州など都市の「地下市場」に流れ込んでいるという。
 ヘロインは、アフガニスタン、パキスタン、イランの国境地域「黄金の三日月地帯」(ゴールデン・クレセント)から新疆ウイグル自治区に密輸されるという。
 ウルムチ市だけで中毒者は1万人を超えるといわれ、同市の疾病コントロールセンターの担当者によると、人口1900万人の同自治区では今年6月現在で、エイズウイルス(HIV)感染者が1万6000人いるが、うち1万2000人は注射の回し打ちなど、原因はヘロインに関連しているものという。
 「アフガンタバコ」の特徴は、東南アジアのヘロイン生産地「黄金の三角地帯」(ゴールデン・トライアングル)産に比べ、「4倍の吸入効果があり夢心地となる。中毒者にとっては、ゴールデントライアングル産はくず同然」とされる。
 「黄金の三角地帯」では、摘発強化でアヘンの原料となるケシ畑が減りアヘンの生産が急減、国連薬物犯罪事務所(UNODC)は、アフガニスタンが世界1の供給国と報告している。
 「アフガンタバコ」の販売価格は、1グラム600元(1元約15円)で、1グラムが20パックに分割され、1パック40元から50元の安さで販売されていることも市場拡大の要因だ。
 販売組織は、アフリカ人、パキスタン人を運び屋として雇い、体内に隠すなどの方法で1キロ単位で密輸、成功報酬は4500米ドルという。
 中国国家禁毒委員会は今年6月、ヘロインなどの麻薬や覚せい剤の常用者が昨年末で78万人、ヘロイン常用者の7割が35歳以下と深刻な状況を報告している。中国当局は昨年、薬物事件で5万8000人を摘発、ヘロイン約7トンを押収しているが、当局者は、新疆ウイグル自治区になだれ込むヘロインの量は、摘発分の約10倍と指摘する。

<産経新聞>


 アヘン戦争当時のように、中国に外国政府(もしくはその保護下の商人)による薬物の密輸が行われているとは考えにくいです。なぜなら、経済成長を続ける都市部に薬物を蔓延させてメリットがある外国政府はほとんどないでしょうし、今更保護貿易という時代外れな政策もないでしょうから。

 あるとすれば、マフィアによる密輸です。ルートによる対立はそのままマフィアの対立と見て良いでしょうし、その盛衰はそのままマフィアの盛衰に繋がっているはずです。

 中国の負の部分を紹介するメディアはほとんどありませんが、日本国内にいる大多数の人が、「中国は日本ほど治安、公衆衛生などの面において劣る」と思っているでしょうし、このような特に暗部を紹介する記事はなかなか無いです。

 中国にはあらゆる面で歪みが出ており、私はこれらの諸問題を中国政府に解決する力があるとは到底思えません。ロシアのように秘密警察とマフィアが跳梁跋扈する国に変わり果てるのも時間の問題化もしれません。


スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年11月13日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:3

中国は、中国人をアヘンづけにし、アヘン戦争を起こし、香港を100年間も植民地にした英国には一切文句を言いませんよね。
ODAその他で大恩のある日本を声高に罵るくせに(笑)

2006年11月13日 worldwalker (・∀・) URL 編集

 麻薬で中国が倒れれば、楽なんですけどね。

2006年11月14日 どらっへ URL 編集

これも一種の民の先進化でしょ。
中国の場合この手の「先進化」はアングラ情報にしかならない。

エイズは資本主義国家の堕落の産物だから中国には無い!だから中国にはエイズ病棟がない!堕胎も共産主義には不必要だから産婦人科は堕胎しない!だから町にはモグリの堕胎専門医(笑)がいっぱい!

共産党一党支配は国民統合の悲願だから不満は絶対ない!だからネットはイントラ紛い。ハハハハ・・・・

選挙が無いから、政治家の新陳代謝が無い。あっても談合の産物でしかない。政治家が特権利用で商売してるから体制変革なんかとんでもない。民が麻薬で苦しもうがどうしようが、あの国はまだまだ銭ゲバ路線を驀進するでしょう。

2006年11月14日 あきら URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。