スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【朝日新聞】自ら捏造は良くて、やらせは駄目?

 朝日新聞はこんなのを書いている暇があったら自分たちの捏造記事に対して謝罪をした方が良いのではないでしょうか。ついでに言えばどこかの国の機関誌のような論調もそろそろ飽きてきました。

 ・【天声人語】2006年11月11日(土曜日)付(朝日新聞)

 段取り、根回し、すり合わせ、落とし所に駆け引きも。会議や集会を滑らかに進める名目で、古来世間で用いられてきた「手口」の数々だ。裏に回っての下準備には暗さがつきまとうが、やり方次第で会議の運びが変わることはある。

 政府が主催する教育改革タウンミーティングで「やらせ質問」があった問題で、文部科学省が質問案づくりに積極的にかかわっていたことが分かった。教育基本法を所管する文科省が、その改正などについて自らの意向に沿う内容の発言が会場から出るように仕組んでいたという。

 これは古来の「手口」から大きく外れている。やらせによる発言が開催地での意見や質問とされたのでは、「世論の偽造」と言われかねまい。会議の運びや省益にとらわれることなく、慎重にことを運ぶべきだった。タウンミーティングを始めたのは小泉前首相で、安倍首相は官房長官としてその責任者だったことがある。

 もう一つ、政府として慎重に運ぶべきだったと思われるのが、総務相によるNHKの短波ラジオ国際放送への放送命令だ。放送法で、命令を出す権限は認められている。重点的に扱うよう命じた「北朝鮮による日本人拉致」は、確かに重要な問題だ。しかし、将来どんな名目が出てくるかは分からない。

 何より、メディアに対し、政府が命令して放送をやらせるという構図が前時代的だ。戦後も60年以上たったが、この国の言論の自由の危うい一面を考えさせられる。

 やらせにせよ、やらせるにせよ、権力が世論やメディアを操っていいはずがない。


 あなた達こそ言っていることとやっていることの整合性が取れていないでしょう。日頃新聞は、「公共性」と「特殊性」を理由に他の媒体と違っていることを強調し、ひとつの権力であることを自認しているのではないでしょうか。

 マスコミほど自分に甘く他人に厳しい組織はなく、その中でも朝日新聞ほどそれが極端な組織もありません。私は思うのですが、メディアが露骨に偏向報道するからこそ、政府の政策を正しく報道する必要性が出てくるのではないでしょうか。

 メディアは政府の干渉を嫌います。しかし、メディア自体が反権力として生まれた以上、元々対立関係にありますので、それ自体が普通の関係です。あとは権力批判も良いのですが、そのためには自らの襟を正すという姿こそが必要ではないでしょうか。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年11月12日 朝日新聞 トラックバック:- コメント:2

朝日新聞は報道機関ではなくて、反日謀略機関ですから。

2006年11月12日 (・∀・)! URL 編集

 いい加減、朝日は潰れた方が良いですね。
 あいつらは神様気分の酔っ払いですよ。

2006年11月13日 どらっへ URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。